気になる室内を消臭しよう!お部屋別の臭いの原因対策とおすすめハーブ

小野寺葉月

小野寺葉月

22427views
公開日 :
Tweet このエントリーをはてなブックマークに追加

生活しているとどうしても出てくるのが生活臭。場所別に出るイヤな臭いとその対策についてまとめました。消臭したあとのおすすめの香りとしてフレッシュハーブをピックアップしました。

 

目次

イヤなにおいの原因

玄関のにおい対策とおすすめハーブ

リビングのにおい対策とおすすめハーブ

キッチンのにおい対策とおすすめハーブ

トイレのにおい対策とおすすめハーブ

寝室のにおい対策とおすすめハーブ

 

イヤなにおいの原因

家の中で発生するイヤなにおいはいくつかの種類があります。 ニオイの問題を解決する時、2つのポイントがあります。

◆湿気を防ぎ、細菌の繁殖を抑える

◆香り付けは臭いの元を取り除いてから行う

臭いの種類ごとに原因と対策を見ていきましょう。

ハーブアレンジ

フレッシュハーブはスワッグのように結って下げてもいいですし、そのままさっと花瓶に活けても。紹介しているハーブは葉をちぎったり指先で揉むと香りが出ますよ。

重曹消臭剤

重曹にハーブ油やアロマオイルをたらして混ぜると重曹の消臭剤ができます。靴箱など臭いの木になる場所に置いておくだけで効果が。冷蔵庫の中などにも。2~3週間で交換しましょう。

重曹にハーブ油やアロマオイルをたらして混ぜると重曹の消臭剤ができます。靴箱など臭いの気になる場所に置いておくだけで効果が。冷蔵庫の中などにも。2~3週間で交換しましょう。

目次に戻る≫

玄関の消臭方法とおすすめハーブ

靴は履いたら必ず乾燥して湿気を取る

玄関で臭いが気になるのは、ほとんどが靴に原因があります。人が1日の間で足にかく汗の量は、なんとコップ一杯分の汗をかくと言われています。1日はいていた靴をすぐ箱や靴箱にしまってしまうと、靴の中にはまだ湿気が残っていますから、雑菌が発生しやすくなってしまいます。雑菌は臭いの原因になります。まずは乾燥させて湿気をなくし、可能ならば洗濯しましょう。そのあとも完全に乾燥させないと雑菌が繁殖してしまい、臭いが出てしまうことになりますので注意しましょう。

洗えない靴はどうするか

革靴やハイヒールなど、洗濯ができない靴はどうしたらよいのでしょう?通常の靴と同様、履いた後は乾燥させます。そのあと、いくつかの方法で消臭することが期待できます。

◆10円玉を3~5枚靴に入れておく

◆コーヒーやお茶のガラを袋に入れて靴に入れておく

こういった方法で消臭することができます。

靴箱の掃除をする

靴箱も湿気がこもりやすく、においの原因になります。とくに、湿気の残っている靴を入れたままにしておくと、季節によってはカビが発生してしまうことも。靴箱がカビてしまったときは、消毒用エタノールを含ませた布で拭き掃除をします。拭き掃除をしたあとはしばらく換気しておきましょう。その後も、週に1度は換気をすることをおすすめします。

玄関マットを交換(洗濯)する

玄関マットも臭いの原因になっている場合があります。玄関マットはなるべく洗濯可能な素材にして、2週間からせめて1か月に1度は洗濯しましょう。

 

おすすめハーブ

ユーカリ

オージープランツの代表格であるユーカリはハーブとして精油などでも人気。

オージープランツの代表格であるユーカリはハーブとして精油などでも人気。

  • ユーカリはフトモモ科のユーカリ属の植物。自生地では大きく育つ常緑高木です。種類も丸葉のポポラスや銀世界、他にもレモンユーカリなど様々。葉には香りがあり、アロマテラピーにも使用されてます。虫除けなどにもよいです。スッキリとした香りは集中力を高めてくれます。

ユーカリはざっくり束ねて麻ひもで結い、口の広いビンに入れておくだけで様になりますよ。

ユーカリはざっくり束ねて麻ひもで結い、口の広いビンに入れておくだけで様になりますよ。

 

ローズマリー

 

料理から掃除まで幅広い用途があるローズマリー。清涼感のある香りで人気のハーブです。

ローズマリー

  • 「ローズマリー」は、地中海沿岸地方が原産のハーブです。清々しい香りが特徴で、乾燥させてお茶や料理などに使われています。抗酸化作用もあり「若返りのハーブ」とも呼ばれます。花色や形は種類によって異なりますが、小さな花が連なり咲きます。

 

ミニリースにして飾るのも素敵。ローズマリーは乾燥しても香りが残ります。

ミニリースにして飾るのも素敵。ローズマリーは乾燥しても香りが残ります。

目次に戻る≫

リビングのにおい対策とおすすめハーブ

リビングの臭いの原因はさまざまで、いわゆる複合臭といわれるものがほとんどです。キッチンからの料理のにおいやタバコなど、さまざまなにおいが組み合わさり、カーテンやソファ、マットなどファブリックに染みついている場合が多いです。

灰皿にコーヒーがら

灰皿にコーヒーがらをしき、タバコを吸ってもらうと消臭を期待でき、においを抑えられます。

茶葉を炒る

使い終わった緑茶のお茶っ葉。これをフライパンで乾煎りすると、緑茶の香りが部屋に広がって消臭を期待できます。癒されるかおりが広がります。

重曹スプレー

重曹小さじ2~3杯と水(100ml)を混ぜたものをソファやマット、カーテンにスプレーすると消臭効果があります。消毒エタノールスプレーをしたあと、乾燥してから重曹スプレーをかけると消毒&消臭を期待できますよ。

おすすめハーブ

ペパーミント

ペパーミントはすっきりしたメントールの香りのハーブです。

ペパーミントはすっきりしたメントールの香りのハーブです。

ペパーミント

  • ペパーミントは古来から薬草や薬味として使用され、花を蒸留して精油を抽出し、香料として使うなどして愛用されてきた植物です。ニホンハッカに比べると、メントール含有量は50~60%と低めですが、それでも強いメントールの香りを楽しむことができます。非常に繁殖力が強いので植える場所には注意が必要です。

レモンマートル

レモンマートルはレモンと名前がついていますがレモンのなかまではありません。しかし、レモンの香りの成分であるシトラールという成分がレモンの20倍も含まれているんです!オーストラリアでは精油に抗菌作用があるとされ、薬用として用いられています。

レモンマートル

  • オーストラリアのクイーンズランド州の海岸沿いやブリスベンからケアンズにかけての亜熱帯性地域に自生する常緑低木で自生地では3mから大きいもので20m以上になります。6月~8月頃に1本の花茎から白からクリーム色の小さな花を多数散開させ、現地では満開になるとクリーム色の花で木全体が覆われるほどです。レモンよりもシトラールの成分が多く葉からは強い清涼感のある香りがします。オーストラリアの先住民のアボリジニは古来から薬草や料理に利用してきました。葉をお茶や料理、デザートへの香り付けにも使用します。また精油には抗菌作用があるとされ薬用にも使用されています。

目次に戻る≫

キッチンのにおい対策とおすすめハーブ

キッチンのニオイは生ごみなどの腐敗臭や、排水溝などのにおいからきている場合が多いです。また、コンロ周りに飛び散った水滴や油跳ねなどが時間がたち酸化してにおいを発生してる場合もあります。

生ごみにはエタノール

生ごみの香りには除菌消臭効果のあるエタノールスプレーを。ゴミ箱や三角コーナーにシュッとスプレーしておきましょう。

排水溝

排水溝のぬめりは洗って落とし、最後にエタノールをスプレーします。ぬめりが落ちればにおいも減るはずです。また、排水溝を掃除した後に、丸めたアルミホイルを排水溝の中に入れておくとくぁるみホイルの金属イオンでぬめりがつきにくくなります。

おすすめハーブ

クローブ

フトモモ科のチョジノキ(丁子)の花蕾を開花前に摘蕾して乾燥させたもので、食器棚やキッチンの済に小さい容器に入れて上からガーゼをかぶせて紐や輪ゴムで止め、置いておくと、いい匂いもしますしゴキブリ除けとしても期待できるとして話題になりました。

ペパーミント

癖がなく、料理の邪魔をしない香り。洗剤や石鹸などにも使用されているのでにおいが喧嘩する心配もありません。

癖がなく、料理の邪魔をしない香り。洗剤や石鹸などにも使用されているのでにおいが喧嘩する心配もありません。

目次に戻る≫

トイレのにおい対策とおすすめハーブ

トイレのにおいは壁や床、便器にこびりついたアンモニア臭などが原因です。トイレ掃除をしっかり行っ手換気をし、ある程度においが取れたところでハーブを生けたりするようにしましょう。

おすすめハーブ

アロマティカス

アロマティカスはシソ科のハーブで、肉厚で起毛のある葉が特徴です。葉を素手でこすってみるとすごくいい香りがたちます。

アロマティカス

  • アロマと名前に入っているだけあって、とても香りの良い植物です。少し手に触れただけでも香りがつきます。ハーブティーや料理に大活躍します。葉は表面を細く柔らかい毛がびっしり覆っており、ぽってりとした多肉質になっています。多肉植物のコーナーで売られていることもあり、ほかの多肉植物と同様に水を控えめにして育てる必要があります。比較的乾燥には強く、病気や害虫も付きにくい植物です。そのため、育てやすい植物として、また見た目が可愛らしく香りも良いことから人気が出ています。

目次に戻る≫

寝室のにおい対策とおすすめハーブ

重曹スプレー

リビングの対策同様、重曹小さじ2~3杯と水(100ml)を混ぜたものをマット、カーテンにスプレーしましょう。乾燥させた後にエタノールスプレーをプラスしても。

畳のカビにはエタノール

寝室が畳敷きの場合、カビが発生してにおいの原因になっている場合があります。カビは、歯ブラシなどで畳の目に沿ってかきだし、掃除機(弱で行うこと)で吸い取ります。そのあとにエタノールスプレーを吹き付けて雑巾などでからぶきします。

おすすめハーブ

ラベンダー

ラベンダーには深いリラックス効果があるため、寝室に飾るのがおすすめです。

ラベンダーには深いリラックス効果があるため、寝室に飾るのがおすすめです。

ラベンダー

  • ラベンダーは香りが強く、古くからラベンダーの花は、お風呂や衣類の香りづけに利用されてきました。地中海沿岸が原産地であるため、高温多湿を嫌う性質を考えてお世話をすれば、しっかりと良い香りのする花を咲かせて楽しませてくれます。ラベンダーの語源は、lavareという「洗う」を意味するラテン語だと言われています。その精油はリラックスや精神安定にも使われており、とても人気があります。ラベンダーには種類がたくさんあり、それぞれに精油が作られているため、ラベンダーと名のつく精油はたくさんあります。花の色は薄紫や濃い紫、白があり、葉には芳香があり、ハーブとして蒸留して得られたオイルは香水などの成分となり、花を乾燥させたものはポプリとなります。

目次に戻る≫

▼関連記事

「気になる室内を消臭しよう!お部屋別の臭いの原因対策とおすすめハーブ」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

LINE@
小野寺葉月
小野寺葉月

短大で草木染など染織を学び、卒業後雑貨チェーンで観葉植物などのバイヤーに従事。産後、高知の牧野記念植物園へ行ったことがきっかけで植物絵を描き始める。植物に備わっている美しさを共有するためにイラストを描く。Botapiiでもエディブルガーデン12ヶ月や星占いページでイラストを連載中。LOVEGREENでは、家族がお掃除のプロとして働いているので、植物を絡めたお掃除術など、実践したくなる記事やイベントなどの情報や実践したくなる記事をメインに配信。自身のイラストを盛り込んだ記事も作成。

オススメ特集