あじさいのドライフラワーの作り方!あじさいの種類やきれいに乾燥させるコツ

金子三保子

金子三保子

このライターの記事一覧

公開日 :

あじさいのドライフラワー作りの下準備

あじさいを買って来たら、まずは花までしっかりと吸水させる

どうせドライフラワーにするのに、なぜ吸水させるのか?と思うかもしれませんが、花の頭までしっかりと水が上がったあじさいと、水が落ちかけたあじさいをドライフラワーにすると、仕上がりの美しさに違いがでます。

どうせドライフラワーにするのに、なぜ吸水させるのか?と思うかもしれませんが、花の頭までしっかりと水が上がったあじさいと、水が落ちかけたあじさいをドライフラワーにするのとでは、仕上がりの美しさに違いがでます。

左・あじさいの一部が折れて水が上がらないままドライフラワーになったあじさい。花がくしゃっとしてしまいました。

右・しっかりと水揚げしてからドライフラワーになったあじさい。花弁(ガク)がきれいに乾燥して花の形がきれいに残りました。

水が落ちかけた花を触ると、しんなりと柔らかい触り心地です。野菜がしんなりとしてしまった時の触感と同じです。

水が落ちかけたあじさいは、触るとふにゃっとした触感で、そのまま乾燥させると左のあじさいのように花弁(ガク)がくしゃくしゃな仕上がりになってしまいます。

あじさいの水が上がったら早めに乾燥させよう!

あじさいを自然乾燥できれいなドライフラワーにするには、新鮮なあじさいのうちにドライフラワー作りの作業に入ることがポイントです。

あじさいを自然乾燥できれいなドライフラワーにするには、新鮮なあじさいのうちにドライフラワー作りの作業に入ることがポイントです。

生けて楽しんでからドライフラワーにしたいところですが、早めに乾燥に入った方が、色合いのきれいなドライフラワーになります。

目次に戻る≫

 あじさいのドライフラワーの作り方

あとはあじさいを頭を下にしてぶら下げておけば、1週間程度であじさいが乾燥します。

あとはあじさいを頭を下にしてぶら下げておけば、1週間程度であじさいがドライフラワーになります。

ポイントは完全に乾燥させること。あじさいが完全にドライフラワーになると、カサカサとした触り心地になります。

 

ぶら下げるひもはしっかりと縛りましょう。

ぶら下げるひもはしっかりと縛りましょう。

 

あじさいの頭だけぶら下げたい時は、あじさいの房が枝分かれしている部分に引っ掛けると簡単です。

あじさいの頭だけぶら下げたい時は、あじさいの房が枝分かれしている部分に引っ掛けると簡単です。

 

あじさいはぶら下げたままでもインテリアとして素敵な素材です。

あじさいはぶら下げたままでもインテリアとして素敵な素材です。そんな時はひもの素材にこだわってみてはいかがでしょうか。

目次に戻る≫

あじさいのドライフラワーづくりに向く季節

湿度が低い乾燥した時期があじさいのドライフラワー作りに向いている季節ですが、育てたあじさいをドライフラワーにする場合は、夏から秋にかけてが多いと思います。天気予報を見て、数日晴れが続く日を選ぶとスムースにドライフラワーになっていきます。

反対に、梅雨のような湿度が高く、雨が多い日は乾燥している途中でカビたりしやすいので、自然乾燥のドライフラワー作りはおすすめできない季節です。

目次に戻る≫

あじさいのドライフラワーってどれくらい持つ?

こちらは生花の秋色あじさいで作ったリース

こちらは生花の秋色あじさいで作ったリース。

あじさいの生花でリースを作っていく時のポイントは、あじさいをたっぷりとつけること。どんな素材でもドライフラワーになっていく過程で縮みがでるので、少し多めにつけておくとドライフラワーになった時にスカスカにならず美しい見た目のリースになります。

 

リースの4ヶ月。やさしい色合いに変化しました。

リースの4ヶ月後。あじさいが優しい色合いに変化しました。あじさいのドライフラワーは徐々に退色していきます。

色のある花のドライフラワーの観賞期間は、だいたい3ヶ月~半年が日持ちの期間と言われています。ただし、同じ時期にドライフラワーにしたあじさいでも置き場の環境によって、色の抜け方がまったく変わります。期間がたつと、ホコリがたまったりするので、長い間飾っているドライフラワーは、メンテナンスをして清潔を保ちましょう。

あじさいのドライフラワーを飾るのに適した場所

直射日光の当たらない風通しのよい部屋が、あじさいのドライフラワーを飾るのに適した場所です。

キッチンの水回りとガス周りは、油や水分が飛びやすいので、あじさいのような繊細な花もののドライフラワー作りには向かない場所です。

目次に戻る≫

あじさいのドライフラワーは、ある程度の期間飾ることができるので、気軽に生活に植物を取り入れることができます。あじさいのドライフラワーは、リースやスワッグ、アレンジの材料にもできますが、一輪だけで飾っても存在感のあるドライフラワーです。  きれいな秋色あじさいが手に入ったらドライフラワーにしてみませんか。

あじさいのドライフラワーは、ある程度の期間飾ることができるので、気軽に生活に植物を取り入れることができます。あじさいのドライフラワーは、リースやスワッグ、アレンジの材料にもできますが、一輪だけで飾っても存在感のあるドライフラワーです。

きれいな秋色あじさいが手に入ったらドライフラワーにしてみませんか。

 

あじさいのドライフラワー関連記事

Pages: 1 2
庭リノベの無料相談、お見積はMIDOLAS

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「あじさいのドライフラワーの作り方!あじさいの種類やきれいに乾燥させるコツ」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

金子三保子
金子三保子

フラワーコーディネーター、フォトグラファー。1997年よりフラワースクールにてスタッフを経験後、2001年に花屋・レコルトを設立。 花のギフトや装花・コーディネート、自身でスタイリングした花の撮影など、幅広く活動中。受け手が心地よい気分になれるような、ナチュラルでさりげない花や写真を提案している。 好きな植物は、草花、ハーブ、原種のクレマチスなど。ビオラは交配して自分の好みの色あいを作ったりもしている。色合わせがとにかく好き。

このライターの記事一覧

おすすめ