外の寒さに負けない!おすすめハーブ4選

櫻井彩乃

櫻井彩乃

22927views
公開日 :
Tweet このエントリーをはてなブックマークに追加

logo getty

ハーブは種類によって、冬越しもできれば、お花も香りも毎年楽しめて、種類によってはいつでもお料理などにも活用することができます。一年中楽しめるハーブをご紹介します!

 

目次

カモミール

ミント

ラベンダー

ローズマリー

 

カモミール

カモミール

心を安らかにしてくれるハーブです。品種は一年草の「ジャーマンカモミール」と、多年草の「ローマンカモミール」があります。

カモミール

古くから薬草としての使われ、「マザーハーブ(母の薬草)」と呼ばれるほど。花を乾燥して紅茶などに入れて飲むとリラックスできそうですね!

カモミール

生花を浮かべてみると目でも楽しめます。

 

ミント

ミント

ミントは爽やかハーブですね。ミントは生育が盛んでどんどん増えていきます。そのまま増やしっぱなしにすると、香りが徐々に弱まってきますので、適度に剪定したり、切り戻しするのをお勧めします。

ミント

剪定したミントは、水栽培ができるので、フラワーベースに入れてお部屋に置くと爽やかな香りがするだけでなく、根っこを出し、増やすことができます。

ミント

ミントティーやミントアイスなどのデザートなどのトッピングにもいいです。

 

ラベンダー

ラベンダー

癒しを感じられるハーブで有名ですね。

ラベンダー

特にコモンラベンダーは、耐寒性が強く香りが強いハーブです。北海道でもよく見かけるラベンダーの種類です。香りが強いのでキャンドルと一緒に香りを楽しめます。

ラベンダー

高温多湿が苦手なので夏場と梅雨時期には気をつけましょう。ラベンダーは、ドライにしてポプリにしたりラベンダーティなどにも活用できます。

 

ローズマリー

ローズマリー

気持ちをピシッとしてくれそうな香りのハーブです。香りは集中力UPできそうなスパーシーだけど心地の良い香り。ローズマリーは、枯れにくく育てやすいので、人気のあるハーブです。

挿し木で増やすことができ、リースにして香りを楽しめます。

ローズマリー

また、魚肉料理やパスタ、ポテトなど幅広くお料理にも活用できるのが魅力的です。ハーブの香りのある生活をお楽しみくださいね。

「外の寒さに負けない!おすすめハーブ4選」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

LINE@
櫻井彩乃
櫻井彩乃

小さい頃から花や植物が好きで、自然がある暮らしについて自ら発信する側になりたいと思う中でLOVEGREENと出逢う。ガジュマルを増やしたりジュエルオーキッドの株分けなどで植物の生命力に日々感動。食べられる花エディブルフラワーにも感動し自ら少しずつ育成中。週末は荒れた田舎の庭DIYや家庭菜園、旅行、ショッピングなどアクティブに過ごす。自ら感じたことを通した花植物のあるライフスタイル提案を目指す。

オススメ特集