ニューサイラン(マオラン)の育て方|植物図鑑

植物名
ニューサイラン(マオラン)
学名

Phormium

英名
New Zealand flax
和名
入才蘭
科名
リュウゼツラン科
属名
ニューサイラン属(マオラン属)
原産地
ニュージーランド

ニューサイラン(マオラン)の特徴

ニューサイラン(マオラン)はニュージーランド原産の多年草で、葉の幅は10㎝くらい、草丈1m程度の多年草です。ニュージーランドでは草丈3mを超すものもあります。現地では常緑多年草ですが、寒さに弱く日本では冬には地上部がなくなったり、葉が黄色くなることがあります。

ニューサイラン(マオラン)細く扇状に伸びる葉が特徴的で、細かい葉の植物と一緒に植えると全体の雰囲気を引き締めるオーナメントプランツとして活躍してくれます。明るいグリーンのものから銅葉のもの、白斑入りや三色の斑が入るトリカラーなども種類も多様です。日本ではあまり見られませんが、その個性的な花も印象的です。

ニューサイラン(マオラン)の詳細情報

園芸分類 芝・グラス
草丈・樹高 100cm~200cm
耐寒性 弱い
耐暑性 強い
耐陰性 弱い
花色 赤やオレンジなど品種に準ずる
開花時期

ニューサイラン(マオラン)の育て方カレンダー

時期 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
植え付け
植え替え
株分け

ニューサイラン(マオラン)の栽培環境

日当たり・置き場所

ニューサイラン(マオラン)日当たり良く乾燥気味の場所を好みます。葉が扇状に広がりながら大きくなるので、周りの邪魔にならないような場所を選びましょう。鉢で管理する場合は、水はけの良い土に植え、日当たりのいい場所に置きます。

用土

ニューサイラン(マオラン)水はけの良い痩せ地で良く育ちます。鉢植えの場合は市販の多肉植物用の培養土等が向いています。

ニューサイラン(マオラン)の育て方のポイント

水やり

ニューサイラン(マオラン)は乾燥気味に管理します。特に夏の高温多湿が苦手です。夏の水やりは控えめにしてください。冬はニューサイラン(マオラン)にとって休眠期です。根腐れを起こしやすいので、冬の水やりは控えめにするようにしてください。

病害虫

目立った病害虫の被害はありません。加湿で根が腐らないように気をつけましょう。

ニューサイラン(マオラン)の詳しい育て方

選び方

葉の根元からしっかりとしているもの、地上部がぐらぐらしていないものを選びます。

植え付け

ニューサイラン(マオラン)の植え付けは、真夏と真冬を避け、春と秋の暖かい日に行います。春に気温が上がってきた頃に植え付けると、夏にかけて元気に育ってくれます。

剪定・切り戻し

ニューサイラン(マオラン)は剪定の必要は特にありません。自然形でやや放射状にきれいな直線で広がります。冬に葉が茶色くなったり元気がなくなってきたら、生え際から切り戻します。

植え替え・鉢替え

ニューサイラン(マオラン)の鉢植えは2~3年に1度行います。真夏と真冬を避け、春か秋の暖かい日に植え替えましょう。草丈に対して根が小さいので、鉢植えは、しっかりと安定した鉢に植え替えるようにします。鉢植えも地植えも、必ず水はけのいい土壌を選んでください。地植えであれば、小粒の赤玉土やバーミキュライト等を漉き込んで、軽い土を作っておきましょう。

ニューサイラン(マオラン)の花は、日本本州ではあまり見られません。原産地では直線的な葉の間から高く茎を突き出し、その先に花穂を咲かせます。

冬越し

ニューサイラン(マオラン)は耐寒性の弱い植物です。冬に地上部が枯れてきたら地際まで切り戻し、水やりは控えめにします。

増やし方(株分け、挿し木、葉挿しなど)

ニューサイラン(マオラン)は株分けで増やせます。春に根をハサミで切ってから植え替えると、夏の間に株が安定します。

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る

人気の植物ランキング