可憐な花びらが魅力!スイートピー

LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN編集部

このライターの記事一覧

公開日 :

今日ご紹介するのは「スイートピー」。

ひらひらとした花びらが、蝶のように軽やかで可憐なマメ科の春の花です。

スイートピー 切り花 生け方

花言葉は「別離」「門出」。今にも飛び立ってしまう蝶のように儚げな花言葉ですよね。甘い香りと、柔らかな雰囲気が特徴で、春の花束やアレンジによく使われます。

お花屋さんに出回るのは12月〜5月。その中でも一番豊富に揃うのが1月で、1月21日には日本記念日協会に制定された、「スイートピーの日」という記念日もあります。

花色はパステルカラーのものだけではなく、ビビッドカラーの鮮やかな色、染色の面白い色合いなど様々。好みの色を選ぶ楽しみもありますよ。

 

スイートピー 切り花 生け方

花びらは左右対称で3種類の花びらからなっています。上の大きな花びらが「旗弁」。左右の花びらが「翼弁」。下の小さな花びらが「舟弁」。他の花とは違う、マメ科ならではの花の形をしていますよね。

 

スイートピー 切り花 生け方

蕾の時は更にお豆のような可愛らしい形をしています。

 

スイートピー 切り花 生け方

花は間隔をあけて縦に複数ついています。この間隔は1本1本異なるので、生けたいイメージに合わせて選んでください。

 

スイートピー 切り花 生け方

スイートピーの茎は空洞で、細く柔らかいので、まっすぐにカットします。他の花のように斜めにカットすると、茎が潰れてしまう場合もあります。また、ハサミは清潔なものを使用しましょう。

 

スイートピー 切り花 生け方

水の量は花瓶の半分以下、浅めにします。

 

スイートピー 切り花 生け方

一見、まっすぐ伸びているように見えるスイートピーですが、緩やかにカーブしているので、それぞれの流れを生かすと、少ない本数でもふわっとした自然な感じが出ますよ♪

また、少ない本数で生ける際はスイートピーは葉っぱなどの引っかかる部分がないので、くるくると動いてしまいます。口が細めの花瓶がおすすめです。

 

スイートピー 切り花 生け方

花瓶の中は綺麗に保って、花が終わった下の花から摘み取ると長く楽しめます。

春の花の代名詞でもあるスイートピー。甘い香りと軽やかなシルエットで春の訪れを知らせてくれます。ぜひお部屋に飾ってみてください。

 

スイートピー

長持ちさせるコツ:花瓶の中を清潔に保つ・花が終わった下の花から摘み取る

置き場所:暖房が直接当たらない涼しい場所

花瓶の水の量:少なめ

日々の暮らしに彩りを。お気に入りの花を探しに花屋さんへ立ち寄ってみませんか。

 



 

▼編集部のおすすめ

 

LOVEGREEN(ラブグリーン)メールマガジン会員募集中!

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「可憐な花びらが魅力!スイートピー」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN(ラブグリーン)の編集部アカウントです。育て方の記事や、編集部としての取材記事やオフィシャル情報などを配信。

このライターの記事一覧

LOVEGREEN 公式アカウントをフォロー!

  • Instagram
  • Facebook
  • LINE
  • Twitter

関連サービス

LOVEGREEN(ラブグリーン)メールマガジン会員募集中!

植物の悩みならLOVEGREEN(ラブグリーン)のQ&A

ミドラス