トゥデイズプランツ34日目 | ラスティセージ

金子三保子

金子三保子

このライターの記事一覧

公開日 :

ラスティセージ

ラスティセージは、ピンク~グリーン色のアンティークな色合いの花色とシルバーグリーンの葉が特徴の南アフリカ原産の宿根草。

花は初夏から秋まで長く咲き続け、花が散った後も微妙な色合いのガクが残るので、ひとつの花を長い期間楽しむことができます。

年々、暑くなる日本の夏。真夏になると長時間の園芸は体力的に難しい中で、ラスティーセージのような暑さに強くて初夏から秋まで長く花は貴重です。

花が散ったあとも色づいたガクがとてもきれいなので、しばらく切らずに鑑賞することもできますが、次の花芽を作るためには、終わった花茎は剪定した方がよいでしょう。剪定したところから分枝して、新しい花穂ができていきます。

つぼみの時は明るいグリーン、開花するとピンク、花が散った後のガクはアンティークな色合いへと移ろう色の変化が美しい草花です。

つぼみの時は明るいグリーン、開花するとピンク、花が散った後のガクはアンティークな色合いへと移ろう色の変化が魅力。花期が長いので夏の寄せ植えにもいいですね。ニュアンスカラーなので隣の草花との色合わせをするのも楽しみのひとつです。

 

ラスティセージ

育てる場所:日当たりと風通しの良い場所

育て方のコツ:次の花芽を作るために、終わった花茎は剪定

特徴:初夏から秋まで長期間開花

 

 

▼編集部のおすすめ

 

庭リノベの無料相談、お見積はMIDOLAS

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「トゥデイズプランツ34日目 | ラスティセージ」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

金子三保子
金子三保子

フラワーコーディネーター、フォトグラファー。1997年よりフラワースクールにてスタッフを経験後、2001年に花屋・レコルトを設立。 花のギフトや装花・コーディネート、自身でスタイリングした花の撮影など、幅広く活動中。受け手が心地よい気分になれるような、ナチュラルでさりげない花や写真を提案している。 好きな植物は、草花、ハーブ、原種のクレマチスなど。ビオラは交配して自分の好みの色あいを作ったりもしている。色合わせがとにかく好き。

このライターの記事一覧

おすすめ商品

migiwa フラワーベース ツヤあり

販売価格:4,400円(税込)

【送料無料】観葉植物 2個セット アクアテラポット ガラス鉢

販売価格:4,950円(税込)

ラバーグローブ VOIRY STORE

販売価格:1,320円(税込)

SPECIAL

おすすめ