冬の三大植物特集

春の切り花の代表花!アネモネの性質、生け方、品種

金子三保子

金子三保子

公開日 :

12月~3月の花市場は、季節より一足早く、春の切り花がたくさん入荷してくる季節です。今回は春の花の代表花、切り花のアネモネの性質と生けるポイント、そして素敵な新品種をご紹介します。

目次

アネモネは花びらがない花!

アネモネの性質

切り花のアネモネの生け方のコツ

アネモネの色々な品種をご紹介!

アネモネは花びらがない花!

私たちが花びらと思っている部分は、実はガク。色のついた部分はガクで、花びらのない珍しい花です。

私たちが花びらと思っている部分は、実はガク。色のついた部分はガクで、花びらのない珍しい花です。

ラナンキュラスとの違い

同じキンポウゲ科の植物で、一重咲きだと見た目が似ているラナンキュラスとの見分け方は、花のすぐ下にガクがあるのが、ラナンキュラス(右)。何もなくて数センチ下に葉があるのがアネモネ(左)です。

同じキンポウゲ科の植物で、一重咲きだと見た目が似ているラナンキュラスとの見分け方は、花のすぐ下にガクがあるのが、ラナンキュラス(右)。何もなくて数センチ下に葉があるのがアネモネ(左)です。

目次に戻る≫

アネモネの性質

アネモネは、光と温度に敏感に反応する性質の花です。朝になると開き、夜になると閉じるを繰り返します。花の終わりは開きっぱなしとなります。

アネモネは、光と温度に敏感に反応する性質の花です。朝になると開き、夜になると閉じるを繰り返します。花の終わりは開きっぱなしとなります。

目次に戻る≫

切り花のアネモネの生け方のコツ

浅水で生けましょう!

茎が空洞で腐りやすいので、出来るだけ水は少なめ(浅水)で生けると長持ちします。どんなお花にも言えることですが、お水はこまめに取り替えましょう。

茎が空洞で腐りやすいので、出来るだけ水は少なめ(浅水)で生けると長持ちします。どんなお花にも言えることですが、お水はこまめに取り替えましょう。

置き場所

気温と太陽に反応して開花する性質なので、気温低めで暗い場所の方が長持ちします。

目次に戻る≫

アネモネの色々な品種をご紹介!

切り花のアネモネは、以前は赤、紫、白と色数が限られた色でしたが、最近は進化がめざましく毎年新しい品種が出てきます。大輪、中輪、小輪の大きさや、一重咲き、八重咲きの咲き方、そしてカラーバリエーションなどが多種多様となっています。その中からいくつかピックアップしてご紹介します。

元気な赤のアネモネ

元気な赤

 

深みのある紫のアネモネ

深みのある紫

 

八重咲きのアネモネ

八重咲き

 

小輪タイプの白。中心がグリーンだと雰囲気がまた違います。

小輪タイプの白。中心がグリーンだと雰囲気がまた違います。

 

アネモネ・ポルト

右・アネモネ・ポルト

 

アネモネ・ポルト 開くとこんな色合い!

アネモネ・ポルト 

開くとこんな色合い!上品な色です。

 

最近はパステルカラーのアネモネも出てきます!

最近はパステルカラーのアネモネも出てきます!こちらはピンク色。

 

2017011415

開くとこんな感じです。かわいらしい雰囲気です。

目次に戻る≫

アネモネが豊富に出回るのは12月~3月まで。お気に入りの品種を花屋さんで探してみてくださいね。

 

▼アネモネの関連記事

 

▼関連ワード

「春の切り花の代表花!アネモネの性質、生け方、品種」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

LINE@
金子三保子
金子三保子

フラワーコーディネーター、フォトグラファー。1997年よりフラワースクールにてスタッフを経験後、2001年に花屋・レコルトを設立。 花のギフトや装花・コーディネート、自身でスタイリングした花の撮影など、幅広く活動中。受け手が心地よい気分になれるような、ナチュラルでさりげない花や写真を提案している。 好きな植物は、草花、ハーブ、原種のクレマチスなど。ビオラは交配して自分の好みの色あいを作ったりもしている。色合わせがとにかく好き。

おすすめ