10月の寄せ植えに使いたい花12選

戸松敦子

戸松敦子

このライターの記事一覧

公開日 :

10月の寄せ植えに使いたいメインの花と小花、実ものやカラーリーフをご紹介!10月は秋がぐっと深まりとても涼しく過ごしやすくなります。秋の風情を感じる草花をゆったりした気持ちで育てたいですね。10月の寄せ植えづくりのポイントや管理方法についてもお話しします。

目次

10月の寄せ植えづくりのポイント

10月は人も植物も過ごしやすい絶好のガーデニング日和が続きます。からっとした秋晴れの空の下で緑や土にふれる作業はとても快適で、やわらかい日差しの中でしっとりとゆっくり生長する植物の姿を見ると穏やかな気持ちになれます。  9月はまだ暑かったので秋の寄せ植えをつくっていなかったという方も、ぜひ10月に秋ならではの寄せ植えをつくって寒くなるまでたっぷりお楽しみください。前回「9月の寄せ植えに使いたい花10選とカラーリーフ5選」で紹介した草花はもちろん10月でも使えます。参考にされてください。

10月は人も植物も過ごしやすい絶好のガーデニング日和が続きます。からっとした秋晴れの空の下で緑や土にふれる作業はとても快適で、やわらかい日差しの中でしっとりとゆっくり生長する植物の姿を見ると穏やかな気持ちになれます。

9月はまだ暑かったので秋の寄せ植えをつくっていなかったという方も、ぜひ10月に秋ならではの寄せ植えをつくって寒くなるまでたっぷりお楽しみください。前回「9月の寄せ植えに使いたい花10選とカラーリーフ5選」で紹介した草花はもちろん10月でも使えます。ご参考にどうぞ。

▼9月の寄せ植えにおすすめの草花はこちら

春にも秋にも流通している花や、四季咲きの花も、秋に植えると春とは育ち方や姿も一味違う印象になり驚きます。秋は濃い茶色の手つきのバスケットを器に使うと風情が出ていいですね。

また、10月末はハロウィン。オレンジや黄色、紫、黒、赤を意識して苗を選ぶとハロウィン風の寄せ植えができます。カボチャなどのハロウィン装飾と一緒に寄せ植えを飾ってハロウィン気分を盛り上げても楽しくておすすめです。

今回紹介する花から一つ、実から一つ、小花やカラーリーフから一つ好みの苗を選んで3ポット組み合わせるだけでも簡単に秋の寄せ植えができます。

▼10月におすすめの寄せ植えのつくり方はこちら

目次に戻る≫

10月の寄せ植えに使いたい花12選

フォーチュンベゴニア ~シュウカイドウ科 半耐寒性球根~

フォーチュンベゴニアは、華やかでつやがある大輪の花が魅力の球根ベゴニア。どんな花とも相性が良く、寄せ植えのメインになります。花色はオレンジ、赤、ピンク、オレンジ、黄色、白などがあります。フォーチュンベゴニアは春にも出回るのですが、夏の高温多湿が苦手なので温暖地では秋に植える方がおすすめです。気温が下がるにつれて花が大きくなり、花色も花もちも良くなるので秋から冬までその美しさを満喫できます。軽い霜程度には耐えますが、株が凍ると枯れてしまいます。球根を凍らないように管理すると春には芽が出て初夏に花が咲きます。

フォーチュンベゴニアは、華やかでつやがある大輪の花が魅力の球根ベゴニア。どんな花とも相性が良く、寄せ植えのメインになります。花色はオレンジ、赤、ピンク、オレンジ、黄色、白などがあります。フォーチュンベゴニアは春にも出回るのですが、夏の高温多湿が苦手なので温暖地では秋に植える方がおすすめです。気温が下がるにつれて花が大きくなり、花色も花もちも良くなるので秋から冬までその美しさを満喫できます。軽い霜程度には耐えますが、株が凍ると枯れてしまいます。球根を凍らないように管理すると春には芽が出て初夏に花が咲きます。

フォーチュンベゴニア

  • フォーチュンベゴニアは、華やかでつやがある大輪の花が魅力の球根ベゴニアです。春にも出回りますが、夏の高温多湿を嫌うので、温暖地では秋に植えるのがおすすめです。秋の低温・短日期にも花が咲きやすい特徴があり、気温が下がり始める秋から育てることで、秋から冬まで存分にその美しさを楽しむことができます。 フォーチュンベゴニアの花は、気温が高い時期は少し小さく咲き、開花期間も短めなのですが、気温が下がる秋に花は大きくなり、花色もより美しく、花持ちも良くなります。秋が深まるにつれてこんもりと生長し、どんどん花芽をつけてたくさんの花を咲かせます。温暖地で9月に植え付けた株は12月には3倍程度に生長します。 フォーチュンベゴニアは、1ポットの中に八重咲きの雄花と一重咲きの雌花が咲き、1ポットで2種類の花形が楽しめることが魅力です。シンプルで可愛い一重のピコティ(縁取り)咲きの虹色フォーチュンベゴニアは、雄花は大輪で花びらの縁取りが美しい一重咲きで、雌花も一重咲きです。 フォーチュンベゴニアはどのような花とも相性が良く、寄せ植えのメインとなります。花色のバリエーションも咲き方も豊富なので様々なイメージを楽しむことができます。 軽い霜程度には耐えますが株が凍ると枯れてしまいます。球根を凍らないように管理をすると、春には芽が出て初夏に花が咲きます。

▼渋谷園芸の樺澤智江さんに教わった、フォーチュンベゴニアを使った寄せ植えはこちら

ジニア ~キク科 非耐寒性一年草~

ジニアは春から秋まで、暑い時期にも花が休むことなく咲き続ける一年草。暑さには強いのですが、あまりの暑さで花色があせてしまったり、水やりを忘れてしまう日が続くと立ち枯れてしまったり、梅雨時にはうどんこ病にかかりやすいこともあります。その点、秋のからっとした気候とやわらかい日差しの中で育てるジニアは、しっとりと美しく育つのでおすすめです。  ジニアはたくさんの種類があり、背が高いもの低いもの、花のサイズも咲き方も様々。花色は、赤、ピンク、オレンジ、黄色、白、アプリコット、アンティークカラー、複色などがあります。

ジニアは春から秋まで、暑い時期にも花が休むことなく咲き続ける一年草。暑さには強いのですが、あまりの暑さで花色があせてしまったり、水やりを忘れてしまう日が続くと立ち枯れてしまったり、梅雨時にはうどんこ病にかかりやすいこともあります。その点、秋のからっとした気候とやわらかい日差しの中で育てるジニアは、しっとりと美しく育つのでおすすめです。

ジニアはたくさんの種類があり、背が高いもの低いもの、花のサイズも咲き方も様々。花色は、赤、ピンク、オレンジ、黄色、白、アプリコット、アンティークカラー、複色などがあります。

ジニア

  • ジニアは暑い時期にも花が休むことなく咲き続ける一年草です。ジニアが和名で百日草と呼ばれているのは、百日という長い間咲き続けることからですが、今では5月~11月と百日どころではない長期間咲く草花です。 最近ジニアの新品種が続々と登場し、ビビッドな色からシックな色、また単色だけでなく複色カラーも多く色幅が多いのも魅力です。 ジニアはたくさんの品種と系統があります。草丈も高性種から矮性種まであり、花のサイズも超大輪、大輪、中輪、小輪と色々。咲き方もポンポン咲き、カクタス咲き、ダリア咲き・・・などとても多様です。 ジニアの最も一般的な品種がエレガンスの系統です。その他リネアリス(ホソバヒャクニチソウ)、プロフュージョンなど最近開発された品種もあります。 最近のジニアは園芸だけでなく切り花としても流通してきたことから、今後ますます品種や色あいが多様になり人気が出てくる花のひとつと思われます。

ガーデンガーベラ(宿根ガーベラ) ~キク科 半耐寒性多年草~ 

ガーデンガーベラは普通のガーベラに比べて暑さや寒さ、病害虫にも強く改良された品種。つぼみがたくさんついている株を選んで、寒くなるまで次々咲かせましょう。強い霜に当たらなければ越冬することができます。冬にも水やりを続け、春に枯葉を取って株元にたくさん日を当ててあげると、新芽が出て再び花が咲きます。花色は赤、ピンク、オレンジ、黄色、白などがあります。

ガーデンガーベラは普通のガーベラに比べて暑さや寒さ、病害虫にも強く改良された品種。つぼみがたくさんついている株を選んで、寒くなるまで次々咲かせましょう。強い霜に当たらなければ越冬することができます。冬にも水やりを続け、春に枯葉を取って株元にたくさん日を当ててあげると、新芽が出て再び花が咲きます。花色は赤、ピンク、オレンジ、黄色、白などがあります。

ガーベラ

  • ガーベラはキク科の多年草で、まっすぐに伸びた花茎から5~10cm程度の花をたくさん咲かせてくれます。切り花として活用できる大輪のものから、「ミニガーベラ」の別称で販売されている3cmほどの改良種まで多彩な品種があります。花は赤、オレンジ、黄色、白、ピンク、紫など豊富な色幅があり、春と秋の2度、開花を楽しめるのが特長です。冬には地上部分は枯れてしまいますが、東京以西であれば上手に冬越しさせると翌年の春に再び芽を出してくれます。最近では、暑さ、寒さ、病害虫に強く改良され、早春から晩秋まで咲くガーデンガーベラ(宿根ガーベラ)も販売されており、丈夫で育てやすく人気があります。

グリーンアイス ~バラ科  耐寒性落葉低木~

グリーンアイスは四季咲きで花もちがよく、耐病性もあるのでバラ栽培初心者にも育てやすいミニバラです。ピンクの蕾から花びらのふちがピンクがかった花が咲き、咲き進むうちに花色が白、グリーンと変わります。秋が深まると花びらのピンクが濃くなり、葉も赤く紅葉する姿も美しいです。枝先が枝垂れるような優しい樹形で、どんな花と合わせても調和します。

グリーンアイスは四季咲きで花もちがよく、耐病性もあるのでバラ栽培初心者にも育てやすいミニバラです。ピンクの蕾から花びらのふちがピンクがかった花が咲き、咲き進むうちに花色が白、グリーンと変わります。秋が深まると花びらのピンクが濃くなり、葉も赤く紅葉する姿も美しいです。枝先が枝垂れるような優しい樹形で、どんな花と合わせても調和します。

ツルコケモモ(クランベリー) ~ツツジ科 耐寒性常緑低木~

ツルコケモモ(クランベリー)は、秋に丸くてつややかな可愛らしい赤い実をつける低木。湿地や沼地に自生することから、乾燥を嫌い暑さも苦手です。寒さには強いので、秋から冬の寄せ植えの花苗としてぴったり。たわわな実と雰囲気のある長いつるが野山の秋をナチュラルに演出してくれます。

ツルコケモモ(クランベリー)は、秋に丸くてつややかな可愛らしい赤い実をつける低木。湿地や沼地に自生することから、乾燥を嫌い暑さも苦手です。寒さには強いので、秋から冬の寄せ植えの花苗としてぴったり。たわわな実と雰囲気のある長いつるが野山の秋をナチュラルに演出してくれます。

クランベリー

  • うつむき加減に咲くピンクの花のあとに、丸くてつややかな可愛らしい赤い果実を実らせます。樹高が20cmほどの常緑低木です。本来は湿地や沼地に自生することから、乾燥を嫌い湿気を好みます。暑さにも弱いです。また酸性土を好むので用土に気をつける事がポイントです。暑さに弱いですが、寒さには非常に強く、-40℃でも耐えられるといわれています。それゆえ、暖地では生育が悪く、果実も本来の味になりません。 果実は酸味がとても強いので生食よりも、ジャム、ケーキ、シャーベット、果実酒、料理のソースに利用されています。果実は安息香酸を含有しているため注意が必要です。自家結実性があるので1本だけでも結実します。 果実はほとんど流通しておらず加工品がほとんどです。苗は年中手に入りますが、夏や実が付いている時期のみというところも多いようです。

チョコレートコスモス ~キク科 半耐寒性多年草~ 

チョコレートコスモスは、ほのかにチョコレートに似た香りがするコスモスです。花色もチョコレートのようにシックで寒くなるまで次々と咲き、秋の寄せ植えのアクセントとしてぴったりです。寒さにはそれほど強くないので、強い霜に当たらないように注意して管理すると翌年も楽しめます。

チョコレートコスモスは、ほのかにチョコレートに似た香りがするコスモスです。花色もチョコレートのようにシックで寒くなるまで次々と咲き、秋の寄せ植えのアクセントとしてぴったりです。寒さにはそれほど強くないので、強い霜に当たらないように注意して管理すると翌年も楽しめます。

チョコレートコスモス

  • その名の通り、ほのかにチョコレートに似た香りを放つコスモスです。茶色がかった赤い花もチョコレートを連想させます。植物には様々な香りのタイプがありますが、チョコレートに似た匂いはとても珍しいもの。チョコの原料であるカカオの花ですら香りません。 コスモスは明治期から日本に入ってきましたが、チョコレートコスモスはやや遅れて大正時代に伝わりました。やや育てにくいので、コスモスのように遊休地にまかれて広がることもありませんでした。そのため園芸市場ではコスモスと別扱いになっています。 短日植物なので、夜でもこうこうと明るい場所に置くと花をつけにくくなってしまいます。チョコレートコスモスは、原種の他、園芸種として数品種あり、品種によって、開花時期や栽培適温が違います。

リンドウ ~リンドウ科 耐寒性多年草~

リンドウは、秋の暖かい日差しの中で渦状に巻いた蕾をつけ、筒状の花を咲かせます。秋の山野草の代表的なものとして古くから親しまれてきました。寒さにはあまり強くないので、強い霜に当たらなければ翌年も楽しめます。花色は、紫、青、水色、白、赤紫、ピンクなどがあります。

リンドウは、秋の暖かい日差しの中で渦状に巻いた蕾をつけ、筒状の花を咲かせます。秋の山野草の代表的なものとして古くから親しまれてきました。寒さにはあまり強くないので、強い霜に当たらなければ翌年も楽しめます。花色は、紫、青、水色、白、赤紫、ピンクなどがあります。

リンドウ(竜胆)

  • リンドウ(竜胆)は「枕草子」でも記述がある程、日本では古くから親しまれている日本原産の植物です。本州、四国、九州の山野を中心とし自生しています。春に細い葉が新芽を出し、秋の始まりと共に花芽をつけて野山に咲きます。 花色は品種によって、白や赤紫もありますが、青、水色、紫などの寒色が印象的な花を咲かせます。花の直径は3~5cm程で、釣鐘形で先が5つに分かれ、尖った裂片がある花の形をしています。草丈は品種・種類によって差があり、10~100㎝と幅があります。 日当たりを好みますが気温が高すぎる直射日光が苦手なため、寒冷紗などで日よけをする必要があります。曇りの日には花を閉じる習性があります。

トウガラシ ~ナス科 非耐寒性一年草~

トウガラシと言っても、寄せ植えにおすすめするのは観賞用トウガラシです。食用ではなく、実や葉色の美しさを楽しみます。実の色は赤、黄色、オレンジ、黒、紫などカラフルな色合いで、実の形も食用のトウガラシのような形の他、丸い実など様々です。葉色は黒紫色、紫と白の斑入り、緑と白の斑入りなどがあり、カラーリーフとしても大変人気があります。

トウガラシと言っても、寄せ植えにおすすめするのは観賞用トウガラシです。食用ではなく、実や葉色の美しさを楽しみます。実の色は赤、黄色、オレンジ、黒、紫などカラフルな色合いで、実の形も食用のトウガラシのような形の他、丸い実など様々です。葉色は黒紫色、紫と白の斑入り、緑と白の斑入りなどがあり、カラーリーフとしても大変人気があります。

観賞用トウガラシ(唐辛子)

  • 観賞用トウガラシはトウガラシの仲間ですが、あくまでも観賞専門で食用にはできません。食用のトウガラシと同じく、ナス科の一年草です。色は、赤、黄色、オレンジ、黒、紫などカラフルな色合いで、実の形も食用のトウガラシのような形の他、丸い実など様々です。実を鑑賞して楽しむ植物ですが、最近は葉っぱにもこだわった観賞用トウガラシもあり、カラーリーフの素材としても注目が集まっています。 原産は南アメリカ~北アメリカの熱帯地域で、暑いのは得意ですが寒さは苦手なため初夏から秋までの一年草です。観賞期間は6月~12月と長く、最近は葉ものだけでも鑑賞価値が高い品種も多いので、花壇や寄せ植えなど、様々な用途で利用できる植物です。 トウガラシは、カプサイシンの成分が含まれるので、種を収穫した手で、目をこすったりするとヒリヒリする場合があるので注意しましょう。

▼渋谷園芸の樺澤智江さんに教わった、トウガラシを使った寄せ植えはこちら

コウシュンカズラ ~キントラノオ科 非耐寒性低木~ 

コウシュンカズラは、可憐な黄色い小花がとても可愛らしいつる性の低木。黒や紫、チョコレートなどのダークな色合いの草花とコウシュンカズラの黄色を合わせると、互いの色が引き立て合い、秋を演出する美しさが倍増します。コウシュンカズラは強健で病害虫にも強く、沖縄などでは生け垣にも使われています。冬でも室内で一定の温度と日当たりが確保できれば花を咲かせます。温暖地で強い霜に当たらなければ翌年も楽しめます。

コウシュンカズラは、可憐な黄色い小花がとても可愛らしいつる性の低木。黒や紫、チョコレートなどのダークな色合いの草花とコウシュンカズラの黄色を合わせると、互いの色が引き立て合い、秋を演出する美しさが倍増します。コウシュンカズラは強健で病害虫にも強く、沖縄などでは生け垣にも使われています。冬でも室内で一定の温度と日当たりが確保できれば花を咲かせます。温暖地で強い霜に当たらなければ翌年も楽しめます。

コクリュウ ~キジカクシ科 耐寒性多年草~

コクリュウ(オオバジャノヒゲ)は、光沢のある黒葉をしたカラーリーフ。秋の寄せ植えや和風の寄せ植えのアクセントにぴったりです。ハロウィーンをイメージした寄せ植えにもおすすめです。暑さ寒さに強くとても丈夫で、初夏に薄紫色の花を咲かせて黒緑色の丸い実を付けます。地下茎を伸ばして増えます。

コクリュウ(オオバジャノヒゲ)は、光沢のある黒葉をしたカラーリーフ。秋の寄せ植えや和風の寄せ植えのアクセントにぴったりです。ハロウィンをイメージした寄せ植えにもおすすめです。暑さ寒さに強くとても丈夫で、初夏に薄紫色の花を咲かせて黒緑色の丸い実を付けます。地下茎を伸ばして増えます。

リュウノヒゲ(ジャノヒゲ)

  • リュウノヒゲ(ジャノヒゲ)日本や東南アジア、フィリピンなどの森林地帯に自生するキジカクシ科の常緑多年草で、日本庭園だけでなく洋風のお庭にもワンポイントとして使われる品種です。 暑さ寒さにも強く、日陰にも強いのでグランドカバーとしても利用されます。花や実を楽しみたい場合はある程度の日照が必要なので、管理場所には注意しましょう。 リュウノヒゲ(ジャノヒゲ)の根は生薬の麦門冬となり、漢方薬で咳止めなどに効果のある麦門冬湯などに使われます。 リュウノヒゲはジャノヒゲとも呼ばれ、蛇の髭と表記することもありますが、蛇には髭はありませんよね。これは、もともとは「ジョウノヒゲ」と呼ばれていたものが「ジャノヒゲ」になったんだとか。ジョウノヒゲは「尉の髭」と書きます。能面の中に老人を表す「尉(じょう)」というお面の種類があります。尉の髭とは老人の髭のことです。

ジュズサンゴ ~ヤマゴボウ科 非耐寒性低木~

ジュズサンゴは、小さな数珠のような実をつける低木。実の色は赤の他、黄色やピンクの品種もあります。

ジュズサンゴは、小さな数珠のような実をつける低木。実の色は赤の他、黄色やピンクの品種もあります。

細い茎に小さな実が連なる草姿のジュズサンゴを寄せ植えに使うと、目立ちすぎずにメインの花を引き立て、やわらかく繊細で美しいシルエットがつくれます。耐寒性が無いため一年草として扱われることも多いですが、暖地であれば越冬も可能です。冬に地上部分が枯れても根が生きていれば春に株元から芽吹きます。確実に越冬させたい場合は冬の間は室内で管理します。

細い茎に小さな実が連なる草姿のジュズサンゴを寄せ植えに使うと、目立ちすぎずにメインの花を引き立て、やわらかく繊細で美しいシルエットが作れます。耐寒性が無いため一年草として扱われることも多いですが、暖地であれば越冬も可能です。冬に地上部分が枯れても根が生きていれば春に株元から芽吹きます。確実に越冬させたい場合は冬の間は室内で管理します。

ジュズサンゴ(数珠珊瑚)

  • ジュズサンゴは、白い花のあとに小さな赤い実をつけるヤマゴボウ科の北米南部から南米原産の非耐寒性常緑多年草(亜低木)です。ジュズサンゴの名前は、実が数珠のように連なることに由来します。 寒さに弱いため日本では一年草扱いされますが、暖地では越冬し前年の茎は木質化していきます。こぼれ種でも増えるほど性質は強健で熱帯地域では雑草化するほどです。 ジュズサンゴの実は赤の他、黄色やピンクの品種もあります。開花期間が長く、花のあとの実もとても観賞価値があります。切り花としても花持ちがよいので生花としても流通しています。

シンジュノキ(真珠の木) ~ツツジ科 耐寒性常緑低木~

シンジュノキ(真珠の木)は、秋に光沢のあるコロンとした丸い実をつける低木。実の色は、赤・白・ピンクがあり、白い実はまるで真珠のようです。メインとなる太い幹はもたず、地際から小枝をたくさん出して茂ります。シンジュノキを寄せ植えに使うと、大きな実がとてもインパクトがあり実りの秋のイメージを強めます。

シンジュノキ(真珠の木)は、秋に光沢のあるコロンとした丸い実をつける低木。実の色は、赤・白・ピンクがあり、白い実はまるで真珠のようです。メインとなる太い幹はもたず、地際から小枝をたくさん出して茂ります。シンジュノキを寄せ植えに使うと、大きな実がとてもインパクトがあり実りの秋のイメージを強めます。

目次に戻る≫

10月の寄せ植えの管理ポイント

置く場所 寄せ植えは屋外の風通しの良い日なた~半日陰に置きます。  水やり・肥料 土が乾いたら株元にたっぷりと水を与えましょう。軒下などで冬越しさせる草花の水やりは、寒さが厳しくなったら日中の暖かい時間帯に行います。冬はやや乾燥気味でしっかり土が乾いてから水やりするのがおすすめです。  植え付けるときに肥料入りの培養土を使った場合は、肥料は1カ月後から与えます。  花がら取り 咲き終わった花や古い葉は、見た目も悪く病害虫の発生も促すので早めに取り除きます。  冬越し 秋の寄せ植えは、店頭に並ぶ「春から寒くなるまで咲く花」と「秋が深まってから春まで咲く花」が入れ替わる時期につくることになるので、寒さに弱く一年草扱いされている植物を使うこともあります。そのため、10月につくる秋の寄せ植えは寒さが厳しくなる頃まで全体が美しく保てれば成功といえます。寒さに弱い多年草や宿根草は軒下で防寒対策をしたり、冬の間だけ室内に取り込めば冬越しできます。

置く場所

寄せ植えは屋外の風通しの良い日なた~半日陰に置きます。

水やり・肥料

土が乾いたら株元にたっぷりと水を与えましょう。軒下などで冬越しさせる草花の水やりは、寒さが厳しくなったら日中の暖かい時間帯に行います。冬はやや乾燥気味でしっかり土が乾いてから水やりするのがおすすめです。

植え付けるときに肥料入りの培養土を使った場合は、肥料は1カ月後から与えます。

花がら取り

咲き終わった花や古い葉は、見た目も悪く病害虫の発生も促すので早めに取り除きます。

冬越し

秋の寄せ植えは、店頭に並ぶ「春から寒くなるまで咲く花」と「秋が深まってから春まで咲く花」が入れ替わる時期につくることになるので、寒さに弱く一年草扱いされている植物を使うこともあります。そのため、10月につくる秋の寄せ植えは寒さが厳しくなる頃まで全体が美しく保てれば成功といえます。寒さに弱い多年草や宿根草は軒下で防寒対策をしたり、冬の間だけ室内に取り込めば冬越しできます。

▼細いボディが寄せ植えに最適!GARDEN IRONのシャベル 「KEEN」

▼寄せ植えにはこのセット!「ルーツポーチ」と「evo」の土

▼地面に置く鉢にも水やりしやすい「ブリキジョーロ」

▼渋谷園芸の樺澤智江さんに教わった、3ポットでできる秋の寄せ植えはこちら

▼センスの良い寄せ植えの作り方はこちら

目次に戻る≫

LOVEGREEN(ラブグリーン)メールマガジン会員募集中!

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「10月の寄せ植えに使いたい花12選」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

戸松敦子
戸松敦子

グリーンアドバイザー、ハンギングバスケットマスター、野菜ソムリエ、家庭菜園検定2級。園芸業界で植物全般を幅広く学び経験してきました。LOVEGREEN編集部では主に寄せ植えやリース作り、ボタニカルピープルなどの取材を担当。人が植物と心地良く暮らし、その幸せの連鎖が世界中に広がっていくことを願います。趣味はママさんサッカー。都大会優勝を目指して日々練習しています。

このライターの記事一覧

おすすめ商品

【送料無料・3~4月発送予約注文】雑草対策のグランドカバー 「タピアン」 (宿根草バーベナ)3色6苗セット

販売価格:3,080円(税込)

【送料無料・12/24以降お届け】春の花 チューリップ 花束 ミックス 15本入り ギフト

販売価格:4,400円(税込)

【送料無料】〈爽やかなライトグリーンの花〉クリスマスローズ 原種リグリクス 1株(開花予定株 13.5cmポット苗)

販売価格:4,235円(税込)

LOVEGREEN 公式アカウントをフォロー!

  • Instagram
  • Facebook
  • LINE
  • Twitter

SPECIAL

おすすめ

LOVEGREEN(ラブグリーン)メールマガジン会員募集中!

植物の悩みならLOVEGREEN(ラブグリーン)のQ&A