ライラックの育て方|植物図鑑

植物名
ライラック
学名

Syringa vulgaris

英名
Lilac
和名
紫丁香花(ムラサキハシドイ)
科名
モクセイ科
属名
ハシドイ属
原産地
ヨーロッパ東南部

ライラックの特徴

ライラックは4月~6月に開花する落葉小高木で、葉はハート形、花は円錐形に小花が房咲きになります。ライラックの花は、紫色、薄紫色、ピンク色、白色などの一重や八重の花をつけます。香りがよいので、世界中で愛されている花木です。

ライラックはフランス語でリラ、和名は紫丁香花(ムラサキハシドイ)といい、ハシドイは日本に自生する近縁種の落葉小高木のことです。ライラックは冷涼な気候を好み、特に夏の夜温が下がるところを好みます。日本では東北北部や北海道、本州の高原地帯が適地といえます。ライラックは風通しがよく、湿気の少ない環境を好みます。暖地に植える場合は西日が当たらない日当たりのよい場所を選んで植えましょう。

ライラックの属名のSyringa(シリンガ)はギリシア語で笛やパイプを意味するsyrinxに由来し、枝の髄の部分をくりぬいて管にし笛をつくって古代ギリシャでは羊飼いたちがライラックの笛を吹いていたそうです。トルコではこれをパイプにしていたそうです。

ライラックの詳細情報

園芸分類 庭木、落葉
草丈・樹高 2~5m
耐寒性 強い
耐暑性 弱い
耐陰性 普通
花色 紫、淡い紫、ピンク、白など
開花時期 4~6月

ライラックの育て方カレンダー

時期 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
植え付け
植え替え
剪定
肥料
開花

ライラックの栽培環境

日当たり・置き場所

ライラックは日当たりを好みます。西日の当る場所は避けた方がよいでしょう。

用土

水はけがよく、肥沃な土ならあまり土質は選ばずに植え付けが可能です。

鉢植えのライラックは赤玉土と腐葉土を配合して水はけのよい土が適しています。

ライラックの育て方のポイント

水やり

ライラックは植え付け直後から根付くまでは土壌が乾いたら水やりを行います。その後はよほど乾燥が続かない限りは水やり不要です。夏の乾燥が続くような時期は、朝の涼しいうちに水やりをします。

鉢植えのライラックは表土が乾いて白っぽくなったら、鉢底から流れ出てくるくらいたっぷりと水やりを行います。

肥料

ライラックの施肥は、花後のお礼肥と冬場の寒肥えとして樹木用の大粒の緩行性化成肥料を施します。

病害虫

暖かい地域では春から初夏にかけてうどんこ病が発生しやすくなります。見つけ次第薬剤を散布します。

ライラックの詳しい育て方

選び方

ライラックは主幹がしっかりしていて、葉にツヤのあるものを選びましょう。好みのライラックを育てる為に、購入前に花色を確認するのも大切です。

植え付け

ライラックの植え付けは落葉している休眠期に行います。休眠期は根に負担をかけないことが重要です。根鉢を崩さないように注意しましょう。

 

仕立て方

ライラックは樹形が安定するまでに時間がかかります。若木のうちは添え木などで支えるようにしましょう。

剪定・切り戻し

ライラックは春の花後、7月くらいから翌年の花芽を作り始めるので、花芽を落とさないように花後すぐに剪定するのがよいでしょう。また冬場に花芽がないかどうかの確認をしながら込み入った部分の枝をすくように剪定します。

植え替え・鉢替え

ライラックの植え替えは冬の落葉期に行います。1~2回り大きな鉢に、根鉢を崩さないように植え替えましょう。植え替え後はたっぷりと水やりをします。

ライラックの花の季節は春です。ライラックは紫、ピンク、白等などの花を咲かせます。咲き方も一重咲きから八重咲きまで多様です。

ライラックの花には芳香があります。強い香りではないので、花に顔を近づけて確認してみましょう。

収穫

ライラックの花は切花として花瓶に生けて楽しむことができます。

夏越し

ライラックは夏の暑さと湿度が苦手です。庭植えのライラックは西日と蒸れに注意しましょう。

鉢植えのライラックは西日が避けた風通しのよい場所に移動させましょう。

冬越し

冬のライラックは落葉して休眠します。特に必要な冬越しの作業はありません。

増やし方(株分け、挿し木、葉挿しなど)

ライラックは接ぎ木か取り木で増やせます。

ライラックの水上げ

初春から春にかけて、切花のライラックの花が出回る季節です。切り花のライラックを生けてすぐに枯れてしまったことはありませんか?

ライラックは水上げ方法が少し特殊です。ライラックの枝の中のワタをナイフなどでかき出すことで水の吸い上げがよくなります。ライラックは水の吸い上げが悪いと、あっと言う間に萎れてしまう花です。水上げのひと手間をぜひ試してみてください。

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る

人気の植物ランキング