パステルカラーのアネモネ!「ミストラルシリーズ」の魅力

金子三保子

金子三保子

このライターの記事一覧

公開日 :

気温の低い12月~3月は、花市場に春の花が豊富に入荷してくる時期。ただいま花屋さんは春の花でいっぱいです。

今回は、春の花の代表花、アネモネの中から、パステルカラーのアネモネとアネモネの生け方をご紹介します。

目次

アネモネ ミストラルシリーズ

アネモネの特徴

アネモネを生ける上での管理ポイント

球根でも購入可能です!

アネモネ ミストラルシリーズ

今回ご紹介する品種は、ロサシアロ。

アネモネは、赤や、濃い紫、濃いピンクなど、発色のよい色のものが多いのですが、ロサシアロはとってもきれいなパステルピンクで、アネモネとしては今までにない色です。
つぼみの時の横顔

つぼみの時の横顔。


開花前

開花前

絶妙な色合い!

同じ品種でも、1本、1本、絶妙に色が違います。開花すると、それぞれの違いを見るのも楽しみのひとつ。ピンク、ピンクに白が入ったような色合い、白に近いピンク・・・など色々です。雌しべと雄しべの色もきれいな色合いです。
2017012106

 

2017012108


白といってもよいくらいのものもあります。

白といってもよいくらいのものもあります。

ミストラルシリーズは大輪種

ミストラルシリーズは大輪種です。
(左)右は、小輪種のアネモネ・ポルト。だいぶ大きさが違います。

(左)右は、小輪種のアネモネ・ポルト。だいぶ大きさが違います。

目次に戻る≫

アネモネの特徴

アネモネには花びらがない!

私たちが花びらと思っている部分は、実は「ガク」なのをご存知でしょうか。

アネモネは、花びらがない珍しい花なのです。
花びらに見える部分は、「ガク」です。

花びらに見える部分は、「ガク」です。

アネモネは光と温度に反応する性質です。

アネモネは、光と温度に敏感に反応する性質です。朝になると開き、夜になると閉じるを繰り返し、花の終わりのころは、開きっぱなしになります。

部屋の温度に敏感に反応するので、暖房の効いた部屋だと、一気に開きます。日持ちさせたいようなら、気温が低めの場所に置くと長持ちしますが、寒すぎると開きません。開いてこそアネモネなような気もするので、どこまで日持ちさせたいかによって、置き場を変えるとよいですよ。

目次に戻る≫

アネモネを生ける上での管理ポイント

お水は浅水で生けましょう!

アネモネを花瓶に生ける時は、「浅水」で生けます。浅水とは、花瓶に入れる水を少なめにすることを言います。

アネモネは、茎が柔らかくて空洞なので、たっぷりの水に生けると(深水)、茎の途中が腐ってしまい、花は元気なのに折れてしまったりします。

それを避けるため、少ない水に生けるのです。どんな花にも言えることですが、お水はこまめに取り替えましょう。
2017012102

お水は浅く。

アネモネは時間によって表情が変わります!

朝晩、開閉を繰り返すので、動くのが特徴です。
2017011415

昼間に生けたばかりの開花している状態。


2017012110

翌朝。上を向いて立ち上がってしまいました。自由に動くのでおもしろいです。

目次に戻る≫

球根でも購入可能です!

今回のピンクのアネモネの品種は、「ミストラル・ピンク」という名前で販売されていることが多いようです。

アネモネの球根が並ぶのは、店頭だと夏以降、もしくは通信販売でも販売されています。生花としての出回りは、3月までです。気に入った方は探してみてください!

関連記事

 

庭リノベの無料相談、お見積はMIDOLAS

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「パステルカラーのアネモネ!「ミストラルシリーズ」の魅力」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

金子三保子
金子三保子

フラワーコーディネーター、フォトグラファー。1997年よりフラワースクールにてスタッフを経験後、2001年に花屋・レコルトを設立。 花のギフトや装花・コーディネート、自身でスタイリングした花の撮影など、幅広く活動中。受け手が心地よい気分になれるような、ナチュラルでさりげない花や写真を提案している。 好きな植物は、草花、ハーブ、原種のクレマチスなど。ビオラは交配して自分の好みの色あいを作ったりもしている。色合わせがとにかく好き。

このライターの記事一覧

おすすめ商品

【送料無料】ベゴニア 原種 マクラータワイティ

販売価格:5,280円(税込)

【送料無料】底面給水機能付き フィカス・ベンガレンシス6号鉢

販売価格:8,800円(税込)

ベーシックエプロン VOIRY STORE

販売価格:4,950円(税込)

SPECIAL

おすすめ