スズラン(鈴蘭・すずらん)の育て方|植物図鑑

植物名
スズラン(鈴蘭・すずらん)
学名

Convallaria majalis

英名
Lily of the valley
和名
鈴蘭
科名
キジカクシ科
属名
スズラン属
原産地
ヨーロッパ・アジア

スズラン(鈴蘭・すずらん)の特徴

スズラン(鈴蘭・すずらん)は春に開花する多年草です。漢字で書くと「鈴蘭」ですが蘭の属性ではありません。自生するものでは、中部地方より北側の涼しい高原などに生えています。葉は緑色で幅5cm前後のものが2,3枚生えてきます。葉の間から真直ぐに花茎が伸びてきます。葉の長さは10cmほどですが、花茎はそれよりも長く生長します。そして、花茎から10個ほどの花を咲かせます。スズラン(鈴蘭・すずらん)というその名前の通り鈴のようなフォルムの花を下向きに咲かせます。スズラン(鈴蘭・すずらん)の花は真っ白で直径は1cmに見たない程小ぶりです。可憐で素朴なその姿が多くの人に愛されています。

スズラン(鈴蘭・すずらん)の詳細情報

園芸分類 球根
草丈・樹高 ~50cm程度
耐寒性 強い
耐暑性 強い
耐陰性 普通
花色
開花時期 4月~5月頃

育て方を見る >>

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る

人気の植物ランキング