ランタナの育て方|植物図鑑

植物名
ランタナ
学名

Lantana

英名
Lantana
和名
七変化
科名
クマツヅラ科
属名
シチヘンゲ属
原産地
熱帯・亜熱帯アメリカ

ランタナの特徴

ランタナはクマツヅラ科の常緑低木。本来は常緑ですが冬の寒さや霜に弱く枯れてしまう事があるので一年草扱いされる場合もあります。暖かい地域では冬越しも可能で低木になっていきます。茎葉には細かいトゲがあり触るとチクチクします。葉っぱも触り心地は表面がざらついています。熱帯地方原産の花で、日本では小笠原諸島など暖かい地方に分布をしてます。鉢花や挿し木の苗が多く流通し、園芸用に楽しまれています。ランタナは、次々とわき芽を増やし、横に広がって成長していきます。花は1mm四方の小さな花が一か所にいくつもひしめき合って徐々に花が咲ます。咲き進むたびに花色が一色だけではなく、グラデーションのような花色が楽しめます。ランタナは常緑低木なため、背丈もそんなに高くなく20cm程。高くても100cmに満たないです。また横幅も30cm前後なのでコンパクトに咲く花としても知られています。

ランタナの詳細情報

園芸分類 草花
草丈・樹高 30~100cm
耐寒性 やや弱い
耐暑性 強い
花色 白、赤、ピンク、オレンジ、黄、複色
開花時期 5~10月に七変化という和名に相応しい、一株で色々な花色が咲きます。

世界の侵略的外来種

絶滅危惧種として保存される植物は数多くありますが、その正反対があるのもご存知でしょうか。それは国際自然保護連合が定める「世界の侵略的外来種」で、ランタナも含まれています。ランタナはとても自制力が高く、種は一株に約12000個も付けます。その種には「アレロパシー物質」という他の植物の成長を抑える成分が含まれており、ランタナだけしか育たない環境を作ってしまうのです。日本でも「要注意外来種生物リスト」に含まれているほどです。他の植物を守るためにも、ランタナを栽培する時には種の放出まで管理しましょう。

ランタナの別名

ランタナの花は小さな花が集合し徐々に花を咲かせるという特殊な咲き方をします。姿かたちはアジサイに似ており咲く時期も同じな事から稀にアジサイと間違われることもありますが全く別の種類です。なにより花の色が決定的に違いますしね。ランタナの別名をご存知ですか?ランタナは蕾から花が咲き日が経つにつれて徐々に変化していく…その姿から「七変化」と呼ばれているのです。その様変わりは正に手品の様。ふと目を離した隙に色合いが全く変わっているのです。ころころ変わる花色に心奪われるのもよいのではないでしょうか。

育て方を見る >>

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る

人気の植物ランキング