ドライフラワーのガーランドの作り方|クリスマスローズを使って

山田智美

山田智美

このライターの記事一覧

公開日 :

お気に入りのお花を吊るして飾りながら、ドライフラワーを作りませんか。飾りながらそのままドライフラワーに出来るお花のガーランドの作り方をご紹介します。作り方もとっても簡単、飾って可愛い、さらにそのままドライフラワーになってしまうガーランドです。

天井からお花を吊るすだけで、ロマンティックなボヘミアンスタイルのインテリアが出来上がります。きっとお客様にもびっくりされますよ。

目次

ガーランドとは?

「ガーランド」は「garland」という綴り(つづり)の名詞で、直訳すると「花輪」です。昔は植物で作った冠や首飾りなどを指す言葉でした。  現在では紐やワイヤーに植物やオーナメントを繋いで、輪になっていればリース、輪にせずに帯状になっているものをガーランドと区別するようになっています。ガーランドはインテリアやエクステリアのアクセサリーとして愛されているアイテムです。

「ガーランド」は「garland」という綴り(つづり)の名詞で、直訳すると「花輪」です。昔は植物で作った冠や首飾りなどを指す言葉でした。

現在では紐やワイヤーに植物やオーナメントを繋いで、輪になっていればリース、輪にせずに帯状になっているものをガーランドと区別するようになっています。ガーランドはインテリアやエクステリアのアクセサリーとして愛されているアイテムです。

目次に戻る≫

ドライフラワーのガーランドの材料

ブプレリウム ナズナ ステルンクーゲル クリスマスローズ デザイナーズワイヤー タコ糸や麻ひもでももちろん問題なく作れます。デザイナーズワイヤーを選んだ理由は、とても細いのでしっかりと植物の茎を括ることが出来るということと、飾って絵になるからです。

ドライフラワーのガーランドの材料です。

お花はすべてフレッシュのものを用意してください。

  • ブプレリウム
  • ナズナ
  • ステルンクーゲル
  • クリスマスローズ
  • デザイナーズワイヤー<資材>
    タコ糸や麻ひもでももちろん問題なく作れます。デザイナーズワイヤーを選んだ理由は、とても細いのでしっかりと植物の茎を括ることが出来るということと、軽いので吊るしやすいからです。さらに飾って絵になるという利点もあります。

目次に戻る≫

ドライフラワーに出来るお花のガーランドの作り方

ワイヤーの端を10~15㎝残して花を留めていきます。茎にくるっとワイヤーを巻きつけて、折れない程度にきゅっと締めます。これを2回繰り返します。

ワイヤーの端を10~15㎝残して花を留めていきます。茎にくるっとワイヤーを巻きつけて、折れない程度にきゅっと締めます。これを2回繰り返します。

 

2回巻きつけたら、ワイヤーをきゅっと捩じるようにして留めます。花は水分がなくなっていくと茎が細くなり、ワイヤーから抜け落ちてしまいます。折れない程度にしっかりとワイヤーを締めます。

2回巻きつけたら、ワイヤーをきゅっとねじるようにして留めます。ドライフラワーになって水分がなくなっていくと茎が細くなり、ワイヤーから抜け落ちてしまいます。折れない程度にしっかりとワイヤーを締めます。力が強いと茎が折れてしまいます。もっと力が強いとワイヤーが切れてしまうことがあります。何事もさじ加減が大切です。

3~7㎝程度間隔を取りながら、同じ作業を繰り返します。お花とお花の間隔はランダムに。規則的にきっちり間隔をとるよりも不規則であったほうが自然な雰囲気が楽しめます。

もう十分だな、という長さまで出来たらワイヤーを10~15㎝残してカットします。両端とも10~15㎝程度残すのは、ガーランドを飾るときに吊るしやすくするためです。

 

ドライフラワーに出来るお花のガーランドの完成です!

ドライフラワーのガーランドの完成です!

目次に戻る≫

ドライフラワーののガーランドの飾り方

ドライフラワーに出来るお花のガーランドの飾り方にはちょっとしたコツがあります。  直射日光とエアコンの風の当たらない場所を選びましょう。直射日光は色褪せの原因になります。エアコンの風が当たり続ける場所も色褪せや劣化の原因となります。  風通しの良い場所を選んでください。ドライフラワーは湿気でカビが生えてしまいます。湿気が多い場所は避けてください。  壁やカーテンにくっつけないように飾りましょう。  壁にくっつけた状態で長く置くと、壁へ色移りしてしまう心配があります。壁から離して飾ってください。

気候にもよりますが、吊るして3~4日でドライフラワーになってきます。ちょっとアンティークカラーに変化したアンニュイな雰囲気が素敵です。

ドライフラワーのガーランドの飾り方にはちょっとしたコツがあります。

  1. 直射日光とエアコンの風の当たらない場所を選びましょう。
    直射日光は色褪せの原因になります。エアコンの風が当たり続ける場所も色褪せや劣化の原因となります。
  2. 風通しの良い場所を選んでください。
    ドライフラワーは湿気でカビが生えてしまいます。湿気が多い場所は避けてください。
  3. 壁やカーテンにくっつけないように飾りましょう。
    壁にくっつけた状態で長く置くと、壁へ色移りしてしまう心配があります。壁から離して飾ってください。

目次に戻る≫

クリスマスローズのドライフラワー

ガーランドを吊るしてから3日、すっかりカリカリのドライフラワーになりました。クリスマスローズのドライフラワーはあまり聞いたことがないかもしれません。出来ないと思っている方も多いのではないでしょうか。  クリスマスローズもこんなにきれいなアンティークカラーのドライフラワーになります。咲いているときと同じように花が開いた状態ではありませんが、恥じらうように花びらを閉じている姿が可愛らしいように思えます。

ガーランドを吊るしてから3日、すっかりカリカリのドライフラワーになりました。クリスマスローズのドライフラワーはあまり聞いたことがないかもしれません。出来ないと思っている方も多いのではないでしょうか。

クリスマスローズもこんなにきれいなアンティークカラーのドライフラワーになります。咲いているときと同じように花が開いた状態ではありませんが、恥じらうように花びらを閉じている姿が可愛らしいように思えます。

目次に戻る≫

飾りながらドライフラワーに出来て、そのまま飾り続けられるドライフラワーのガーランド。ぜひ試してみてください。作り方も簡単だし、何より純粋に可愛い!遊びに来たお客様にもびっくりされますよ。

▼編集部のおすすめ

 

庭リノベの無料相談、お見積はMIDOLAS

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「ドライフラワーのガーランドの作り方|クリスマスローズを使って」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

山田智美
山田智美

植物が好きで好きで、植栽設計、ガーデナー、生花店勤務を経て現在は、フリーランスの花屋「花や蜜」として活動中。「てのひらに森を」がテーマの花屋です。森の中にいるような、見ているだけで力が抜けていくようなお花を作り続けたいと思ってます。街中で突然お花を配る、「花ゲリラ棘」というゲリラ的花配り活動も不定期決行しています。

このライターの記事一覧

おすすめ