芝生を張る前に考える3つのこと。

LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN編集部

このライターの記事一覧

公開日 :

芝生の張り方の種類

さて、元肥などの有機物や有機石灰も投入して芝生を張る前の準備は整いましたね。次は、芝生の張り方についてご紹介します。

芝生の張り方の種類

平張り

隙間なく全面に張る方法です。  メリット  いち早く青々とした芝生を育てることが出来ます。他の方法に比べ目土などが雨で流れたりする量も少なく済み、雑草の発生も少ないメリットがあります。  デメリット  芝生マットの使用個数が多くなりますのでコストは一番かかります。

隙間なく全面に張る方法です。

メリット

いち早く青々とした芝生を育てることが出来ます。他の方法に比べ目土などが雨で流れたりする量も少なく済み、雑草の発生も少ないメリットがあります。

デメリット

芝生マットの使用個数が多くなりますのでコストは一番かかります。

目地張り

芝に3~5㎝の隙間を開けてレンガ積みのような模様にして張る方法です。  メリット  平張りよりも使用する芝生マットの個数が少なくてすみます。  デメリット  平張りよりも全面埋まるまでに時間がかかりますが、春に芝生を張った場合生育が順調なら秋頃までには前面に芝生を張り巡らすことができますので、価格・生育ともにバランスのとれた張り方ではないでしょうか。

芝に3~5㎝の隙間を開けてレンガ積みのような模様にして張る方法です。

メリット

平張りよりも使用する芝生マットの個数が少なくてすみます。

デメリット

平張りよりも全面埋まるまでに時間がかかりますが、春に芝生を張った場合生育が順調なら秋頃までには前面に芝生を張り巡らすことができますので、価格・生育ともにバランスのとれた張り方ではないでしょうか。

市松張り

1枚おきに市松模様に張る方法です。  メリット  平張りよりも使用する芝生マットの個数が半分ですみます。春に芝生を張った場合生育が順調なら冬前までには前面に芝生を張り巡らすことができます。  デメリット  全面埋まるまでに時間がかかるため、こまめな雑草の除草に努めなければなりません。

1枚おきに市松模様に張る方法です。

メリット

平張りよりも使用する芝生マットの個数が半分ですみます。春に芝生を張った場合生育が順調なら冬前までには前面に芝生を張り巡らすことができます。

デメリット

全面埋まるまでに時間がかかるため、こまめな雑草の除草に努めなければなりません。

NG張り~十文字目地

継ぎ目を十文字に並べると、雨などで目土が流れやすく芝生の活着が悪くなりますので気を付けましょう。  その他の方法として、芝生を筋状に並べて張る条張りがありますが、主に斜面の芝張りなどでこの方法が用いられます。

継ぎ目を十文字に並べると、雨などで目土が流れやすく芝生の活着が悪くなりますので気を付けましょう。

その他の方法として、芝生を筋状に並べて張る条張りがありますが、主に斜面の芝張りなどでこの方法が用いられます。

芝生を張り終わったら

目土

芝を張り終わったら、苗と苗の隙間の目地をしっかりと埋め、さらに芝の上からも土をふるいながら目土を入れます。これは芝生の乾燥を防ぎ、芝生に適度な水分を維持させるために行います。目土の量の目安は、水やり後芝の葉が見える程度です。

圧着

芝の間にしっかりと土が入るように板などで平らにならしてしっかりと鎮圧しましょう。足で圧着する場合は、苗と地面とが密着するように芝生の端から順々に踏みつけていきましょう。

水やり

目土が流れない程度にしっかりと水をあげましょう。水がいったん浸み込んだら、水浸しになるくらいまでしっかりと水をあげましょう。雨の日以外は根が活着するまで1か月ほどたっぷりと水を与えましょう。

その後芝がしっかり育つまで、少なくとも3か月は芝生を踏まないように養生して育てましょう。

目次に戻る≫

芝生の張り方|まとめ

・芝生が元気に生育する「日当たりが良いこと。風通しが良いこと。水はけが良いこと。」の3つの条件に適しているか考えましょう。

・芝生を張る前の土壌改良はしっかりと行いましょう。

・目土入れは、芝生の乾燥を防ぐためにもしっかりと行いましょう。

・この時期の水やりは今後の芝生育成にとってもっとも重要な水やりです。芝生に充分な水を与えましょう。

 

皆さんのお庭は芝生に適した場所ですか?芝生を張る時は、事前の準備をしっかり行いましょう。

 














 

目次に戻る≫

Pages: 1 2
LOVEGREEN(ラブグリーン)メールマガジン会員募集中!

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「芝生を張る前に考える3つのこと。」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN(ラブグリーン)の編集部アカウントです。育て方の記事や、編集部としての取材記事やオフィシャル情報などを配信。

このライターの記事一覧

LOVEGREEN 公式アカウントをフォロー!

  • Instagram
  • Facebook
  • LINE
  • Twitter

関連サービス

LOVEGREEN(ラブグリーン)メールマガジン会員募集中!

植物の悩みならLOVEGREEN(ラブグリーン)のQ&A

ミドラス