丈夫で花期が長い宿根草!チェリーセージの育て方

金子三保子

金子三保子

このライターの記事一覧

公開日 :

チェリーセージは植えっぱなしで初夏から秋まで長く咲く宿根草(多年草)。長くきれいに咲かせるためのチェリーセージの育て方をご紹介します。

チェリーセージはいくつかの品種の総称で、とても長い期間(5月~11月)開花する宿根草(多年草)です。セージはブルー・紫系の花が多いですが、チェリーセージの特徴は豊富な花色。毎年新しい色の新品種が登場する草花です。

目次

チェリーセージの入手方法

チェリーセージの苗は春ごろから苗が出回りはじめます。ひとくちにチェリーセージと言っても、とにかく品種が豊富です。代表的な品種は「ホットリップス」。赤と白のツートンカラーの品種です。

チェリーセージはポット苗で販売されている時点では茎は草状ですが、何年も育てていると古い枝は木質化してきます。品種によって丈は様々ですが、背が高くなる品種は1メートル以上になります。購入した時のプランツカードを見て丈を確認してから植える場所を決めましょう。

サルビア・ミクロフィラ「ホット・リップス」  このホットリップスの赤と白の割合は、気温によって変化します。気温が低い春は白の割合が多く、高くなってくると赤の割合が多くなってくるおもしろい品種です。

サルビア・ミクロフィラ「ホット・リップス」

このホットリップスの赤と白の割合は、気温によって変化します。気温が低い春は白の割合が多く、高くなってくると赤の割合が多くなってくるおもしろい品種です。

目次に戻る≫

チェリーセージを育てる環境

チェリーセージを育てる場所

チェリーセージは日当たりがよく、風通しのよい場所に植えましょう。明るめな半日陰なら栽培可能ですが、日照不足になると花付きが悪くなります。品種によっては大株になるので、隣の植物との株間は余裕をもって植え付けましょう。

鉢植えでも地植えでも栽培可能ですが、チェリーセージは品種によっては最終的には丈も幅も1メートル以上になるものもあるので、少しずつ鉢を大きくしていく必要があります。

土は水はけがよい土を準備します。特に地植えにする場合は、苗を植える1~2週間くらいまでに植える場所に苦土石灰を蒔き、腐葉土も一緒に混ぜて準備します。鉢植えのチェリーセージは、草花用の培養土、もしくはハーブの土などで問題なく育ちます。

地植えのチェリーセージの植え付けは、春と秋に植付けをすることができます。春は4月から5月、秋は10月が適時ですが春に植え付ける方が無難です。

目次に戻る≫

チェリーセージの日々の管理

水やり

地植えのチェリーセージは、根付いてしまえば水やりの必要はありません。土が割れてしまうほどの日照りの場合だけ水やりをします。鉢植えのチェリーセージの水やりは、土の表面が乾いたらたっぷりと水を与えます。

肥料

チェリーセージは肥料は少なめで育つ草花です。鉢植えのチェリーセージは、春の生長期と秋にゆっくりと効果のある緩効性の肥料を施します。

開花

チェリーセージの花は5月ごろから11月まで長く咲く宿根草です。チェリーセージは何年もすると、とても大きな株になりますが、ポット苗として購入した初年度は、さほど花がたくさん咲かないこともあります。宿根草はチェリーセージに限らず植え付けた翌年以降にがぜん花つきが多くなってきます。

花がら摘み

チェリーセージは一茎一花の花ではなく、1本の茎に穂状にいくつもの花がついて、下から上に順に咲いてきます。穂状の花が上まで咲き終わったら、ピンクの線を引いた部分で剪定をします。  ピンクの線を引いた剪定位置の真下、矢印の所に少し芽が伸びていますが、これが次の花となり、剪定後は2本の穂状の花になります。終った花はいつまでもつけておかず、次の花のためにエネルギーを回した方がいいので、花が散ったらどんどん剪定していきます。

チェリーセージは一茎一花の花ではなく、1本の茎に穂状にいくつもの花がついて、下から上に順に咲いてきます。穂状の花が上まで咲き終わったら、ピンクの線を引いた部分で剪定をします。

ピンクの線を引いた剪定位置の真下、矢印の所に少し芽が伸びていますが、これが次の花となり、剪定後は2本の穂状の花になります。終った花はいつまでもつけておかず、次の花のためにエネルギーを回した方がいいので、花が散ったらどんどん剪定していきます。

チェリーセージの病害虫

チェリーセージは病害虫の害がほとんどない性質の強い花です。夏は病害虫の害に悩む時期の中で、植えっぱなしで長い間咲いて病害虫にも強い草花はありがたいですね。

目次に戻る≫

チェリーセージの切り戻しと枝の整理

初夏から秋まで長く咲くチェリーセージは、夏前に一度、切り戻しておくとすっきりとした株姿になり秋からまた花が咲き始めます。

チェリーセージは、品種によっても様々ですが、何年も管理した古株はとても大株になり、枝も混みあってきます。2年目以降の枝は木質化して、剪定をあまりしないで育てると、年々、上の方で芽吹くので株姿が乱れてきます。定期的に切り戻しをしつつ、細い枝は根元でどんどん切って、若い枝を出すようにしていくときれいな株姿を保ちます。何年も経過すると株が乱れるので、年に2回くらい切ったほうがきれいな株姿を保ちます。

チェリーセージの冬越し

チェリーセージの耐寒性は品種によってやや違いますが、最低気温-5℃~-10℃くらいです。地際で切り詰めなくても関東南部であれば問題なく冬越しできます。

目次に戻る≫

 

\次はチェリーセージの色数豊富な種類をご紹介!/

続きを読む

Pages: 1 2
庭リノベの無料相談、お見積はMIDOLAS

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「丈夫で花期が長い宿根草!チェリーセージの育て方」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

金子三保子
金子三保子

フラワーコーディネーター、フォトグラファー。1997年よりフラワースクールにてスタッフを経験後、2001年に花屋・レコルトを設立。 花のギフトや装花・コーディネート、自身でスタイリングした花の撮影など、幅広く活動中。受け手が心地よい気分になれるような、ナチュラルでさりげない花や写真を提案している。 好きな植物は、草花、ハーブ、原種のクレマチスなど。ビオラは交配して自分の好みの色あいを作ったりもしている。色合わせがとにかく好き。

このライターの記事一覧

おすすめ