カリフラワー・カリフローレの食べ方と簡単でおしゃれなレシピ

戸松敦子

戸松敦子

このライターの記事一覧

公開日 :

カリフラワー・カリフローレの食べ方と簡単でおしゃれなレシピを紹介します!カリフローレはトキタ種苗が開発したスティック状の新しいカリフラワー。調理しやすく、見た目も可愛くて美味しいのでパーティーメニューにもぴったりです。

(撮影協力/アグリス成城)

目次

カリフラワー・カリフローレとは

カリフラワー・カリフローレ 育て方 特徴 収穫 採り方

カリフローレは、上から見ると普通のカリフラワーとあまり変わらないように見えますが、横から見ると花蕾が一つの丸い塊にはなっていなくて、花蕾を支える軸の部分がスティック状に分かれています。

 

カリフラワー・カリフローレ 育て方 特徴 収穫 採り方

カリフローレは茎カリフラワーと呼ばれ、茎まで丸ごと美味しくいただけます。軸の部分をばらしたものが袋に入って野菜売り場に並んでいるのを見たことがありませんか。

▼カリフラワー・カリフローレを育てた様子はこちら

 

目次に戻る≫

カリフラワー・カリフローレの食べ方

カリフラワー・カリフローレ 育て方 特徴 収穫 採り方

先日、家庭菜園で育てたカリフローレが収穫できました。

カリフローレの軸をばらしてみるとこんな感じです。軸の部分にハムやベーコン、お肉を巻いて料理すると、まるで小さな花束のように可愛く仕上がります。また、味にくせが無くてやわらかい花蕾の部分に味が染み込みやすいので、ピクルスなどを作るととても美味しいです。

 

カリフラワー・カリフローレ レシピ 使い方 調理方法 育て方 特徴 簡単 美味しい おしゃれ

カリフローレは生のままでも食べられますが、熱湯でさっと茹でると軸の部分が明るいライムグリーン色に変わって美しいです。鍋にお湯を沸騰させ、塩ひとつまみを入れて1~2分くらい茹でましょう。

茹でたてにマヨネーズやドレッシング、バーニャカウダソースを付けてシンプルに食べるのがおすすめです。ドレッシングやソースもよくからむのでとても食べやすいですよ。

目次に戻る≫

カリフラワー・カリフローレを使った簡単レシピ

超簡単!カリフローレの生ハム巻き

カリフラワー・カリフローレ レシピ 使い方 調理方法 育て方 特徴 簡単 美味しい おしゃれ

材料

  • カリフローレ  10房くらい
  • 生ハム     1パック

 

カリフラワー・カリフローレ レシピ 使い方 調理方法 育て方 特徴 簡単 美味しい おしゃれ

作り方

  • 鍋にお湯を沸騰させ、塩ひとつまみを入れてカリフローレを1~2分くらい茹でて水を切ります。
  • カリフローレ1房に生ハム1~2枚を巻き付けます。

生ハムの塩味のみで、他には味付け無しで美味しくいただけます。お好みでオリーブオイルやバルサミコ酢などをかけてもいいですね。

カリフローレとカラフル野菜のピクルス

カリフラワー・カリフローレ レシピ 使い方 調理方法 育て方 特徴 簡単 美味しい おしゃれ

材料

  • カリフローレ      10房くらい
  • パプリカ(小)     2個    
  • 皮が赤いダイコン    1/3本  
  • 酢           180㏄          
  • 砂糖          大さじ3
  • 塩           少々
  • 白だし         大さじ1

 

カリフラワー・カリフローレ レシピ 使い方 調理方法 育て方 特徴 簡単 美味しい おしゃれ

作り方

  • 鍋にお湯を沸騰させ、塩ひとつまみを入れてカリフローレを1~2分くらい茹でて水を切ります。
  • パプリカとダイコンを食べやすい大きさにカットします。
  • ボウルに酢、砂糖、塩を入れてよく混ぜ、白だしを加えます。
  • ジッパー付きの保存袋に野菜を全部入れて、合わせ酢を加えます。
  • 冷蔵庫に入れて2~3時間くらい味をなじませます。

今回は白だしを使って和風の味付けのピクルスを作りました。顆粒だしや、だし昆布を使っても作ることができます。

目次に戻る≫

カリフラワー・カリフローレを食べよう♪

カリフラワー・カリフローレ レシピ 使い方 調理方法 育て方 特徴 簡単 美味しい おしゃれ

カリフラワーはキャベツの仲間で、ブロッコリーの突然変異から生まれたそうです。ビタミンCが豊富で、加熱してもビタミンCの損失が少ないと言われていて、生の場合はブロッコリーの方がビタミンCが多いものの、茹でるとほぼ同じくらいになるとか。ブロッコリーよりもくせが無いので、ブロッコリーが苦手な方にも食べやすいのではと思います。

ちなみに、我が家ではカリフラワーよりもブロッコリー派が多く、せっかく収穫したカリフローレをどう料理するか悩んだのですが、一番簡単な生ハム巻きにしたら大人気であっという間に完食でした(笑)

カリフローレを見つけたら、ぜひ食べてみてくださいね。

目次に戻る≫

 

▼編集部のおすすめ

カリフラワー

  • カリフラワーは、もともとはケールの野生種がルーツだといわれています。ブロッコリーの突然変異で花蕾(からい)の部分が白くアルビノ化したものといわれています。 カリフラワーは、日本では明治初期に鑑賞用として伝わり、1960年代に食用として一般的に普及し、白い綺麗なお野菜として、メインディッシュのつけ合わせに使われてきましたが、1980年代に「緑黄色野菜ブーム」が広まり、現在ではカリフラワーよりもブロッコリーの方が一般的になっています。 癖のない味で、生でも食べられるため、サラダやスープ、シチューなど幅広く利用でき、最近ではオレンジ色や紫色など様々な種類のカリフラワーをスーパーで手にすることができます。 ブロッコリー同様、食べている部分は花蕾(からい)のため、花揶菜(はなやさい)という別名があります。広い意味での食べられるお花「エディブルフラワー」の一種です。

 

 

LOVEGREEN(ラブグリーン)メールマガジン会員募集中!

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「カリフラワー・カリフローレの食べ方と簡単でおしゃれなレシピ」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

戸松敦子
戸松敦子

グリーンアドバイザー、ハンギングバスケットマスター、野菜ソムリエ、家庭菜園検定2級。園芸業界で植物全般を幅広く学び経験してきました。LOVEGREEN編集部では主に寄せ植えやリース作り、ボタニカルピープルなどの取材を担当。人が植物と心地良く暮らし、その幸せの連鎖が世界中に広がっていくことを願います。趣味はママさんサッカー。都大会優勝を目指して日々練習しています。

このライターの記事一覧

LOVEGREEN 公式アカウントをフォロー!

  • Instagram
  • Facebook
  • LINE
  • Twitter

関連サービス

LOVEGREEN(ラブグリーン)メールマガジン会員募集中!

植物の悩みならLOVEGREEN(ラブグリーン)のQ&A

ミドラス