セダム・虹の玉(ニジノタマ)の育て方|植物図鑑

植物名
セダム・虹の玉(ニジノタマ)
学名

Sedum

英名
Spanish stonecrop
和名
虹の玉
科名
ベイケイソウ科
属名
セダム属
原産地
メキシコ

セダム・虹の玉(ニジノタマ)の特徴

「虹の玉(ニジノタマ)」は暑さや寒さに強く、初心者でも育てやすい多肉植物です。秋から春にかけての寒い時期には、葉が赤く色づきとてもきれいで、多肉植物の寄せ植えなどにも用いられます。ぷっくりとした葉が特徴で、そのかわいい外見を好む人も多くいます。繁殖方法も簡単で、失敗することも少ないので、オススメの多肉植物です。大株に育てると、黄色い花が咲くことがあります。花はとても小さく、見落としてしまうこともあるので、花が咲いているか毎日観察するのも楽しみのひとつです。

セダム・虹の玉(ニジノタマ)の詳細情報

園芸分類 多肉植物、セダム
草丈・樹高 ~20cm位
耐寒性 強い
耐暑性 やや強い
花色 黄色
開花時期 6月~9月

セダム・虹の玉(ニジノタマ)の種類

15672515_1166362990126204_1710591614126368678_n

オーロラ

虹の玉の斑入り品種です。ピンク色の葉っぱが特徴です。

15665511_1166362956792874_6320942541535953559_n

乙女心

葉先が赤く染まります。

育て方を見る >>

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る

人気の植物ランキング