百両(カラタチバナ)の育て方|植物図鑑

植物名
百両(カラタチバナ)
学名

Ardisia crispa

英名
Japanese-holly
和名
唐橘(カラタチバナ)
科名
サクラソウ科
属名
ヤブコウジ属
原産地
日本

百両(カラタチバナ)の特徴

百両(カラタチバナ)は冬に赤い実を付ける常緑低木です。同じヤブコウジ属の万両(マンリョウ)、センリョウ属の千両(センリョウ)と並んで、百両(カラタチバナ)は冬に常緑で赤い実をつける縁起物の植物として人気です。

樹高は70㎝程度と低めで、日陰にもよく耐えるので和風のシェードガーデンなどで活躍します。葉は常緑で光沢のある深いグリーン、真赤な実を秋から初春にかけて長い期間つけるので、冬の寂しいお庭に彩りを与えてくれます。

花が咲くのは夏。小さな白い花を俯くように咲かせます。花は非常に小さく、よく探さないと見逃してしまうほどです。

百両(カラタチバナ)の詳細情報

園芸分類 庭木、常緑
草丈・樹高 30~70㎝
耐寒性 強い
耐暑性 普通
耐陰性 強い
花色
開花時期 7月

百両(カラタチバナ)の育て方カレンダー

時期 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
開花
観賞期(結実)

百両(カラタチバナ)の栽培環境

日当たり・置き場所

百両(カラタチバナ)は半日陰から日陰を好みます。特に真夏の直射日光は苦手なので避けるようにしましょう。

用土

百両(カラタチバナ)は乾燥が苦手なので、水はけよく保水性の高い土を好みます。

百両(カラタチバナ)の育て方のポイント

水やり

百両(カラタチバナ)は乾燥が苦手です。地植えの百両(カラタチバナ)は数日晴天が続いて、表土が乾いているような時はたっぷりと水やりをします。

鉢植えの百両(カラタチバナ)は表土が乾いたらたっぷりと水やりをします。

庭植え、鉢植え共に適度に湿度を保てるように管理します。

肥料

百両(カラタチバナ)は多肥を好みません。肥料が多すぎると葉の色が悪くなってくるので気を付けてください。

花や葉が減ってきたら様子を見て、適宜緩効性肥料を施します。

病害虫

特に目立った病害虫の被害はありません。

百両(カラタチバナ)の詳しい育て方

選び方

主幹がしっかりとしていて、葉の色つやのよい株を選びましょう。

植え付け

百両(カラタチバナ)の植え付けは、根鉢を崩さないようにやや高めに植え付けます。植え付け後はたっぷりと水やりをします。

植え替え・鉢替え

鉢植えの百両(カラタチバナ)は1~2年に1度は植え替えを行います。一回りから二回り大きな鉢に、根鉢を崩さないように植え替えてください。

百両(カラタチバナ)の花は夏、7月頃に白く小さな花を俯くように咲かせます。

夏越し

百両(カラタチバナ)は夏の直射日光が苦手です。夏は日陰~半日陰になるような場所で管理してください。

霜が心配な地域では霜除けも行いましょう。

冬越し

百両(カラタチバナ)は常緑です。屋外でも越冬可能ですが、出来るだけ暖かい場所で育てます。

増やし方(株分け、挿し木、葉挿しなど)

百両(カラタチバナ)は挿し木で増やせます。

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る

人気の植物ランキング