カンパニュラの育て方|植物図鑑

植物名
カンパニュラ
学名

Campanula

英名
Bellflower
科名
キキョウ科
属名
ホタルブクロ属
原産地
ヨーロッパ

カンパニュラの特徴

カンパニュラは温帯地から冷帯地まで広く分布しています。多年草のものがほとんどですが、一、二年草のものも存在します。カンパニュラとはラテン語で「釣鐘」を意味します。花の形が釣鐘に似ていることからそう名付けられました。釣鐘型の花は直径5㎝前後。釣鐘型ではありますが、咲く方向は下向きは少しで、横向きから上向きがほとんど。色は紫や白、うすピンクや青系など寒色系が多いです。葉は地面と平行に、張り付くようにして生えるのが特徴です。草丈は30㎝から100㎝まで。グングン伸びます。草丈はこの様に長く成長するので、栽培の際は添え木が必要になります。

カンパニュラの詳細情報

園芸分類 草花
草丈・樹高 30cm~1m程度
耐寒性 弱い
耐暑性 やや強い
花色 青、白、ピンク、紫など
開花時期 5月~7月頃

育て方を見る >>

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る

人気の植物ランキング