「ボタニカル(botanical)」の本来の意味と使われ方

LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN編集部

このライターの記事一覧

公開日 :

テレビや雑誌などでもよく「ボタニカル」という単語を見かけますよね。

「植物」や「グリーン」が関係しているのはわかるけど、「ボタニカル」ってそもそもどんな意味なのでしょうか。

本来の意味と、ボタニカルにまつわることを見ていきましょう。

 

目次

ボタニカル(botanical)とは

ボタニカル(botanical)とは「植物の」「植物から作られた」という意味になります。  ボタニカルといっても様々。私たちの身の回りに植物はたくさん存在しています。日々の中の「ボタニカル」をいくつかご紹介します。

ボタニカル(botanical)とは「植物の」「植物から作られた」という意味になります。

ボタニカルといっても様々。私たちの身の回りに植物はたくさん存在しています。日々の中の「ボタニカル」をいくつかご紹介します。

目次に戻る≫

生活の中の「ボタニカル」

身近なところから「植物」のある暮らしは始められます。観葉植物を飾ったり、花をいけたり。暮らしの中に植物を取りいれた生活を「ボタニカルライフ」とも言います。

テレビドラマ「植物男子ベランダ―」の原作であるいとうせいこうさんのエッセイ本のタイトルも「ボタニカル・ライフ 植物生活」ですね。

空気をキレイにしてくれる植物

観葉植物には空気清浄の効果があるものもあります。

マイナスイオンを発生し、リラックス効果を高めることも。植物は私たちが暮らしやすい環境作りをお手伝いしてくれています。

初めての人でも育てやすい2つの観葉植物をご紹介します。

オリヅルラン

オリヅルランは二酸化炭素を浄化する効果が高いと言われています。  オリヅルランは丈夫で、初心者でも育てやすい観葉植物のため、初めての方にもおすすめの植物です。吊るして飾ってもよいですね。

オリヅルランは二酸化炭素を浄化する効果が高いと言われています。

オリヅルランは丈夫で、初心者でも育てやすい観葉植物のため、初めての方にもおすすめの植物です。吊るして飾ってもよいですね。

▼詳しい情報はこちら

オリヅルラン

  • オリヅルランは北欧とヨーロッパ以外に広く分布しています。オリヅルランは200種以上原産しているといわれており、一般的に観葉植物として育てられているオリヅルランは数種類のみです。オリヅルランとして多く流通しているのはChlorophytum comosum という種類とその園芸品種です。中でも斑入り品種であるナカフオリヅルラン、ソトフオリヅルランが代表的なオリヅルランです。その他にアフリカ原産のシャムオリヅルラン、葉の先がカールするボニーという品種なども流通しています。

    オリヅルランは春~秋にかけてランナー(匍匐茎)の節から白い花を咲かせます。耐寒性があるため関東以南の暖かい地域であれば屋外越冬することが可能です。また、根茎が生きていれば地上部が枯れても生長期になると芽を出します。

 

サンスベリア

ホームセンターでもよく見かけるサンスベリアはNASAでも特に空気清浄効果が高いといわれてる植物です。

サンスベリアはキジカクシ科の植物です。100均でも販売されていることもあります。耐陰性もあるのでお部屋の中で育てるにも向いています。育てやすく、管理もしやすいです。

▼詳しい情報はこちら

 

キッチンで楽しむ

sasasキッチンでは水栽培でハーブを育ててみると、採れたてのフレッシュハーブを使ったお茶や料理を楽しめますね。

キッチンでは水栽培でハーブを育ててみると、採れたてのフレッシュハーブを使ったお茶や料理を楽しめますね。

ボタニカルな虫除け

洋服の防虫に育てたハーブを使って虫除けを作ってみてはいかがでしょうか。自然の香りはやさしく、ほのかに香ります。

大切な人へ「ボタニカルギフト」を贈る

大切な人への贈り物として、花を贈ってみてはいかがでしょうか。  素敵な「ボタニカルギフト」になるはずです。

大切な人への贈り物として、花を贈ってみてはいかがでしょうか。素敵な「ボタニカルギフト」になるはずです。

目次に戻る≫

\ファッションや美の「ボタニカル」とは/

続きを読む

Pages: 1 2
庭リノベの無料相談、お見積はMIDOLAS

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「「ボタニカル(botanical)」の本来の意味と使われ方」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN(ラブグリーン)の編集部アカウントです。育て方の記事や、編集部としての取材記事やオフィシャル情報などを配信。

このライターの記事一覧

おすすめ