ライラックの育て方|植物図鑑

植物名
ライラック
学名

Syringa vulgaris

英名
Lilac
和名
紫丁香花
科名
モクセイ科
属名
ハシドイ属
原産地
ヨーロッパ東南部

ライラックの特徴

ライラックは4月~6月に開花する落葉小高木で、葉はハート形、花は円錐形に小花が房咲きになり紫色、藤色、紅色、白色などの一重や八重の花をつけます。香りが良いので、世界中で愛されている花木です。フランス語でリラ、和名はムラサキハシドイといい、ハシドイは日本に自生する近縁種の落葉小高木のことです。ライラックは冷涼な気候を好み、特に夏の夜温が下がるところを好みます。ですから東北北部や北海道、本州の高原地帯が適地といえます。これ以外の土地に植える場合は西日が当たらない日向を選んで植えましょう。ただしぎっしりとつぼみがついた状態のライラックは暖地よりも冷涼な地域のような場所で見られます。

属名のSyringa(シリンガ)はギリシア語で笛やパイプを意味するsyrinxに由来し、枝の髄の部分をくりぬいて管にし笛をつくって古代ギリシャでは羊飼いたちがライラックの笛を吹いていたそうです。トルコではこれをパイプにしました。

ライラックの詳細情報

園芸分類 庭木、落葉
耐寒性 耐寒性は高く、冷涼な地域の庭木として人気です。特に夏の夜に気温が下がるところを好みます。
耐暑性 原種は耐暑性が低いですが、園芸種では関西より西でも育てられるものがあります。
花色 紫、淡い紫、濃いピンク、白など
開花時期 4~6月

育て方を見る >>

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る

人気の植物ランキング