一度はやってみたい!割れた鉢を活用した寄せ植え「ブロークン・ポット・ガーデン」の作り方

松本卓

松本卓

12408views
公開日 :
Tweet このエントリーをはてなブックマークに追加

素焼き鉢やテラコッタ鉢を落としたり、ぶつけて割ってしまったり、長年使って劣化して割れてしまったり。

割れてしまったときどうしていますか?

捨ててしまうという方が比較的多いかと思いますが、実は割れてしまった鉢を活用して寄せ植えをすることが出来るのでご紹介します。

 

目次

ブロークン・ポット・ガーデンとは

ブロークン・ポット・ガーデンの作り方

ブロークン・ポット・ガーデンにおすすめの植物

 

ブロークン・ポット・ガーデンとは

ブロークン・ポット・ガーデンとは、壊れてしまった鉢で作る寄せ植えのことを言います。捨ててしまう物を再利用して使うのでエコになりますよね。

さらにブロークン・ポット・ガーデンは一般的な寄せ植えでは出せない立体的な配置ができるのも特徴です。

デザインによってはまるで小人や妖精のお家のような素敵な作品を作ることもできます。

目次に戻る≫

 

ブロークン・ポット・ガーデンの作り方

今回は鉢と土以外はすべて100均で購入したものを使っています。

まず、割れた鉢を用意します。
今回は鉢と土以外はすべて100均で購入したものを使っています。  まず、割れた鉢を用意します。

 

鉢穴に鉢底ネットを被せて土が流出しないようにします。
鉢が準備出来たら早速寄せ植えを作っていきましょう!  まず、鉢穴に鉢底ネットを被せて土が流出しないようにします。

 

次に割れた部分を好みの場所に立てます。
次に割れた部分を好みの場所に建てます。

 

水で湿らせた土を入れて大体の位置を固定します。乾いた土は安定しにくいので水で湿らせた土を使うのをおすすめします。
水で湿らせた土を入れて大体の位置を固定します。乾いた土だと安定しにくいので水で湿らせてください。

 

今回は階段を作りたいので、大まかな位置に鉢のかけらを置いていきます。階段部分はこの後、いったん崩すので目安で大丈夫です。
階段を作りたいので、大まかな位置に置いていきます。  階段部分は後で崩してしまうので大体で結構です。

 

赤丸の場所に植物を植えるために、仮で青丸部分に土をいれて補強していたので、植物を植えたら、青丸部分を一度崩して作り直します。

 

青丸部分の土を全部取り去ったら、鉢底に砂利を敷きます。これは水はけを良くするためなので、入れることをおすすめします。
階段部分以外に植物を植えたら、階段部分を崩して砂利を鉢底に敷きます。  これは水はけを良くするためなので、必ず入れてください。

 

次に階段となる鉢のかけらを置きます。

いったん、階段部分を崩すのは、盛った土に鉢のかけらを差し込むだけにすると、水やりのときに植物を植えた場所から崩れてしまう可能性があるからです。

ここからは、下から、鉢のかけら→土→鉢のかけら→土…というように一段ずつ固定していきます。
次に階段となる部品を置きます。

 

最後に水をかけて余分な土を流したら完成です!
部品→土→部品→土…というように一段ずつ固定していきます。  盛った土に差し込むやり方だと水やりをしたときに土が流れて崩れてしまうので注意してください。  最後に水をかけて余分な土を流したら完成です!

 

管理方法は、土の表面が乾いてから水をあげてください。

水流が強いと崩れてしまうので優しくジョウロのシャワーなどで水やりをしてあげてくださいね。

 

割れた鉢がない場合

割れた鉢が無く挑戦してみたい場合は、鉢に鉛筆やシャープペンで線を描き、100均やホームセンターに売っているリューターで線に沿って溝を掘って安全に割ることのできる方法があります。
割れた鉢が無く挑戦してみたい場合は、鉢に鉛筆やシャープペンで線を描き、100均やホームセンターに売っているリューターで線に沿って溝を掘って安全に割ることのできる方法があります。

目次に戻る≫

 

寄せ植えにおすすめの植物

寄せ植えにおすすめの植物をいくつかご紹介します!

サボテン

サボテンは乾燥に強く、100均などでも簡単に手に入るためおすすめです。

小さいサイズのブロークン・ポット・ガーデンを作るときには100均の小さいサボテンが便利ですよ♪

サボテン

  • サボテンは多肉植物の中のサボテン科の植物。アメリカ、メキシコ、中米が原産。乾燥した砂漠や、雨の少ない土地、高山などの他の植物が育ちにくい過酷な環境でも生育できるよう、葉、茎、根に水と栄養分を蓄えています。サボテンの種類は交配種などをいれても非常に数が多いです。サボテンの特徴はトゲの部分に綿毛のような「刺座(しざ)」があることです。

セダム

虹の玉などをはじめとした多肉植物のセダムは良く増えるためおすすめです。

土を隠す時に便利ですよ♪

虹の玉(ニジノタマ)

  • 「虹の玉(ニジノタマ)」は暑さや寒さに強く、初心者でも育てやすい多肉植物です。秋から春にかけての寒い時期には、葉が赤く色づきとてもきれいで、多肉植物の寄せ植えなどにも用いられます。ぷっくりとした葉が特徴で、そのかわいい外見を好む人も多くいます。繁殖方法も簡単で、失敗することも少ないので、オススメの多肉植物です。大株に育てると、黄色い花が咲くことがあります。花はとても小さく、見落としてしまうこともあるので、花が咲いているか毎日観察するのも楽しみのひとつです。

コケ類

苔類は背が低く地面を覆うように育つため、セダムと同じく土を隠す時に便利です。

また普通の植物には無い独特の雰囲気を持つため、全体の雰囲気を決めるキープランツにもなります。

正確にはコケ類ではありませんが、見た目がコケ類にそっくりなアイリッシュモスなどが管理しやすく便利ですよ♪

サギナ(アイリッシュモス)

  • モフモフなルックスで「アイリッシュモス」「スコッチモス」の別名もあるサギナですが、実は苔(モス)ではなくナデシコの仲間です。ふわりとした優雅な手触りから「モフリッチ」の流通名もあります。 高温と直射日光に弱いので、アシュガやアップルミントほどではありませんが、グランドカバーにも向いています。よく茂ったシンボルツリーの下草にうってつけです。 観葉植物としても扱われているので、トピアリー風やミニ盆栽風に仕立てて室内で楽しむのもよいですね。 英名の「パールワート」は小さく点々と咲く花が真珠に似ていることからつけられたものです。

 

目次に戻る≫

いかがでしたでしょうか。これを機に壊れた鉢でブロークン・ポット・ガーデンを作ってみませんか?

 

 

「一度はやってみたい!割れた鉢を活用した寄せ植え「ブロークン・ポット・ガーデン」の作り方」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

松本卓
松本卓

趣味はチランジアの管理と爬虫類の世話。些細なきっかけでチランジアを育て始めたが、チランジア好きが派生して現在は日本ブロメリア協会にも所属。チランジアは小型で花の綺麗なものが好きで、チランジアを眺めているときが至福のひと時。最近の悩みは自宅で育てているチランジアが多くなりすぎて置き場所が無くなってきたこと。

オススメ特集