ズッキーニの育て方 〜収穫編〜

古幡真恵

古幡真恵

このライターの記事一覧

公開日 :

ズッキーニの収穫は、やっぱり授粉の成功が鍵となります。

sana gardenで育てているズッキーニは、授粉作業の時間帯の遅さと、度重なる降雨により、なかなか収穫にこぎつけることができませんでしたが、虫たちの力を借りて、ようやく受粉が成功して収穫にこぎつけました♪

目次

ズッキーニの収穫

ズッキーニの収穫後のお手入れ

ズッキーニの支柱・誘引(ゆういん)

ズッキーニの保存方法

花ズッキーニ

ズッキーニの収穫

ズッキーニは、開花後1週間ほどで長さ20~30cm前後に生長し、収穫することができます。受粉と人工授粉の困難を乗り越えて、無事に大きく実ったズッキーニは子供のように愛おしい♪  ちなみに、 丸ズッキーニは開花後3~5日で6~7cmほどで収穫になります。  品種によって収穫のサイズが異なりますので、品種の確認を忘れずにしてくださいね。

ズッキーニは、開花後1週間ほどで長さ20~30cm前後に生長し、収穫することができます。受粉と人工授粉の困難を乗り越えて、無事に大きく実ったズッキーニは子供のように愛おしい♪

ちなみに、 丸ズッキーニは開花後3~5日で6~7cmほどで収穫になります。品種によって収穫のサイズが異なりますので、品種の確認を忘れずにしてくださいね。

目次に戻る≫

ズッキーニの収穫後のお手入れ

整枝(せいし)  古い葉や病葉は除去すると、採光性がアップし、風通しが良くなります。  収穫したズッキーニより下葉は、全て摘み取ってしまいましょう。

整枝(せいし)

古い葉や病葉は除去すると、採光性がアップし、風通しが良くなります。収穫したズッキーニより下葉は、全て摘み取ってしまいましょう。

目次に戻る≫

ズッキーニの支柱・誘引(ゆういん)

ズッキーニの株は、茎葉を横に広げながら上へと伸びていくために、風で倒れたり、実がついて重くなり、途中で折れてしまうことがあります。

ズッキーニの株は、茎葉を横に広げながら上へと伸びていくために、風で倒れたり、実がついて重くなり、途中で折れてしまうことがあります。


太くて強度のある支柱を一本、株元に垂直に立てて茎を安定させます。  支柱は根を傷めないように、しっかりと地中に突き刺しましょう。

太くて強度のある支柱を2本、株元に垂直に立てて茎を安定させます。

支柱は根を傷めないように、しっかりと地中に突き刺しましょう。

目次に戻る≫

ズッキーニの保存方法

乾燥や低温に弱く、そのまま冷蔵庫で保存すると鮮度が落ちやすくなります。新聞紙やラップなどで包み、直接冷気が当たらないように注意してあげましょう。  長くは保存できませんので、数日中に食べ切りましょう。スライスして冷凍保存もできますが食感が軟らかくなります。出来るだけ早く食べることをお勧めします。

乾燥や低温に弱く、そのまま冷蔵庫で保存すると鮮度が落ちやすくなります。新聞紙やラップなどで包み、直接冷気が当たらないように注意してあげましょう。

長くは保存できませんので、数日中に食べ切りましょう。スライスして冷凍保存もできますが食感が軟らかくなります。出来るだけ早く食べることをお勧めします。

目次に戻る≫

花ズッキーニ

花が咲く前の花が付いた状態や、実が生長する前に収穫する花ズッキーニは、店頭ではなかなか見かけることができません。雄花は花だけで、雌花は小さな実の先に黄色い花がついています。  花の部分にチーズや挽肉などを詰めて揚げ物にするのが人気の食べ方です。

花が咲く前の花が付いた状態や、実が生長する前に収穫する花ズッキーニは、店頭ではなかなか見かけることができません。雄花は花だけで、雌花は小さな実の先に黄色い花がついています。

花の部分にチーズや挽肉などを詰めて揚げ物にするのが人気の食べ方です。

花ズッキーニが異様に苦い!

花ズッキーニが異様に苦い!  ククルビタシン  ズッキーニやキュウリなどのウリ科の植物には、ククルビタシンといわれる苦味成分が含まれています。  通常の花ズッキーニは、何の問題もなく食べることができますが、極まれにククルビタシンの含有量が多い花ズッキーニがあり、食べたときに苦味で違和感を感じます。この苦い花ズッキーニを無理に食べると、下痢やおう吐、腹痛を起こすことがあります。 苦味を感じるような場合は、加熱してもククルビタシンを防ぐことはできませんので、残念ですが食べずに捨てましょう。

ズッキーニやキュウリなどのウリ科の植物には、ククルビタシンといわれる苦味成分が含まれています。

通常の花ズッキーニは、何の問題もなく食べることができますが、極まれにククルビタシンの含有量が多い花ズッキーニがあり、食べたときに苦味で違和感を感じます。この苦い花ズッキーニを無理に食べると、下痢やおう吐、腹痛を起こすことがあります。
苦味を感じるような場合は、加熱してもククルビタシンを防ぐことはできませんので、残念ですが食べずに捨てましょう。

▼編集部のおすすめ

目次に戻る≫

 
庭リノベの無料相談、お見積はMIDOLAS

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「ズッキーニの育て方 〜収穫編〜」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

古幡真恵
古幡真恵

結婚・出産そして育児をしながら、学童保育所で食育を2年間指導後、農業研究センターで大豆と稲の研究作物栽培及び実験業務に従事。屋上ガーデン・屋上菜園の管理業務、エディブルフラワー店勤務を経て、現在はLOVEGREEN編集部とBotapii編集部のアシスタントとして、初心者からでも手を出しやすい家庭菜園やエディブルフラワーの記事、sanagardenコンテンツを配信。

このライターの記事一覧

おすすめ