室内で育てる花!ミニセントポーリアの育て方と楽しみ方

戸松敦子

戸松敦子

このライターの記事一覧

公開日 :

室内で育てられる花といえばセントポーリア。その中でもミニサイズのセントポーリアに注目し、育て方と楽しみ方を紹介します。手のひらサイズのミニセントポーリアはとても繊細で可憐。花や葉の形、色も変化に富んで美しく、1年中室内で育てられます。スペースもとらず、室内で花を育てたい方にとってもおすすめの植物です。

目次

ミニセントポーリアの魅力

ミニセントポーリアの育て方

ミニセントポーリアの楽しみ方

ニセントポーリアを楽しもう!

ミニセントポーリアの魅力

ミニセントポーリアの魅力は、まず、室内で花を育てられること。室内で花を楽しめる植物を探すとなかなか無いのですが、ミニセントポーリアは普通サイズのセントポーリアとともに、室内で花を咲かせる植物の代表と言っても良いと思います。  今回紹介するミニセントポーリアは直径6㎝ほどの器に入った手のひらサイズ。小さいので狭い場所でも楽しめます。小さい株にたくさんの花をつけます。

ミニセントポーリアの魅力は、まず、室内で花を育てられること。室内で花を楽しめる植物を探すとなかなか無いのですが、ミニセントポーリアは普通サイズのセントポーリアとともに、室内で花を咲かせる植物の代表と言っても良いと思います。

今回紹介するミニセントポーリアは直径6㎝ほどの器に入った手のひらサイズ。小さいので狭い場所でも楽しめます。小さい株にたくさんの花をつけます。

 

つぼみをたくさんつけ、次々と花を咲かせる準備をしている姿がなんとも愛らしいですね。

つぼみをたくさんつけ、次々と花を咲かせる準備をしている姿がなんとも愛らしいですね。

 

花や葉の形、色も変化に富んで美しく、このような八重咲きのミニセントポーリアもあります。

花や葉の形、色も変化に富んで美しく、このような八重咲きのミニセントポーリアもあります。

 

コンパクトな株でありながら、のびやかに育つ草姿が美しいです。

コンパクトな株でありながら、のびやかに育つ草姿が美しいです。

 

葉は肉厚でぷっくり、ふわふわしています。よく見ると葉や茎にうぶ毛が生えていて面白いですよ。

葉は肉厚でぷっくり、ふわふわしています。よく見ると葉や茎にうぶ毛が生えていて面白いですよ。

目次に戻る≫

ミニセントポーリアの育て方

ミニセントポーリアは、イワタバコ科の非耐寒性多年草で、花期は周年です。

暑さにも寒さにも弱いのですが、18~25℃くらいでカーテン越し程度の明るさがあれば一年中花が咲きます。

ミニセントポーリアが好む生育環境は、人間が快適に感じる室内環境と似ていると言われています。

葉挿しでふやすこともできます。

ミニセントポーリアを購入した時、小さなプラスチック鉢に植えられたものが、白いプラスチック製の鉢カバーに入っていました。できたら植え替えた方が良いのですが、このままでもしばらく楽しむことができます。  ミニセントポーリアを上手に育てるためには、ちょっとした水やりのコツが必用です。  水やりは、だいたい3~4日に一回、室温と同じくらいの温度の水をあげます。土が湿っている時はあげず、乾いたらあげましょう。花に水がかからないようにします。また、室温と10℃違う水をあげてしまうと、葉に薄黄色の斑点ができたり、腐ってしまう原因になります。育てている室温と同じくらいの20~25℃の水が望ましいです。

ミニセントポーリアを購入した時、小さなプラスチック鉢に植えられたものが、白いプラスチック製の鉢カバーに入っていました。できたら植え替えた方が良いのですが、このままでもしばらく楽しむことができます。

ミニセントポーリアを上手に育てるためには、ちょっとした水やりのコツが必用です。

水やりは、だいたい3~4日に一回、室温と同じくらいの温度の水をあげます。土が湿っている時はあげず、乾いたらあげましょう。花に水がかからないようにします。また、室温と10℃違う水をあげてしまうと、葉に薄黄色の斑点ができたり、腐ってしまう原因になります。育てている室温と同じくらいの20~25℃の水が望ましいです。

 

ミニセントポーリアを購入してきたままで育てる場合、水やりをすると鉢カバーに水がたまります。  根腐れや病害虫予防のため、水やりの際に鉢カバーや受け皿にたまった水は必ず捨てるようにしましょう。

ミニセントポーリアを購入してきたままで育てる場合、水やりをすると鉢カバーに水がたまります。

根腐れや病害虫予防のため、水やりの際に鉢カバーや受け皿にたまった水は必ず捨てるようにしましょう。

 

ミニセントポーリアの植え替えについてお話しします。  バーミキュライトやピートモス、パーライトなどを混ぜて使う土をつくることもできますが、水はけと保水性がよく、根腐れしにくく、セントポーリアが好きな環境に調整済みの土も販売されています。  植え替え用の小さな鉢に鉢底ネットを敷き、鉢底石を入れ、その上に器の半分くらいの高さになるくらい土を入れて植え替えていきます。

ミニセントポーリアの植え替えについてお話しします。

バーミキュライトやピートモス、パーライトなどを混ぜて使う土をつくることもできますが、水はけと保水性がよく、根腐れしにくく、セントポーリアが好きな環境に調整済みの土も販売されています。

植え替え用の小さな鉢に鉢底ネットを敷き、鉢底石を入れ、その上に器の半分くらいの高さになるくらい土を入れて植え替えていきます。

 

茎が折れやすいので優しく扱いながら植え替えます。

茎が折れやすいので優しく扱いながら植え替えます。

 

植え替え完了です。やっぱり植え替えると一味違ってさらに愛着がわきますね。  花が終わったら、手で摘み取りましょう。終わってしまった花を取ることで、次の花を次々に咲かせることができます。

植え替え完了です。やっぱり植え替えると一味違ってさらに愛着がわきますね。

花が終わったら、手で摘み取りましょう。終わってしまった花を取ることで、次の花を次々に咲かせることができます。

▼ミニセントポーリアの本家、セントポーリアの詳しい育て方はこちら。

セントポーリア

  • セントポーリアは熱帯アフリカの高山地帯に自生する多肉質の小型の多年草で茎は短くビロードを思わせる濃緑色の葉は卵型です。花は別名アフリカスミレというようにスミレに似た青紫色の花を一年中咲かせます。品種改良が進み、世界中にアマチュアの愛好家が多く、花色や草姿、花型、葉型などで分けられ1万5千種類を有するといわれています。室内花の中でもっともデリケートな花として人気があります。花色は単色だけでなく花弁に濃淡や斑点がはいるものもあります。花形には一重、八重、大、中、小輪、フリル、ベル咲き、スター咲きなどがあります。

目次に戻る≫

ミニセントポーリアの楽しみ方

しばらくは購入して来たまま、室内のレースのカーテン越しなどの明るい場所に置いて楽しんでもいいですね。

しばらくは購入して来たまま、室内のレースのカーテン越しなどの明るい場所に置いて楽しんでもいいですね。

 

このように、ミニサイズのおしゃれな鉢にそのままセットするだけでも雰囲気が出ます。

このように、ミニサイズのおしゃれな鉢にそのままセットするだけでも雰囲気が出ます。

 

さらにひと手間かけて、おしゃれなミニサイズの鉢に植え替えて飾ってみました。見た目も美しく、鉢カバーの中に水がたまることも無く、ミニセントポーリアが生き生きと育ちそうですね。  ミニセントポーリアは、インテリアとしても室内で素敵に飾れます。コンパクトなので移動も簡単。その時の気分で室内の好きな場所に飾ることができて楽しさいっぱいです。

さらにひと手間かけて、おしゃれなミニサイズの鉢に植え替えて飾ってみました。見た目も美しく、鉢カバーの中に水がたまることも無く、ミニセントポーリアが生き生きと育ちそうですね。

ミニセントポーリアは、インテリアとしても室内で素敵に飾れます。コンパクトなので移動も簡単。その時の気分で室内の好きな場所に飾ることができて楽しさいっぱいです。

目次に戻る≫

ミニセントポーリアを楽しもう!

「ミニセントポーリアが好む生育環境は、人間が快適に感じる室内環境と似ている。」それを聞くととても親しみがわいてしまいます。ミニセントポーリアは室内で育てるので、天候や寒さ暑さに関係なく、昼でも夜でも手入れをして楽しむことができ、場所をとらない優れもの。ぜひ、室内で上手に育てて周年花を咲かせて楽しんでくださいね。

「ミニセントポーリアが好む生育環境は、人間が快適に感じる室内環境と似ている。」それを聞くととても親しみがわいてしまいます。ミニセントポーリアは室内で育てるので、天候や寒さ暑さに関係なく、昼でも夜でも手入れをして楽しむことができ、場所をとらない優れもの。ぜひ、室内で上手に育てて周年花を咲かせて楽しんでくださいね。

目次に戻る≫

▼編集部のおすすめ

庭リノベの無料相談、お見積はMIDOLAS

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「室内で育てる花!ミニセントポーリアの育て方と楽しみ方」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

戸松敦子
戸松敦子

グリーンアドバイザー、ハンギングバスケットマスター、野菜ソムリエ、家庭菜園検定2級。園芸業界で植物全般を幅広く学び経験してきました。LOVEGREEN編集部では主に寄せ植えやリース作り、ボタニカルピープルなどの取材を担当。人が植物と心地良く暮らし、その幸せの連鎖が世界中に広がっていくことを願います。趣味はママさんサッカー。都大会優勝を目指して日々練習しています。

このライターの記事一覧

おすすめ