編集部のミニトマト栽培日記|日頃のお手入れ編

LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN編集部

このライターの記事一覧

公開日 :

今回はミニトマトを元気に育てるために大切な、水やり・追肥・病害虫チェックについてご紹介します。

目次

水やり

 他の作物と比べてミニトマトは、水分を控えめに育てると甘みが増します。水は土が乾いたら、鉢底から流れ出るまでたっぷり与えましょう。  梅雨時期は雨が降ると身が割れたり、病気になりやすいので、軒下に移動するのがおすすめです。  夏の暑い時期は午前中の涼しい時間帯に水やりをするのがベスト。

他の作物と比べてミニトマトは、水分を控えめに育てると甘みが増します。水は土が乾いたら、鉢底から流れ出るまでたっぷり与えましょう。

梅雨時期は雨が降ると身が割れたり、病気になりやすいので、軒下に移動するのがおすすめです。

夏の暑い時期は午前中の涼しい時間帯に水やりをするのがベスト。

 

私はいつも水やりのタイミングでわき芽がないかチェックしています♫

目次に戻る≫

追肥

ついにミニトマトの実が膨らんできました!追肥はこのように、実が膨らんだ頃からスタートします。

 

与えすぎに注意して、その後2週間おきに与えましょう。

目次に戻る≫

病害虫チェック

こまめに葉や実に異常がないか、チェックをしましょう。この日は幼虫を発見。割り箸で摘み、取り除きました。

 

ミニトマトに特に発生しやすい害虫は、オオタバコガとタバコガ。実にぽっかりと空いた小さな穴が開いていたら、オオタバコガとタバコガの仕業です。穴の開いたミニトマトは必ず取り除きましょう。

かかりやすい病気は、うどんこ病、灰色かび病、炭疽病など。野菜全般にかかる病気です。 葉や実に病斑が現れ、葉先から枯れたりしていきます。 春、梅雨の過湿期、夏の高温期などがかかりやすいため、 梅雨時期は雨が当たらないようにしてあげるなどの工夫をしましょう。 疫病の箇所が見つかったら、すぐに除去しましょう。

うどんこ病は、植物の葉などが粉をまぶしたように白くなります。5月~6月と9月~10月に発生しやすい病気で、はじめはぽつぽつと白く粉をふいている感じに見えますが、悪化してくると植物全体に蔓延します。こまめにわき芽かきをして、葉が密集しないように管理しましょう。

目次に戻る≫

 

▼編集部のおすすめ

 

 

植物の悩みならLOVEGREEN(ラブグリーン)のQ&A

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「編集部のミニトマト栽培日記|日頃のお手入れ編」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN(ラブグリーン)の編集部アカウントです。育て方の記事や、編集部としての取材記事やオフィシャル情報などを配信。

このライターの記事一覧

おすすめ商品

【送料無料】おしゃれな鉢ですぐ植え替え アートストーン&ソーサーS ブラック + evo みどりが鮮やかになる土 2L+ evo 水はけをよくする鉢底石 2L セット

販売価格:3,443円(税込)

【送料無料】おしゃれなプランターで野菜を育てよう!LOVEGREEN STOREオリジナル家庭菜園ベーシックセット アートストーンプランター ラウンドM ブラウン+ evo 野菜ハーブの土12L

販売価格:5,995円(税込)

【送料無料】まとめて購入がお得!evo 野菜ハーブがおいしくなる土12L 4袋セット

販売価格:6,820円(税込)

SPECIAL

おすすめ

植物の悩みならLOVEGREEN(ラブグリーン)のQ&A