アジュガの育て方|植物図鑑

植物名
アジュガ
学名

Ajuga reptans

英名
Ajuga、Bugle
科名
シソ科
属名
アジュガ属
原産地
アジア、ヨーロッパ

アジュガの特徴

アジュガはシソ科の植物で、暑さ寒さに強く、子株のついたランナーを旺盛に伸ばし、日当たりのよくない場所でもよく増えます。アジュガは地面を覆うように生長する「匍匐(ほふく)性」なのでグランドカバーにうってつけです。春になると低く茂った葉の間から花茎を直立させ、紫やピンクの小花をいっせいに咲かせます。日本では「ジュウニヒトエ(十二単)」が自生しています。丈夫な反面、意図しないところまでアジュガで覆われてしまった…ということも。庭植えの場合、どこまでアジュガを使うのかイメージし、伸びてくるランナーを適宜誘導しながら調整していくと美しく仕上がります。

アジュガは耐陰性のある常緑多年草なので、シェードガーデン(日陰の庭)のグランドカバーに利用できます。花の色、葉の色など多品種があるので、花の咲く時期と花がない葉っぱのみの時期の色を考えた場所に植え付けると、見栄えのする植栽となります。

アジュガの詳細情報

園芸分類 草花
草丈・樹高 ~30cm程度
耐寒性 強い
耐暑性 やや弱い
耐陰性 強い
花色 紫系濃淡、ピンク
開花時期 4月~5月頃

アジュガの育て方カレンダー

時期 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
種まき
植え付け
植え替え
肥料
開花

アジュガの栽培環境

日当たり・置き場所

アジュガは耐陰性の強い草花なので、1時間程度は日照時間を確保でき、風通しと水はけのよい場所なら栽培可能です。

用土

赤玉土、腐葉土、ピートモスで水持ちのよい用土を作ります。地植えのアジュガは腐葉土とピートモスを多めに混ぜ込みましょう。

アジュガの育て方のポイント

日常の管理

地植えのアジュガは一度植栽すれば、ほとんど管理の手間はいりません。これ以上伸びてほしくないような限られたスペースに植栽した場合には、定期的に生長をチェックしましょう。

水やり

土の表面が乾き気味になったら、たっぷり与えます。アジュガは乾燥が苦手なので、ほどほどに湿った状態を維持しましょう。

肥料

植え付けの際に遅効性の肥料を置いておけば基本的に必要はありません。花後にお礼肥として薄めの液肥をあげてもよいでしょう。

病害虫

春先から夏にかけてアブラムシハダニに注意します。灰色カビ病にかかりやすいので古い葉はこまめに取り除きましょう。

アジュガの詳しい育て方

選び方

アジュガは多くの品種があるので、お目当てのものを見つけるにはまず、グランドカバー用の植物に強いショップを探しましょう。すぐ生長するので庭植えは30cm間隔で植えることを想定して数を調整してください。

アジュガの葉は、斑入りやダークカラーなど、いろいろな葉の色合いの品種があるので、花の色だけでなく花が咲いていない葉っぱだけの時もお気に入りの種類を選ぶとよいでしょう。アジュガの苗は、通常は3号ポット苗での販売が一般的ですが、最近は寄せ植え用に小さな号数のポット苗も出回っています。

種まき

アジュガは苗での販売が主なので、自分で採取します。春か秋、薄く土をかぶせ、発芽まで湿った環境を維持します。葉挿しでも増やせます。

植え付け

アジュガは耐陰性の強い草花なので、1時間程度は日照時間を確保でき、風通しと水はけのよい場所に植え付けましょう。アジュガはランナーを切り取ることで簡単に株分けできます。

仕立て方

アジュガは横に広がる性質です。庭の植栽の中で、どこまでアジュガを使うのかイメージし、伸びてくるランナーを適宜誘導させたり剪定したりして調整していくと美しく仕上がります。アジュガはグランドカバーとして、花壇やコンテナなどの縁取りとして使用することができます。

アジュガは常緑多年草なので、冬場も地上部分に葉があります。花もかわいいアジュガですが、カラーリーフとしても優秀な草花です。

剪定・切り戻し

花の咲き終わった茎を切り詰めると、新しいランナーが伸びてさらに増えていきます。意図しない方向にも伸びていきますので不定期でトリミングが必要です。

植え替え・鉢替え

地植えのアジュガは植え付け後5年以上経過して花つきが悪い、生育が悪いなどの状態になったら、掘り起こして移植するか、土を入れ替えて植え替えます。鉢植えのアジュガは根が回ってきたら、一回り大きめな鉢に植え替えるか、株を整理して同じ鉢に植えなおします。

アジュガの花は4月~5月に開花します。春になると地を這うような葉っぱから、花茎が立ち上がり穂状の花が開花します。花の色はピンク系や紫系です。アジュガは植え付けて数年もすると、地面一面に花が咲き、花のかわいいグランドカバーになります。

夏越し

アジュガは暑さにはやや弱いので、真夏に日差しがきつい場所に植え付けるのは避けましょう。

冬越し

アジュガは耐寒性のある植物ですが、葉が霜にやられることがあります。霜の降りない軒下に植えるか、霜よけ対策は必要です。

増やし方(株分け、挿し木、葉挿しなど)

アジュガはランナーを切り取ることで簡単に株分けできます。また、アジュガは葉挿しでも増やすことができるほど、繁殖力の旺盛な草花です。

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る

人気の植物ランキング