【秋からの栽培は大根がおすすめ !】育てて食べる。はじめてさんのエディブルガーデン9月編

古幡真恵

古幡真恵

このライターの記事一覧

公開日 :

Illustration:小野寺葉月

エディブルガーデンとは

お花屋さんやホームセンターで無料配布されているフリーペーパーBotapii(ボタピー)で連載中の「育ててワクワクたのしいエディブルガーデン」では、毎月野菜・ハーブ・食べられるお花を育てる楽しみを紹介しています。

9月のエディブルガーデンは「これからの栽培は大根がおすすめ!」。

目次

これから大根栽培をおすすめする3つの理由

「9月からの栽培は大根がおすすめ」って?大根を一度も育てたことがない方にとっては、ピンとこない言葉かもしれませんがおすすめするには3つの理由があるんです。  1. 9月は大根の種まき適期だからおすすめ 9月は大根の種まき適期です(主に関東温暖地)。品種や地域にもよりますが、この時期に栽培をスタートすることで良好に生育した大根の収穫が可能になります。  この時期に種をまいたかどうかで今後の大根の生育に差がどうしても出てしまうので、今がチャンスだと思って大根の栽培をスタートさせましょう。

「これからの栽培は大根がおすすめ」って?大根を一度も育てたことがない方にとっては、ピンとこない言葉かもしれませんがおすすめするには3つの理由があるんです。

1. 9月は大根の種まき適期だからおすすめ

9月は大根の種まき適期です(主に関東温暖地)。品種や地域にもよりますが、この時期に栽培をスタートすることで良好に生育した大根の収穫が可能になります。

この時期に種をまいたかどうかで今後の大根の生育に差がどうしても出てしまうので、今がチャンスだと思って大根の栽培をスタートさせましょう。

ちなみに、お正月明けの1月7日に食べる七草粥の春の七草「セリ・ナズナ・ゴギョウ・ハコベラ・ホトケノザ・スズナ・スズシロ」のスズシロはダイコンを意味します。このスズシロを家庭菜園で作ったことがありますのでご紹介します。

スズシロの種まきは大根の種まきに適した9月ではなく、10月頃にまくことがポイント7です。種まきの時期をずらすことで春の七草の時期にちょうど良い大きさのスズシロを収穫することができます。育てる環境や気温などによって差が出てしまうかもしれませんが、小さなプランターやペットボトルなどで試してみてくださいね。

 

2. 大根が冷涼な気候を好むからおすすめ

大根は冷涼な気候を好むため、生育適温も15~20℃ほどです。

12月を過ぎると寒さも増すので大根の生育もゆっくりになります。料理に使いたいときに合わせて収穫する日にちを少し伸ばすことも可能です。

ただ、収穫が遅れると「す」が入ってしまうこと、低温に合ことで花芽を付け春にとう立ちしやすい傾向がありますのであまりにも遅過ぎる収穫には注意してください。

※とう立ち(抽だい)・・・節間が詰まった状態の茎が、花芽ができたことにより急に長く伸びること。

※「す」が入る・・・根に蓄えられている栄養が葉に送られてしまい、スポンジのように中身がスカスカになること。

3. 日本という国だからこそ大根の栽培がおすすめ

大根をイメージする時、「おでん」の人気具材の白くて長くて太い大根を思い出しますが、大根の原種は根が太らないものがほとんどで、大根の原産地(地中海地方)であるヨーロッパでは二十日大根のように小さいものが主流です。

その大根が日本に渡った後に、長い年月をかけて品種改良が重ねられ、今では世界一の重さを誇る「桜島大根」や世界一長い「守口大根」が作られるようになりました。日本の大根の品種の数や味のレベル、バリエーション、生産量、消費量は世界一なんです。

【豆知識】大根は根?茎?

根菜類の大根は根の部分を食べているとほとんどの人が思っていますが、じつは茎(胚軸)と根が合わさった部分を食べています。その証拠に、大根の下部にはひげ根がついていますが、大根の上の方は表面がつるんとしています。自分で育てて観察してみるとよく分かりますが、大根の上の方は土の上にはみ出しています。
※胚軸とは、かいわれ大根を観察すると双葉の下に長く伸びた白い部分がありますが、それが胚軸です。

目次に戻る≫

おいしいだけじゃない!土を健康に近づける一挙両得の大根栽培

大根を育てて収穫できるだけでも嬉しいものですが、大根を栽培するだけで土も健康にしてくれるだなんて、大根栽培が一挙両得な野菜だったことをご存知でしたか?

土を不健康にする要因の一つ「根こぶ病」とは?

根こぶ病とは、キャベツやブロッコリー、小松菜などのアブラナ科のみに発生する土壌病菌のことです。発症すると根の表面に凸凹したこぶのようなものが作られるため、根の機能が低下して枯れていく病気です。

 

大根を栽培すると「根こぶ病」菌が減る!?

同じアブラナ科の野菜であるダイコン類は根こぶ病の抵抗性が高く、根こぶ病に感染したとしても発病することがありません。そのため、大根は根こぶ病の「おとり作物」として育てることで土壌中の根こぶ病の病原菌を減らすことができるんです。

つまり、大根を栽培することで、土を不健康にする要因の一つである「根こぶ病」の病原菌を減少させるので、結果的に土を健康に近づけてくれるということなんです。

目次に戻る≫

病原菌をおさえるコンパニオンプランツとしての大根

コンパニオンプランツとは、一緒に植えると互いに良い影響を与え合う植物同士のことを意味します。

【大根を栽培すると「根こぶ病」菌が減る!?】 でもご紹介した「おとり作物」としての大根の働きについて、もう少し詳しくご紹介します。

おとり作物としての大根の働き

おとり作物とは、病気のもととなる病原菌を自らに寄せ付ける性質があるにもかかわらず、病原菌が増えないようにおさえることができる作物です。 例えていうならば、おとり作物である大根と病原菌が結婚しても、病原菌の赤ちゃんは生まれず、大根だけが生まれてくるため、病原菌の数が減っていくという仕組みです。

Illustration:小野寺葉月

おとり作物とは、病気のもととなる病原菌を自らに寄せ付ける性質があるにもかかわらず、病原菌が増えないようにおさえることができる作物です。

例えていうならば、おとり作物である大根と病原菌が結婚しても、病原菌の赤ちゃんは生まれず、大根だけが生まれてくるため、病原菌の数が減っていくという仕組みです。

目次に戻る≫

 

 

\大根の育て方のポイント/

続きを読む

Pages: 1 2
庭リノベの無料相談、お見積はMIDOLAS

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「【秋からの栽培は大根がおすすめ !】育てて食べる。はじめてさんのエディブルガーデン9月編」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

古幡真恵
古幡真恵

結婚・出産そして育児をしながら、学童保育所で食育を2年間指導後、農業研究センターで大豆と稲の研究作物栽培及び実験業務に従事。屋上ガーデン・屋上菜園の管理業務、エディブルフラワー店勤務を経て、現在はLOVEGREEN編集部とBotapii編集部のアシスタントとして、初心者からでも手を出しやすい家庭菜園やエディブルフラワーの記事、sanagardenコンテンツを配信。

このライターの記事一覧

おすすめ