スズラン(鈴蘭・すずらん)の育て方|植物図鑑

植物名
スズラン(鈴蘭・すずらん)
学名

Convallaria majalis

英名
Lily of the valley
和名
鈴蘭
科名
キジカクシ科
属名
スズラン属
原産地
ヨーロッパ・アジア

スズラン(鈴蘭・すずらん)の特徴

スズラン(鈴蘭・すずらん)は春に開花する多年草です。漢字で書くと「鈴蘭」ですが蘭の属性ではありません。自生するものでは、中部地方より北側の涼しい高原などに生えています。葉は緑色で幅5cm前後のものが2,3枚生えてきます。葉の間から真直ぐに花茎が伸びてきます。葉の長さは10cmほどですが、花茎はそれよりも長く生長します。そして、花茎から10個ほどの花を咲かせます。スズラン(鈴蘭・すずらん)というその名前の通り鈴のようなフォルムの花を下向きに咲かせます。スズラン(鈴蘭・すずらん)の花は真っ白で直径は1cmに見たない程小ぶりです。可憐で素朴なその姿が多くの人に愛されています。

スズラン(鈴蘭・すずらん)の詳細情報

園芸分類 球根
草丈・樹高 ~50cm程度
耐寒性 強い
耐暑性 強い
耐陰性 普通
花色
開花時期 4月~5月頃

スズラン(鈴蘭・すずらん)の育て方カレンダー

時期 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
植え付け
植え替え
肥料
開花

スズラン(鈴蘭・すずらん)の栽培環境

日当たり・置き場所

スズラン(鈴蘭・すずらん)は、強い直射日光は苦手です。明るい半日陰のような場所を好みます。落葉樹の下のような秋から春は日当たりが良くなるような場所が向いています。

用土

スズラン(鈴蘭・すずらん)は、保水性が高く水はけの良い土壌を好みます。鉢植えのスズラン(鈴蘭・すずらん)は市販の培養土で問題なく育ちます。

スズラン(鈴蘭・すずらん)の育て方のポイント

水やり

地植えのスズラン(鈴蘭・すずらん)は根付いてからは特に水やりの必要はありません。雨の降らない日々が続くようでしたら様子を見て水やりを行いましょう。

鉢植えのスズラン(鈴蘭・すずらん)は表土が乾いたらたっぷりと水やりを行います。

肥料

スズラン(鈴蘭・すずらん)の追肥のタイミングは5月~6月の生育期。鉢植えで育てているスズラン(鈴蘭・すずらん)には必要です。緩効性の化成肥料を1週間~2週間程度時間をあけて与えてください。地植えには追肥は必要ありませんが、養分の多い用土を植え付けの際に混ぜておくとよいでしょう。

病害虫

スズラン(鈴蘭・すずらん)は特に目立った病害虫の被害はありません。

スズラン(鈴蘭・すずらん)の詳しい育て方

選び方

スズラン(鈴蘭・すずらん)の苗は、葉のグリーンが瑞々しく張りのあるものを選びましょう。春であれば葉の中心部に花芽が上がっているものがいいでしょう。

植え付け

スズラン(鈴蘭・すずらん)の植え付けは、春から秋の暖かい日に行います。あまり深植えにしないようにしましょう。

剪定・切り戻し

スズラン(鈴蘭・すずらん)は花が終わったら花茎を付け根からカットします。葉は残して光合成をさせ、翌年の開花のために栄養を蓄えます。

植え替え・鉢替え

スズラン(鈴蘭・すずらん)の植え替えは春から秋の暖かい日に行います。スズランは地下茎で増える植物です。株分けもこのタイミングで行います。清潔なハサミで3~4節で切り分けて植え替えます。春に株分けを行う際には花芽を切り取らないように気をつけましょう。

スズラン(鈴蘭・すずらん)は4月~5月頃に釣鐘型の白く可憐な花を咲かせます。スズラン(鈴蘭・すずらん)の花には香水の原料にもなっているほどの芳香があります。

夏越し

夏はスズラン(鈴蘭・すずらん)にとって生育期です。特に必要な夏越しの作業はありません。

冬越し

スズラン(鈴蘭・すずらん)は冬は地上部が枯れたようになって越冬します。特に必要な冬越しの作業はありません。

増やし方(株分け、挿し木、葉挿しなど)

スズラン(鈴蘭・すずらん)は株分けで増やせます。春か秋の植え替えのタイミングで地下茎をハサミでカットして株分けを行います。

ニホンスズランとドイツスズランの見分けは?

一見すると同じように見えるニホンスズランとドイツスズラン。自生している様子を見れば、大きい方がドイツスズラン、葉の下に花が生えているのがニホンスズランと見分けがつきますが、花の部分だけを見るとなかなか見分けがつきません。しかし、たった一つ見分けられる方法があるのです。それは、花の中。真っ白な花の中に赤い点が付いている方がドイツスズラン、真っ白なのがニホンスズランです。現在出回っているスズラン(鈴蘭・すずらん)は中が赤いものが主流です。

 

5月1日はスズラン(鈴蘭・すずらん)の日

フランスでは5月1日、愛する人にスズラン(鈴蘭・すずらん)を贈る風習があります。この風習は1,500年代にまで遡ります。フランスの王様シャルル9世が5月1日に幸福を授けられると言うスズラン(鈴蘭・すずらん)の花束を受け取り大変喜びました。それからというもの、5月1日に愛する人に必ずスズラン(鈴蘭・すずらん)の花束を贈る事に決めたのです。この風習が庶民に広がり、そして今日まで続いていると言われています。日本でもこのスズラン(鈴蘭・すずらん)の日を浸透させようとする動きが有りますがまだまだ下火。貴方が実際に行って先駆者となってみては如何でしょうか。

 

スズラン(鈴蘭・すずらん)の毒

自生したスズラン(鈴蘭・すずらん)の葉を野草と間違えて採取し、口に含み毒が当たったという話は何例も起こっています。スズラン(鈴蘭・すずらん)は葉だけでなく、花にも根にも含まれているため、ペットを飼っている方はペットがスズラン(鈴蘭・すずらん)を口に入れることが無いように気をつけてください。

また、スズラン(鈴蘭・すずらん)の切り花が生けてあった花瓶の水も誤飲することのないように気をつけましょう。スズラン(鈴蘭・すずらん)を地植えしている場合は、柵で囲うなど対策をすると良いでしょう。

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る

人気の植物ランキング