「ボタニカル(botanical)」の本来の意味と使われ方

LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN編集部

41223views
公開日 :
Tweet このエントリーをはてなブックマークに追加

テレビや雑誌などでもよく見かける「ボタニカル」。「植物」や「グリーン」が関係しているのはわかるけど、「ボタニカル」ってそもそもどんな意味なのでしょうか。本来の意味と、ボタニカルにまつわることを見ていきましょう。

 

目次

ボタニカル(botanical)とは

生活の中のボタニカル

ファッションの「ボタニカル」

美しくなるための「ボタニカル」

 

ボタニカル(botanical)とは

ボタニカル(botanical)とは「植物の」「植物から作られた」という意味になります。

ボタニカルも様々。わたしたちの身の回りには植物はたくさん存在しています。日々の中の「ボタニカル」をいくつかご紹介します。
13838456_1077002669087957_1183023613_o

 

生活の中の「ボタニカル」

身近なところから「植物」のある暮らし、は始めれます。観葉植物を飾ったり、花をいけたり。暮らしの中に植物を取りいれた生活を「ボタニカルライフ」とも言います。テレビドラマ「植物男子ベランダ―」の原作であるいとうせいこうさんのエッセイ本のタイトルも「ボタニカル・ライフ 植物生活」ですね。

空気をキレイにしてくれる植物

観葉植物には一酸化炭素などを吸着し「空気清浄」の効果があるものもあります。マイナスイオンを発生し、リラックス効果を高めることも。植物は私たちが暮らしやすい環境作りをお手伝いしてくれています。初めての人でも育てやすい2つの観葉植物をご紹介します。

オリヅルラン

オリヅルランは二酸化炭素を浄化する効果が高いとも言われています。オリヅルランは丈夫で、初心者でも育てやすい観葉植物のため、初めての方にもおすすめの植物です。吊るして飾ってもよいですね。

14123318_934589673316065_1866034683_o (1)

 

▼詳しい情報はこちら

オリヅルラン

  • オリヅルランは丈夫で、初心者でも育てやすい観葉植物です。大株でも小さな鉢植えでも、水耕栽培でも楽しめますので、「一家に一鉢」の基本的な植物と言っていいかもしれません。細長い茎(ランナー)を伸ばして、その先に子株をつけるのですが、それがまるで折鶴がぶら下がっているように見えるところから、名前がつきました。あまり目立ちませんが、春から夏にかけてランナーの節から、白くかわいい花を咲かせます。縁に斑の入る「ソトフオリヅルラン」と、中央に斑の入る「ナカフオリヅルラン」のほかに、斑の入らない種類のものもあり、また、葉の先がカールする「ボニー」という品種もあります。

 

サンスベリア

ホームセンターでもよく見かけるサンスベリアはNASAでも特に空気清浄効果が高いといわれてる植物。

サンスベリアはリュウゼツラン科(リュウケツジュ科)の植物です。100円ショップでも販売されていることもあります。耐陰性もあるのでお部屋の中で育てるにも向いています。育てやすく、管理もしやすいです。
img_2028

 

▼詳しい情報はこちら

サンスベリア・ローレンチ

  • 「サンスベリア(サンスベリア)・ローレンチ」は、飲食店やオフィスなどでも大変よく見かける観葉植物です。剣のような葉が、すこしねじれながら林立する姿はユニークでエキゾチック。横に広がらず、縦に伸びていきますので、成長してもあまり場所を取ることがありません。そこも飲食店などで重用される理由でしょう。

 

キッチンで楽しむ

キッチンでは水栽培でハーブを育ててみる。採れたてのフレッシュハーブを使ったお茶や料理を楽しめますね。
sasas

 

ボタニカルな虫除け

洋服の防虫に育てたハーブを使う。自然の香りはやさしく、ほのかに香ります。
13524184_893701970738169_2133938979_o

 

大切な人へ「ボタニカルギフト」を贈る

大切な人への贈り物に、花を贈る。素敵な「ボタニカルギフト」です。
imgp9788

 

ファッションの「ボタニカル」

ファッションでは「ボタニカル柄」として、花柄やリーフ柄などのアイテムが数多く見られます。ロンドンのリバティ社製のプリント柄などは人気も高く、数多くのブランドとアイテムを作ったりと、常に注目の的です。アロハシャツもボタニカル柄。アロハシャツのルーツは実は日本が関係していたりもするのです。

観葉植物の中でも人気の「モンステラ」。モンステラを使ったボタニカル柄のアイテムも多数あります。
IMG_5680

 

美しくなるための「ボタニカル」

植物本来が持つ、水分やオイル、エキスは素晴らしいチカラを持っています。植物のチカラを摂りいれた化粧水や、美容液などの「ボタニカルコスメ」や、「ボタニカルシャンプー」なども注目を浴びています。

カラダの中からキレイになることにも植物はチカラを発揮してくれます。古くから薬草として用いられてきたハーブは様々な効能を持っています。ネイルの柄でも「ボタニカル柄」は人気。「桜」「紫陽花(あじさい)」「ひまわり」「ハイビスカス」などの季節に沿った花をアートとして取り入れてみても。
n2

 

こうやって身の回りを見てみると、毎日の暮らしには植物にまつわることはたくさんありますね。

本来の意味を知るとよりボタニカルライフがワクワクしてくるのではないでしょうか。植物と一緒に素敵な「ボタニカルライフ」を過ごしましょう。きっと毎日がより楽しくなるはず。

 
 
 
LOVEGREENのオリジナルコンテンツ「BOTANICAL PEOPLE(ボタニカルピープル)」。花・植物に特化して、ご活躍されている人を紹介します。
 
▼BOTANICALPEOPLE(ボタニカルピープル)の記事をみる
 
▼BOTANICAL LIFE(ボタニカルライフ)に興味がある方に、オススメの記事

「「ボタニカル(botanical)」の本来の意味と使われ方」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN(ラブグリーン)の編集部アカウントです。育て方の記事や、編集部としての取材記事やオフィシャル情報などを配信。

オススメ特集