冬場のベランダでも育つ! 寒さに強い草花や植物をご紹介

熊木健二

熊木健二

49055views
公開日 :
Tweet このエントリーをはてなブックマークに追加

この季節のベランダは、どのような感じでしょうか。

うちには、まだ元気で育っているものや枯れてしまったものなど様々なものがあったりします。寒いから、置く花や植物たちがいなくてベランダが寂しくなるな…。そんなことはありません、冬場でも寒さに強い花・植物はいるんです。

目次

ビオラ

ノースポール

ガーデンシクラメン

スノードロップ

クリスマスローズ

ローズマリー

ハボタン

コニファー

宿根イベリス

シロタエギク

 

1.ビオラ

ビオラといえば、この寒い季節のガーデニングの定番種。初心者でも簡単に育てることができ、カラーのバリエーションも多くて楽しませてくれます。

 

日光が好きなので、よく日光の当たる場所で管理しましょう。

▼ビオラの育て方はこちら

ビオラ

  • ビオラは開花期間がとても長く、適切な手入れをすれば、次々と花が咲くので、初心者が大変育てやすい植物です。品種が豊富で、原色に近い黄色、鮮やかなオレンジ、薄い青から濃い紫、赤、白、黒等。単色の他、複色もあり、その数は数えきれません。毎年新品種が作りだされています。花の大きさは大まかに分けて2種類あります。花径は小輪で2~3cm、中輪で3~4cm。パンジーと比べて小ぶりなのがその特徴です。

 

2.ノースポール

キク科の「ノースポール」は、冬を連想させる真っ白な花。寒さにも強く、冬のガーデニングにバッチリです。

▼ノースポールの育て方はこちら

ノースポール

  • 見た目はマーガレットのような花をつけるノースポール。同じキク科なので間違えてしまうのも無理はありませんが、マーガレットはモクシュンギク属でノースポールはフランスギク属です。花の大きさは直径にすると5cm未満の花が多いです。平均して直径3cm~5cmの花をつけます。中心が黄色、花弁が白。薄ボケた黄色と白ではなく、はっきりとした濃い色の黄色と白の花をつけます。特徴的なのは花だけではありません。その葉も特徴的です。葉丈は20cm前後まで成長し、四方に葉を茂らせます。葉は丸みを帯びた形状ではなく、ギザギザとしたのこぎりのような形を成します。

 

3.ガーデンシクラメン

花鉢で人気の高いシクラメン。寒さにも強く、火花のようなお花を咲かせてくれます。霜に当たっても枯れることはありませんが、マイナス5度を下回ると枯れてしまうので、寒冷地では注意が必要です。変わった咲き方のシクラメンもあるので探してみてくださいね。

▼ガーデンシクラメンの育て方はこちら

ガーデンシクラメン

  • ガーデンシクラメンとは名前からもわかるように、シクラメンを品種改良した品種です。

    シクラメンは通常冬に弱くすぐ枯れてしまいますが、そのウィークポイントを克服しようと開発されたのがこのガーデンシクラメンです。品種改良され冬に強くなり、夏以外は葉や茎が成長し花を咲かせます。草丈は約15cm程に成長します。シクラメンよりも少々小さいのが特徴でしょう。花の色はシクラメンとほぼ変わらず赤や白、ピンクと色の濃いものを咲かせます。ガーデンシクラメンは一本生えた草に一つの花を咲かせるので、寄せ植えなど冬のガーデニングとして定番で良く用いられます。

 

4.スノードロップ

特に手のかからなく、寒さにもとても強いスノードロップ。

屋外の日当たりの良い場所で管理しましょう。暑さには少し弱いので、夏は半日蔭で直射日光を避けて管理して下さい。加湿にすると、球根が腐る事がありますので注意しましょう。

用土は水はけの良い良く肥えた土が良いです。増やし方は球根に子株が出来ますのでそれをはずして増やす事が出来ます。冬場に美しい花をベランダで楽しんでみたいですね!

▼スノードロップの育て方はこちら

スノードロップ

  • 「マツユキソウ(待雪草)」とその仲間を総称して「スノードロップ」と呼びます。秋頃から地中で根を伸ばし、まだ寒い時期に芽を出し、他の花も咲かない早春に花をつけることから、人々に春の始まりを告げる存在として親しまれてきました。雪の残る中でも花茎をすっと伸ばし、一輪ずつ花を咲かせます。下向きの白い花は、まさに雪がしずくとなったようです。つややかな光沢のある葉もまた美しいものです。 日本では「ジャイアント・スノードロップ」や「フロレ・プレノ」など数種が中心ですが、イギリスでは品種改良がとても盛んで数百種に達するともいわれています。

    スノードロップは、一度植え付けてしまえば、特別な手入れをする必要がないので、育てやすい草花です。

 

5.クリスマスローズ

下向きなのに麗しいクリスマスローズ。寒さには強く、霜に当たっても傷みはしますが、枯れることはありません。とはいえ、できれば、低木の足元に植えるか、簡単な霜よけがあるといいようです。寒さに強く霜に当たっても枯れないのですがマイナス5度くらいまで下がると葉っぱが痛み、茎がダラっとなり傷んでしまいます。

 

鉢植えにした場合で、強い寒気が来るときは軒下に入れてあげてくださいね。

▼クリスマスローズの育て方はこちら

クリスマスローズ

  • クリスマスローズは、クレマチス、ラナンキュラス、アネモネなどと同じキンポウゲ科の植物です。日本では他のヘレボルス属を全てひとくくりにクリスマスローズと呼びますが、欧米ではヘレボルスが一般的な名前です。クリスマスローズには根から茎が真っ直ぐ立ち上がって葉を茂らせ、茎の先端に花を咲かせる「有茎種」と根から葉の茎と花の茎が別々に育ちそれぞれに葉と花を咲かせる「無茎種」が存在します。

 

6.ローズマリー

人気のローズマリーは、暑さにも寒さにも強いです。冬場も0度くらいまで、外でも耐えることができるよう。オフィスのルーフバルコニーでも元気で育っています。

 

こちらは匍ふく性のローズマリー。小さな花の蕾をつけていました。

▼ローズマリーの育て方はこちら

ローズマリー

  • 「ローズマリー」は、地中海沿岸地方が原産のハーブです。清々しい香りが特徴で、乾燥させてお茶や料理などに使われています。抗酸化作用もあり「若返りのハーブ」とも呼ばれます。花色や形は種類によって異なりますが、小さな花が連なり咲きます。

 

7.ハボタン

冬のベランダや庭を彩るアブラナ科のハボタン。日当たりのいいところで管理しましょう。

▼ハボタンの育て方はこちら

ハボタン(葉牡丹)

  • 葉牡丹は冬の殺風景な景色を彩るアブラナ科の植物です。ヨーロッパから輸入された当時は食用として出回っていましたが、現在では観賞用として栽培されるのが一般的です。見た目、形はキャベツを連想させる造りになっています。キャベツから葉牡丹へ品種改良された為、この様な形になっていると言われています。葉は円形状で幾重にも重なっていて、ふちをギザギザや丸でかたどっています。色は外側が緑、内側が白もしくは紫で構成されています。牡丹のようにも見えることから「葉牡丹」と名付けられました。また、葉牡丹の茎はグングンと成長し、種類によっては100㎝を超すものまで。伸びすぎた茎は支柱が必要になります。

 

こんな可愛いらしいサイズのハボタンも!

▼ハボタンには美しい種類がたくさん

 

8.コニファー

右側のコニファー・ゴールドクレスト。園芸用に用いられるヒノキやマツなどの針葉樹の総称をコニファーと呼んでいます。コニファーには様々な種類があります。近年ではヨーロッパから入ってきた園芸用の針葉樹を指すことが多いです。そのため、寒さに強く冬場のベランダを彩ります。

▼コニファーの育て方はこちら

コニファー

  • 園芸用に用いられるヒノキやマツなどの針葉樹の総称をコニファーと呼びます。近年ではヨーロッパから入ってきた園芸用の針葉樹を指すことが多いです。コニファーには、様々な種類があります。すっきりとした姿と緑の葉が特徴ですが、たくさんの品種があるため、こんもりと生い茂るものから円錐形の姿のもの、シルバーリーフと呼ばれる銀色を帯びた葉から明るい黄緑色、新緑のものまで色も樹形も千差万別です。鉢植えに適するもの、地植え向きのもの、どちらにも使えるものと用途も幅広く、寄せ植えの引き立て役や庭木、街路樹にと様々な場面で植えられています。またクリスマスシーズンのリースづくりには、材料としてコニファーは欠かせません。

 

9.宿根イベリス

アブラナ科の宿根イベリス。耐寒性があり、庭植え・鉢植えに使われる人気の草花。

 

日当たりのいいところで、水はけのいい土に植えて管理しましょう。

▼イベリスの育て方はこちら

イベリス(キャンディタフト)

  • 春にたくさんの小花を咲かせるアブラナ科の草花です。イベリスは、1年草と多年草の品種があり、花丈も60cm前後くらいの丈になる品種と、グランドカバーなどの用途に使える丈の低い品種と多様です。花色は、白が中心ですが、ピンク系や紫系もあります。花丈が高くなる一年草のイベリス・ウンベラータは、切り花としても流通しています。

 

10.シロタエギク

シルバーリーフといえば、必ずといっても良いほど名前があがるシロタエギク。英名ではダスティーミラーとも呼ばれ、生花としてお花屋さんにも並びます。冬らしい演出をするのに、ぴったりのカラー。

 

このような丸葉が可愛い種類も出回っています。

▼シロタエギクの育て方はこちら

シロタエギク

  • シロタエギクはキク科の常緑多年草で、シルバーリーフといえば、必ずといっても良いほど名前があがる植物です。品種によって葉の形が異なりますが、一般的にシロタエギクというと、セネキオ・キネラリアをさすことが多いです。美しい葉の色や形から、使用用途が、寄せ植えや花壇のリーフプランツとして使われることが多いですが、剪定しないでおくと黄色い花を咲かせます。

 

midolas

「冬場のベランダでも育つ! 寒さに強い草花や植物をご紹介」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

LINE@
熊木健二
熊木健二

幼少期から瓦屋根の家の庭や野山で昆虫を探す少年でした。高校は農業高校へと進み、野菜の栽培や植物バイオテクノロジー、ビオトープや植栽管理等を学べる生物生産科に入る。大学進学は土木を専攻。公共空間の設計演習や農業・農村、まちづくりについて取り組む。大学卒業後は小田急ランドフローラへ入社し小田急フローリストで2年半店舗勤務。週末はたまに知り合いの花屋を手伝う。趣味は珈琲・写真・イラスト、植物を育てること。