クチナシ(梔子・くちなし)の育て方|植物図鑑

植物名
クチナシ(梔子・くちなし)
学名

Gardenia jasminoide

英名
Cape jasmine
和名
梔子
科名
アカネ科
属名
クチナシ属
原産地
亜熱帯、日本、台湾、中国、インドシナの温帯

クチナシ(梔子・くちなし)の特徴

クチナシは常緑低木で、葉は光沢のある長い楕円で濃緑色で葉脈がはっきりとしています。花は6月~7月に白色の花を咲かせます。花弁はフェルトのような優しい風合いをしています。香りが特徴的で甘い香りを周囲に漂わせます。

花の形は八重咲と一重咲きがあり、一重咲きの品種は秋になると橙色の実をつけ、熟しても口を開かない事から「クチナシ」の名が付いたと言われています。

お庭に植えられる方も多い木ですがだいたい1m~2mにほどになります。枝が詰まって葉が育つ為、垣根としてに好まれます。また、『山吹の 花色衣 主や誰 問へど答へず くちなしにして(秋が過ぎ、冬が来ても一向に口を開けない)』という歌が由来の原点ともいわれています。

クチナシ(梔子・くちなし)の詳細情報

園芸分類 庭木、常緑
草丈・樹高 1~2m
耐寒性 やや弱い
耐暑性 強い
耐陰性 やや弱い
花色
開花時期 6~7月

クチナシ(梔子・くちなし)の種類

着色料としてのクチナシ

クチナシの乾燥した果実は黄色に染まる色素があり、食品の着色をする事が出来ます。

たくあん、きんとん、ゼリー、キャンディ、果実酒の色付け、夏を越す節句に食する「クチナシご飯」などにもその色素が使用されます。日本では古くからクチナシは食品の着色で親しまれてきました。

 

将棋の駒

木の質感がツゲなどに似ている為、将棋の駒などに利用されています。

将棋盤や基盤の脚にクチナシがかたどられているのは「他人の勝負に口出し無用」という意味が込められていると言われています。

育て方を見る >>

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る

人気の植物ランキング