カンパニュラの育て方|植物図鑑

植物名
カンパニュラ
学名

Campanula

英名
Bellflower
科名
キキョウ科
属名
ホタルブクロ属
原産地
ヨーロッパ

カンパニュラの特徴

カンパニュラは温帯地から冷帯地まで広く分布しています。多年草のものがほとんどですが、一、二年草のものも存在します。カンパニュラとはラテン語で「釣鐘」を意味します。花の形が釣鐘に似ていることからそう名付けられました。釣鐘型の花は直径5㎝前後。釣鐘型ではありますが、咲く方向は下向きは少しで、横向きから上向きがほとんど。色は紫や白、うすピンクや青系など寒色系が多いです。葉は地面と平行に、張り付くようにして生えるのが特徴です。草丈は30㎝から100㎝まで。グングン伸びます。草丈はこの様に長く成長するので、栽培の際は添え木が必要になります。

カンパニュラの詳細情報

園芸分類 草花
草丈・樹高 30cm~1m程度
耐寒性 弱い
耐暑性 やや強い
花色 青、白、ピンク、紫など
開花時期 5月~7月頃

カンパニュラの育て方カレンダー

時期 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
種まき
植え付け
植え替え
増やし方
剪定
肥料
開花
収穫

カンパニュラの栽培環境

日当たり・置き場所

湿気の少ない場所、風通しがよく日当たりのいい場所を選んでください。

用土

市販の園芸用、用土で十分対応できます。しかし、地植えの場合気を付けないといけないことが。カンパニュラは酸性の土と相性が悪く生育があまり見込めません。酸性土は避けましょう。自分の家の土がどんな種類かわからない、という方は、カンパニュラを植える土に石灰を混ぜておくと中和出来るので確実です。

カンパニュラの育て方のポイント

水やり

カンパニュラは湿気が苦手。なので、土が少し乾燥しているくらいが丁度よいでしょう。特に冬がそうです。土が乾いて幾日か経過した後にやっと水を与えるくらいで良いです。夏の暑い時期は土が乾いたら水をやってください。

肥料

花が咲くころに栄養が必要となります。3月~9月頃に追肥を行いましょう。頻度は週1回。液体肥料を与えるのが効果的です。週1回を忘れてしまうようなら、挿しっぱなしで栄養を与えられる液体肥料の購入をオススメします。

病害虫

乾燥した時期にやって来るのが「ハダニ」です。ハダニが寄生すると折角の花や葉、茎が荒らされ、食いつかれてしまいます。しかし、ハダニが付くことを予防するのは難しくありません。何故なら乾燥させない様に葉を濡らしてやれば良いのです。葉っぱに水を掛けるだけで予防出来ます。

カンパニュラの詳しい育て方

選び方

カンパニュラは種類が豊富な為、その種類によって苗、茎や葉の成長の仕方も違います。しかし共通して言えることは、葉に黄色や茶色などの変色が無いこと。葉が伸びすぎてだれきって無い事です。通信販売の場合は、実際の苗を直接見ることが出来ないので、出来れば園芸屋さんに足を運びご自分の目で確かめてください。

種まき

カンパニュラの種まきは二段階で行います。直接プランターなどに蒔かず、ビートバンに蒔くのです。底の浅いビートバンにカンパニュラの種を散布し”土を被せずに”成長経過を見ます。2週間弱で発芽、葉が2,3枚に成長したら、ポットに移し育成します。この過程を行ってから鉢または地植えをするのです。

植え付け

鉢植えの場合は、大きめの鉢を選びましょう。大きく成長するカンパニュラは植え替えを好みません。そこから動かさない前提で鉢を決めるのです。また、地植えの場合は、湿気の少ない場所、風通しがよく日当たりのいい場所を選んでください。こちらも植え替えはせず一か所で育てましょう。

剪定・切り戻し

花が付いているときに剪定は行わず、花が咲き終わった後、花殻を摘み取りましょう。またこの時、枝も一緒に切り離してしまうのではなく、枝は残しておく方が新しい成長を促すことが出来ます。

5月~7月頃に花を咲かせます。

収穫

花が咲き終わり、花殻を摘まずにいるとだんだん茶色くなりついに種の入る袋が完成します。しばらく経てば大きくなり、種が出来上がるのです。黒い小さな粒がカンパニュラの種。自分で種まきをしたい方は、花の咲き終わった7月~8月頃収穫を試みてください。

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る

人気の植物ランキング