玄関をすてきに飾る! 生のもみの木を使ったガーランドの作り方

小野寺葉月

小野寺葉月

公開日 :

クリスマスの準備は進んでいますか? 今年は生のもみの木を使ったアレンジはいかがでしょうか。リースが定番で素敵ですが、ちょっと雰囲気の違うものを飾りたい方にはガーランドもおすすめですよ。

目次

ガーランドとは

もみの木ガーランドの準備

もみの木ガーランドを作ってみよう

もみの木ガーランドのアレンジ

ガーランドとは

ガーランドというと、フラッグのガーランドや可愛らしいモチーフを紐やリボンなどでつなぎ、お部屋を飾るものというイメージがありますよね。最近は100円ショップや雑貨店でも見かけることが多くなりました。パーティーやイベントの時期にお部屋を飾るガーランドの歴史は古く、古代ギリシャでは、草木を装飾に使うときに束ねてガーランドにして首にかけたり、古代オリンピックで勝者に授けられるリースなど勝者のあかしとして用いられていました。ガーランドの絵を壁に描いたりして装飾したものも残っています。

目次に戻る≫

もみの木ガーランドの準備

2本切り落とすのに10分かかりませんでした。

今回は庭のもみの木の枝を切って材料にしたいと思います。枝の直径は4㎝ほどで、高枝ののこぎりで挑戦。

2本切り落とすのに10分かかりませんでした。

 

材料

もみの木(今回は生のもみの木を使用していますが造花でも大丈夫です)

もみの木(今回は生のもみの木を使用していますが造花でも大丈夫です)

 

芯用のロープ(長さは飾りたい場所の長さで)  リース用針金  ビニールテープ(緑色)

・芯用のロープ(長さは飾りたい場所の長さで)
・リース用針金
・ビニールテープ(緑色)

 

松ぼっくり、ナナカマドの実や、オーナメント、リボンなど作りたいテイストの飾り

松ぼっくり、ナナカマドの実や、オーナメント、リボンなど作りたいテイストの飾り

目次に戻る≫

もみの木ガーランドを作ってみよう

ガーランドに使用するもみの木を針金を使ってある程度の束にしておきます。フローラルテープがあればそれを使用してもきれいです。 松ぼっくりはワイヤリングしておきます。

束にしたもみの木を芯にするロープに針金で巻き付けていきます。

①束にしたもみの木を芯にするロープに針金で巻き付けていきます。

 

少しずつ束を足しながら、長くしていきましょう。

②少しずつ束を足しながら、長くしていきましょう。

 

ベースができました!

ベースができました!

 

③裏側です。針金の端が出ないようにしましょう。ベースができたら、飾りつけです。松ぼっくりとオーナメントをつけていきます。

 

完成! 今回はシックなイメージにしたくてリボンをつけませんでした。

④完成! 今回はシックなイメージにしたくてリボンをつけませんでした。

 

目次に戻る≫

もみの木ガーランドのアレンジ

少し短めに作って、ドアに飾るのも素敵です。

少し短めに作って、ドアに飾るのも素敵です。

 

3種類のコニファーを使った大人っぽいガーランドです。

3種類のコニファーを使った大人っぽいガーランドです。

目次に戻る≫

クリスマスは準備している時間も心躍るもの。クリスマスソングを聞きながら、手作りしてみてくださいね。

 

▼クリスマスの関連記事

 

▼関連ワード

「玄関をすてきに飾る! 生のもみの木を使ったガーランドの作り方」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

LINE@
小野寺葉月
小野寺葉月

短大で草木染など染織を学び、卒業後雑貨チェーンで観葉植物などのバイヤーに従事。産後、高知の牧野記念植物園へ行ったことがきっかけで植物絵を描き始める。植物に備わっている美しさを共有するためにイラストを描く。Botapiiでもエディブルガーデン12ヶ月や星占いページでイラストを連載中。LOVEGREENでは、家族がお掃除のプロとして働いているので、植物を絡めたお掃除術など、実践したくなる記事やイベントなどの情報や実践したくなる記事をメインに配信。自身のイラストを盛り込んだ記事も作成。

おすすめ