ツツジ(躑躅・つつじ)の育て方|植物図鑑

植物名
ツツジ(躑躅・つつじ)
学名

Rhododendron

英名
Azalea
和名
躑躅
科名
ツツジ科
属名
ツツジ属
原産地
東アジア

ツツジ(躑躅・つつじ)の特徴

ツツジ科ツツジ属の植物。花のピンク色がとても鮮やかで印象的な植物です。学校の生垣などとしても使われています。花の奥には甘い蜜があり、蜜を吸った思い出がある方も多いのではないでしょうか。種によって違いますが、毒があるので注意。

ツツジ(躑躅・つつじ)の詳細情報

園芸分類 草花
草丈・樹高 50cm~2m
耐寒性 強い
耐暑性 強い
花色 白,赤,濃いピンク,オレンジ,黄,紫
開花時期 4~5月

ツツジの斑点模様の意味

ツツジの花びらをよく見ると上方の花びらにだけ斑点があります。これは「蜜標」または「ガイドマーク」とよばれ、昆虫に蜜腺があることを伝え、花粉を運んでもらうために誘う役目をしています。実際、蜜は花の中央でなくこの斑点のある花びらにあるようです。子供のころ、ツツジの蜜を吸ってその甘味を味わった経験のある方もいると思いますが改めて観察してみてはいかがでしょうか。ちなみにハウスの中で人の手によって育てられている品種の中には昆虫に受粉してもらう必要がないため斑点をもたないものもあります。

 

世界最古のツツジ、サツキ専門書

元禄5年(1692年)に江戸染井村で植木屋を営んでいた伊藤伊兵衛によって「錦繍枕きんしゅうまくら」が刊行されましたがこれは世界最古のツツジ、サツキの図入りの解説書です。この書のなかでツツジ175品種、サツキ161品種が紹介されています。当時すでにツツジもサツキもすでに数百種類におよぶ品種がつくられていたことがわかります。

育て方を見る >>

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る

人気の植物ランキング