育てた花で作ってみない?ビオラのドライフラワーの作り方

金子三保子

金子三保子

このライターの記事一覧

公開日 :

春の草花の代表のようなパンジー、ビオラ。最近では晩秋ごろから苗の流通が始まるため、上手に育てることができると、半年以上花が咲き続ける草花です。

今回はビオラの花を使って作るドライフラワーの作り方をご紹介します。次から次へと花が咲くビオラ。生けたりドライフラワーにしたりして、部屋にも飾ってみませんか。

目次

ビオラを収穫!

ドライフラワーにするビオラを収穫する時の注意点

1.ビオラに限らず、草花を摘み取る時間帯は午前中早い時間帯か夕方にしましょう。植物にとって、日中は水分を蒸発させる時間帯です。水分をたっぷりと含んだ朝か夕方の花を使用します。  2.雨の日の収穫は出来るだけ避けましょう。花びらに水がついているので、ドライフラワーを作るのには不向きです。

1.ビオラに限らず、草花を摘み取る時間帯は午前中早い時間帯か夕方にしましょう。植物にとって、日中は水分を蒸発させる時間帯です。水分をたっぷりと含んだ朝か夕方の花を使用します。

2.雨の日の収穫は出来るだけ避けましょう。花びらに水がついているので、ドライフラワーを作るのには不向きです。

ビオラは新鮮なビオラを使いましょう

こちらは花が咲き終わりのビオラ。ビオラは花の終わりになると、花びらがくるんとカールして、しわしわした触感になります。このような状態をドライフラワーにしても、きれいな状態のドライフラワーになりません。ドライフラワーにするビオラは、咲き始めの新鮮なビオラを使いましょう。

こちらは花が咲き終わりのビオラ。ビオラは花の終わりになると、花びらがくるんとカールして、しわしわした触感になります。このような状態をドライフラワーにしても、きれいな状態のドライフラワーになりません。ドライフラワーにするビオラは、咲き始めの新鮮なビオラを使いましょう。

目次に戻る≫

ビオラのドライフラワー・用意するもの

ドライフラワー用シリカゲルを入れる保存容器 ドライフラワー用乾燥材(シリカゲル) ビオラ

  • ドライフラワー用シリカゲルを入れる保存容器
  • ドライフラワー用乾燥材(シリカゲル)
  • ビオラ

 

ドライフラワー用乾燥材(シリカゲル)

ドライフラワー用乾燥材(シリカゲル)

ドライフラワー作りに適したシリカゲルで、細かい砂ような状態なので、花にまんべんなくいきわたり、きれいに仕上げることができます。使用して水分を含んだシリカゲルは、フライパンなどで乾煎りすると再利用することができます。(テフロン加工は乾煎りには向きません。乾煎り可能なフライパンを利用しましょう。)

目次に戻る≫

ビオラのドライフラワーの作り方

保存容器に半分程度のシリカゲルを入れてから、ビオラを敷き詰めます。

保存容器に半分程度のシリカゲルを入れてから、ビオラを敷き詰めます。

 

上からそっとシリカゲルをかけていきます。

上からそっとシリカゲルをかけていきます。

 

花が隠れるように上からシリカゲルをかぶせます。空気が入らないようにしっかり密閉します。ここから1週間程度で完成です。

花が隠れるように上からシリカゲルをかぶせます。空気が入らないようにしっかり密閉します。ここから1週間程度で完成です。

目次に戻る≫

ビオラのドライフラワーの完成!

ビオラは、完全に乾燥するとカサカサした触感になります。水分が完全に抜けていないとビオラは、しんなりとした触感です。ドライフラワーになると衝撃に弱いので、触る時はそっと優しく取り扱いましょう。ピンセットがあると取り出しが便利です。

ビオラにかぶせたシリカゲルを取り去ります。直接手でビオラを取り出すと花びらが崩れやすいので、まずはビオラの上のシリカゲルを新聞紙などに少し移してから取り出すのが安全です。

ビオラにかぶせたシリカゲルを取り去ります。直接手でビオラを取り出すと花びらが崩れやすいので、まずはビオラの上のシリカゲルを新聞紙などに少し移してから取り出すのが安全です。

 

ビオラが出てきました。色々試してみると、濃い色あいのビオラの方がきれいに色が出ることが多いですが、今回は淡いビオラもとてもきれいな色に仕上がりました。

ビオラが出てきました。色々試してみると、濃い色あいのビオラの方がきれいに色が出ることが多いですが、今回は淡いビオラもとてもきれいな色に仕上がりました。

 

取り出すときは花の後ろの茎の部分から取り出すと花びらが崩れにくいのでおすすめです。

取り出す時は花の後ろの茎の部分から取り出すと花びらが崩れにくいのでおすすめです。

 

ビオラのドライフラワーの完成!

ビオラのドライフラワーの完成!

目次に戻る≫

ビオラのドライフラワーの飾り方

出来上がったビオラのドライフラワーは、お皿などにそのまま置いて飾ることもできますが、密閉容器に入れた方が湿気を吸わない分、長持ちします。

ボトルに入れるときのポイントは、ビオラの直径よりボトルの口の直径が広いものをセレクトすること。口が狭いボトルは、入れるときに花びらが崩れやすいのでおすすめできません。

ボトルに入れるときのポイントは、ビオラの直径よりボトルの口の直径が広いものをセレクトすること。口が狭いボトルは、入れるときに花びらが崩れやすいのでおすすめできません。

 

ドライフラワーのビオラは、衝撃に弱いので、繊細に取り扱いましょう。

ドライフラワーのビオラは衝撃に弱いので、繊細に取り扱いましょう。

 

フタをしてセット完了!

フタをしてセット完了!

目次に戻る≫

ビオラのドライフラワーはどれくらい持つ?

ドライフラワーの観賞期間は、だいたい3ヶ月~半年が日持ちの期間と言われています。ただし、同じ時期にドライフラワーにしたものでも置き場の環境によって、色の抜け方がまったく変わります。期間がたつと、ホコリがたまったりするので、長い間飾っているドライフラワーは、メンテナンスをして清潔を保ちましょう。

ドライフラワーの観賞期間は、だいたい3ヶ月~半年が日持ちの期間と言われています。ただし、同じ時期にドライフラワーにしたものでも置き場の環境によって、色の抜け方がまったく変わります。期間がたつと、ホコリがたまったりするので、長い間飾っているドライフラワーは、メンテナンスをして清潔を保ちましょう。

ドライフラワーを飾るのに適した場所

直射日光の当たらない風通しのよい部屋が、ドライフラワーを飾るのに適した場所です。

キッチンの水回りとガス周りは、油や水分が飛びやすいので、繊細な花もののドライフラワーを飾るには向かない場所です。

目次に戻る≫

半年以上、咲き続けるパンジーとビオラ。続々咲く花をガーデニングの他、生けたり、ドライフラワーにしたりしてふんだんに楽しんでみませんか。

過去のgarden noteはこちらからどうぞ

 

▼編集部のおすすめ

 

庭リノベの無料相談、お見積はMIDOLAS

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「育てた花で作ってみない?ビオラのドライフラワーの作り方」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

金子三保子
金子三保子

フラワーコーディネーター、フォトグラファー。1997年よりフラワースクールにてスタッフを経験後、2001年に花屋・レコルトを設立。 花のギフトや装花・コーディネート、自身でスタイリングした花の撮影など、幅広く活動中。受け手が心地よい気分になれるような、ナチュラルでさりげない花や写真を提案している。 好きな植物は、草花、ハーブ、原種のクレマチスなど。ビオラは交配して自分の好みの色あいを作ったりもしている。色合わせがとにかく好き。

このライターの記事一覧

おすすめ商品

migiwa フラワーベース ツヤあり

販売価格:4,400円(税込)

【送料無料】観葉植物 2個セット アクアテラポット ガラス鉢 グレー×ブルー

販売価格:4,950円(税込)

ラバーグローブ VOIRY STORE

販売価格:1,320円(税込)

SPECIAL

おすすめ