サンスベリアの花言葉|種類、特徴、色別の花言葉

LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN編集部

このライターの記事一覧

公開日 :

サンスベリアは剣状の葉がすらりとスタイリッシュでかっこいい観葉植物。サンスベリアの花言葉と種類についてご紹介。

 

サンスベリアの花言葉

サンスベリア」の花言葉は「永久」「不滅」。

 

サンスベリアについて

科・属  キジカクシ科・サンスベリア属
和名  虎の尾
英名  Sansevieria
学名  Sansevieria trifasciata cv. Laurentii
原産地  熱帯アフリカ
開花期  –

 

サンスベリアの特徴

サンスベリアはリュウゼツラン科の観葉植物です。肉厚で剣状や棒状の葉がすらりと育ちます。

サンスベリアの種類の中でも、「サンスベリア・ローレンチ」は、飲食店やオフィスなどでも大変よく見かける観葉植物です。剣のような葉が、すこしねじれながら林立する姿はユニークでエキゾチック。横に広がらず、縦に伸びていきますので、成長してもあまり場所を取ることがありません。そこも飲食店などで重用される理由でしょう。

 

サンスベリアの種類

サンスベリアは種類によって、大きさや見た目が大きく異なります。よく目にする剣状で横縞がはいっているものや、鋭い棒状に細くまっすぐ育つ品種や小型でかわいい品種など複数の種類があります。

 

空気清浄効果のあるサンスべリア

サンスベリアは空気清浄の効果を持っています。空気がどんどん綺麗になっていくといわれる、NASAが25年かけて研究したエコプラントの一種です。 

 

株分け・挿し芽でどんどん増える!

サンスベリアは、育成期になるとどんどん新しい芽をだし、育っていきます。葉がある程度増えてきたな、と思ったら、鉢の中も根でいっぱいになる頃です。鉢の種類によっては、根に押されて鉢が膨らんできたり割れたりすることもあるほどに根張りが強いので、そうなってしまう前に株分けなどをしてスペースを作ってあげましょう。

株分けの方法は、サンスベリアを鉢から抜いて根の土をよく落とし、ちょうど良い数になるように調整しながら株を分けていきます。分けた際の切り口が乾燥したら、そのまま土に植えつけてください。

挿し芽の場合は、葉を10cm程度に切り分け、川砂などに挿しておいてください。しばらくすると根を出し、脇からは芽が出てきます。

 

弓の弦としても使われたサンスベリア

サンスベリアは、弓の弦としても利用されていたよう。サンスべリアのある種の葉から丈夫な繊維が取れ、それを弓の弦として使っていたそうです。そこから弓弦麻とも呼ばれていたそうです。

サンスベリアの育て方など詳しい情報はこちら

サンスベリア・トリファスキアタ・ローレンティ

  • サンスベリア(サンセベリア)はキジカクシ科サンスベリア属に分類される熱帯アフリカが原産の観葉植物です。

    和名はチトセランで、トリファスキアタ・ローレンティは覆輪斑であるためフクリンチトセランとも呼ばれています。しかし、ローレンティもフクリンチトセランもあまり一般的ではないようで、流通する場合はサンスベリアやトラノオ(虎の尾)という名前が多いようです。

    トラノオはそのままの意味で、見た目が虎の尾に似ているからそう呼ばれるようになったそうです。

    サンスベリアは空気清浄能力が高く、さらには金運をアップさせる開運植物として売られることもあります。

    葉に水分を蓄えることが出来るため、乾燥に強く、逆に蒸れに弱いです。

サンスベリアの関連記事

庭リノベの無料相談、お見積はMIDOLAS

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「サンスベリアの花言葉|種類、特徴、色別の花言葉」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN(ラブグリーン)の編集部アカウントです。育て方の記事や、編集部としての取材記事やオフィシャル情報などを配信。

このライターの記事一覧

『誕生花・花言葉』デイリーアクセスランキング

おすすめ