新生活グリーン特集

ライラックの育て方|植物図鑑

植物名
ライラック
学名

Syringa vulgaris

英名
Lilac
和名
紫丁香花
科名
モクセイ科
属名
ハシドイ属
原産地
ヨーロッパ東南部

ライラックの特徴

ライラックは4月~6月に開花する落葉小高木で、葉はハート形、花は円錐形に小花が房咲きになり紫色、藤色、紅色、白色などの一重や八重の花をつけます。香りが良いので、世界中で愛されている花木です。フランス語でリラ、和名はムラサキハシドイといい、ハシドイは日本に自生する近縁種の落葉小高木のことです。ライラックは冷涼な気候を好み、特に夏の夜温が下がるところを好みます。ですから東北北部や北海道、本州の高原地帯が適地といえます。これ以外の土地に植える場合は西日が当たらない日向を選んで植えましょう。ただしぎっしりとつぼみがついた状態のライラックは暖地よりも冷涼な地域のような場所で見られます。

属名のSyringa(シリンガ)はギリシア語で笛やパイプを意味するsyrinxに由来し、枝の髄の部分をくりぬいて管にし笛をつくって古代ギリシャでは羊飼いたちがライラックの笛を吹いていたそうです。トルコではこれをパイプにしました。

ライラックの詳細情報

園芸分類 庭木、落葉
耐寒性 耐寒性は高く、冷涼な地域の庭木として人気です。特に夏の夜に気温が下がるところを好みます。
耐暑性 原種は耐暑性が低いですが、園芸種では関西より西でも育てられるものがあります。
花色 紫、淡い紫、濃いピンク、白など
開花時期 4~6月

ライラックの育て方カレンダー

時期 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
植え付け
植え替え
増やし方
剪定
肥料
開花

ライラックの栽培環境

日当たり・置き場所

日当たりを好みますが西日の当る場所は避けた方がよいでしょう。

用土

水はけが良く、肥沃な土ならあまり土質は選ばずに植え付けが出来ます。鉢の場合は赤玉土と腐葉土を配合して水はけのよい土が適しています。

ライラックの育て方のポイント

水やり

植え付け直後から根付くまではときどき水やりをしますが、その後はよほど乾燥が続かない限りは水やり不要です。ただし暖地では真夏は朝の涼しいうちに水やりをします。

肥料

花後のお礼肥えと冬場の寒肥えとしに樹木用の大粒の緩行性化成肥料を施します。もしくは寒肥えは有機肥料を配合したものを使用してもよいでしょう。

病害虫

暖かい地域ではうどんこ病が発生しやすいようです。植物の葉などに粉をまぶしたように白くなるのがうどんこ病です。うどんこ病は5月~6月と9月~10月に発生しやすい病気で、はじめはぽつぽつと白く粉をふいている感じに見えますが、悪化してくると葉の全面が真っ白になっていき、植物全体に蔓延すると茎や果実にも発生し、とても厄介です。早めに対策しましょう。

ライラックの詳しい育て方

選び方

花色、花形の好みのものを選ぶこと、病虫害がないか、根巻タイプの苗なら乾きすぎていないかなど状態を確認しましょう。

植え付け

寒さに強い木なので落葉中であれば時期はいつでも植え付け可能です。水はけが良くなるようにやや高植えにしましょう。日当たりを好みますが西日の当る場所は避けた方がよいでしょう。

剪定・切り戻し

6月中旬以降~7月頃に花芽を作り始めるので花芽を落とさないよう、花後すぐに剪定するのがよいでしょう。また冬場に花芽がないかどうかの確認をしながら込み入った部分の枝をすくように剪定します。

増やし方(株分け、挿し木、葉挿しなど)

ライラックの増やし方を2種類ご紹介します。
まず一つ目は接ぎ木、春にイボタノキを台木とするか実生のライラック苗につぎます。
2つめはとり木です。3~5月頃に直径1cmほどの枝を選び表皮をはぎ取ります。(環状剥皮かんじょうはくひ)湿らせたミズゴケをはぎ取った部分に巻いて乾燥しないようにビニールで包みます。9月頃に根が出た部分から枝を切り取り鉢に植え替えます。ある程度生長するまでは半日陰で管理します。

ライラックの水揚げ

花の時期になると切り花でもライラックを求めることが出来ますが水揚げ方法が少し特殊です。ライラックやアジサイのように枝の中にワタがある場合はハサミの刃先などを使ってワタをかきだしてから、枝に縦に割りをいれたり木ずちで叩いたりしてからたっぷりの水につけましょう。新鮮な切り花は香りがありますが数日間はもたないようです。切って成長がとまってしまった時点で香りも出なくなってしまうようです。

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る

人気の植物ランキング