ノースポールの育て方|植物図鑑

植物名
ノースポール
学名
Leucanthemum paludosum
英名
Snow daisy、Northpole、Chrysanthemum
科名
キク科
属名
フランスキク属
原産地
北アフリカ

ノースポールの特徴

見た目はマーガレットのような花をつけるノースポール。同じキク科なので間違えてしまうのも無理はありませんが、マーガレットはモクシュンギク属でノースポールはフランスギク属です。花の大きさは直径にすると5cm未満の花が多いです。平均して直径3cm~5cmの花をつけます。中心が黄色、花弁が白。薄ボケた黄色と白ではなく、はっきりとした濃い色の黄色と白の花をつけます。特徴的なのは花だけではありません。その葉も特徴的です。葉丈は20cm前後まで成長し、四方に葉を茂らせます。葉は丸みを帯びた形状ではなく、ギザギザとしたのこぎりのような形を成します。

ノースポールの詳細情報

園芸分類 草花
草丈・樹高 20cm前後
耐寒性 強い
耐暑性 やや弱い
花色
開花時期 12月~5月頃

ノースポールの育て方カレンダー

時期 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
種まき
植え付け
植え替え
剪定
肥料
開花
収穫

ノースポールの栽培環境

日当たり・置き場所

ノースポールは、日当たり、風通しのよい場所で育てます。

用土

ノースポールは、蒸れには弱いので、水はけのよい土に植えましょう。地植えのノースポールは土の栄養を高めるために、腐葉土を混ぜておくと良いでしょう。また水はけが悪そうな場合はウッドチップを適度に蒔くのも効果的です。鉢植えのノースポールは赤玉土と腐葉土を用意し混ぜ合わせて作るか、花用の培養土を利用します。

ノースポールの育て方のポイント

水やり

土が乾いたらたっぷりと水を上げます。ノースポールは、乾燥には強いですが、蒸れには弱いので、水のあげすぎは禁物です。

乾いたら・・・最初に植えこんで水やりをした時の土の表面をよく見ておいてください。使う土の種類によりますが、黒だったり、茶色だったりと、ダーク系の色のはずです。それが乾いてくると、元の色より白っぽくなります。この状態が「乾いたら」です。
たっぷりと・・・株に、と言うよりは、土の表面に優しく何回かに分けて水をあげると、しばらくすると鉢底から水がこぼれてきます。この状態が土に水がたっぷりと浸透したサインです。

肥料

開花期間中、月に2~3回程度、追肥します。肥料は少なめでも育ちます。肥料が足りなくなると、葉が黄色くなったりすることがあります。

病害虫

葉がいつまでも乾かないと、灰色かび病立ち枯れ病になることがあります。特に冬場の水やりは午前中に行って、夜まで葉が濡れていない状態にするとよいでしょう。暖かくなり、苗が弱り気味になると、アブラムシがつくことがあります。

ノースポールの詳しい育て方

選び方

背丈の大きいものが良い苗とは限りません。きちんと全体を見て、また細かな部分も見てから苗を手に取りましょう。一目で良い苗かわかるのは葉の色です。緑の濃いものは成長の見込みがあるので手に取って間違いありません。また、土にほど近い部分まで葉が成長してるとより良いでしょう。花が付いていてもまたすぐに別の場所から花が咲いてくるので問題はありません。

種まき

ノースポールの発芽適温は、15度~20度です。9月の後半以降が最も発芽率がよいでしょう。残暑が厳しいと、管理の過程でうまくいかないことがあります。プランターを用意し10cmほどの等間隔で種を蒔いて、発芽し葉の成長も安定した時に植え替えを行います。

植え付け

植え付けは秋の気候が安定しているうちに行います。霜が降りだしてからの地植えは、植え付けたとたんに根がやられてしまう可能性があります。ノースポールは鉢植えでも地植えでも栽培可能です。寒さに弱くありませんが、雪の酷い場所では室内で育てるのが良いでしょう。植え付けする時は茎の根元まで土をかけてください。

剪定・切り戻し

秋から植え付けたノースポールは、3月~4月ごろに生長が盛んになり、葉が茂ってきます。その時点で、全体の1/3~1/2で切り戻しをすると、切った部分から分枝して、脇芽がでてくるので、きれいな花姿になり、花芽もたくさんできます。

植え替え・鉢替え

ノースポールは、1年草のため、植え替えの必要はありません。

ノースポールは、12月~5月頃の長期間開花します。

収穫

ノースポールの種が採取できるのは花が咲き終わってから。咲き終わりはそれぞれに寄りますが、正しく育てれば5月頃に花の見ごろは終わります。その後に花が枯れ同じ場所から種が出来るので採取します。花が枯れた1か月前後が目安と覚えておくと良いでしょう。

夏越し

ノースポールは、梅雨の前あたりで終わる1年草のため、夏越しの必要はありません。

冬越し

寒さには強い植物です。特に冬越しの必要はありません。

増やし方(株分け、挿し木、葉挿しなど)

種で増やします。きれいな株を保つには、終わった花がらをまめに摘み取ることが大事ですが、種を採りたい場合は、終わった花をそのままにしておきます。

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る
LINE@

人気の植物ランキング