ミニトマトの育て方 〜お手入れ編〜

古幡真恵

古幡真恵

公開日 :

みなさんが育てているミニトマトは順調に育っていますか?

今回はミニトマトの日頃のお手入れ方法についてご紹介します。病害虫、追肥、水やりなどのお手入れポイントを把握することで、ミニトマトは元気に育ってくれます。

目次

ミニトマトの病害虫チェック

ミニトマトの追肥

ミニトマトの水やりなど

ミニトマトの病害虫チェック

新芽の先にアブラムシはいませんか?  ミニトマトの実のまわりにタバコガの幼虫が食べた小さな穴は開いていませんか?  日頃からミニトマトの苗をよく見て確認しましょう。  予防方法として、ニーム・木酢液などの希釈液を、ミニトマトの苗にスプレーしましょう。スプレーすることで害虫を防ぐだけでなく、葉に栄養も与えることができるのでしっかりお手入れしてあげましょう。  スプレー後希釈液が余ったら、土にそのまま与えても肥料代わりとなります。

新芽の先にアブラムシはいませんか?

ミニトマトの実のまわりにタバコガの幼虫が食べた小さな穴は開いていませんか?

日頃からミニトマトの苗をよく見て確認しましょう。

予防策として、ニーム・木酢液などの希釈液をミニトマトの苗にスプレーしましょう。スプレーすることで害虫を防ぐだけでなく、葉に栄養も与えることができます。

スプレー後希釈液が余ったら、土にそのまま与えても肥料代わりとなります。

目次に戻る≫

ミニトマトの追肥

作物に対して肥料が多すぎると、つるボケといって、葉ばかり茂って実がなかなか付かなくなります。  ミニトマトの追肥は、ミニトマトの実がピンポン玉くらいになった時からスタートし、その後は2週間おきに追肥をしましょう。  肥料を施す位置は、葉が広がった先よりも少し先の方に施します。というのも、だいたい根の広がりというのは、葉の広がりと同じくらいといわれています。そのため葉の先を目安に肥料を施します。  与えすぎに注意しつつ、しっかり肥料を与えましょう。

作物に対して肥料が多すぎると、つるボケといって、葉ばかり茂って実がなかなか付かなくなります。

ミニトマトの追肥は、ミニトマトの実がピンポン玉くらいになった時からスタートし、その後は2週間おきに追肥をしましょう。

肥料を施す位置は、葉が広がった先よりも少し先の方に施します。というのも、だいたい根の広がりというのは、葉の広がりと同じくらいといわれています。そのため葉の先を目安に肥料を施します。

与えすぎに注意しつつ、しっかり肥料を与えましょう。

目次に戻る≫

ミニトマトの水やりなど

ミニトマトは横にも縦にも、根を這わせますので、あまり頻繁に水をあげると深くまで根が生長しません。いい根を作るためにも、水の加減には注意しましょう。  加えて、トマトは水を少なめにした方が甘くなるといわれています。萎れない程度の控えめな水やりを心がけましょう。  反対に水をあげるときは、しっかり鉢底から水が出るくらいまで、水と一緒に空気も根に届けるようなイメージで水をあげてください。  ミニトマトは、あまり雨が当たってしまうと実が割れてしまったり、病気になりやすい傾向があります。梅雨のシーズンは軒下に移動するなどして、出来るだけ雨が当たらないようにしてあげましょう。  通常畑で栽培する際は、雨のはね返りによる病害虫を防いだり、夏の乾燥を防ぐために敷きわらを敷きます。  春夏のプランター栽培では、バーク堆肥などを敷いて、梅雨時期の雨のはね返り・乾燥を予防すると良いでしょう。

ミニトマトは横にも縦にも根を張るので、あまり頻繁に水を与えると深くまで根が生長しません。いい根を作るためにも、水の与えすぎには注意しましょう。

また、トマトは水を少なめにした方が甘くなるといわれています。しおれない程度の控えめな水やりを心がけましょう。反対に水をあげるときは、しっかり鉢底から水が出るくらいまで、水と一緒に空気も根に届けるようなイメージで水を与えてください。

 

雨が当たってしまうと実が割れてしまったり、病気になりやすい傾向があります。梅雨のシーズンは軒下に移動するなどして、出来るだけ雨が当たらないようにしてあげましょう。

通常畑で栽培する際は雨のはね返りによる病害虫を防いだり、夏の乾燥を防ぐためにしきわらを敷きます。

春夏のプランター栽培では、バーク堆肥などを敷いて梅雨時期の雨のはね返り・乾燥を予防すると良いでしょう。

▼編集部のおすすめ

目次に戻る≫

▼関連ワード

「ミニトマトの育て方 〜お手入れ編〜」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

LINE@
古幡真恵
古幡真恵

結婚・出産そして育児をしながら、学童保育所で食育を2年間指導後、農業研究センターで大豆と稲の研究作物栽培及び実験業務に従事。屋上ガーデン・屋上菜園の管理業務、エディブルフラワー店勤務を経て、現在はLOVEGREEN編集部とBotapii編集部のアシスタントとして、初心者からでも手を出しやすい家庭菜園やエディブルフラワーの記事、sanagardenコンテンツを配信。

おすすめ