ニューサイラン(マオラン)の育て方|植物図鑑

植物名
ニューサイラン(マオラン)
学名

Phormium

英名
New Zealand flax
和名
入才蘭
科名
リュウゼツラン科
属名
ニューサイラン属(マオラン属)
原産地
ニュージーランド

ニューサイラン(マオラン)の特徴

ニューサイラン(マオラン)はニュージーランド原産の多年草で、葉の幅は10㎝くらい、草丈1m程度の多年草です。ニュージーランドでは草丈3mを超すものもあります。現地では常緑多年草ですが、寒さに弱く日本では冬には地上部がなくなったり、葉が黄色くなることがあります。

ニューサイラン(マオラン)細く扇状に伸びる葉が特徴的で、細かい葉の植物と一緒に植えると全体の雰囲気を引き締めるオーナメントプランツとして活躍してくれます。明るいグリーンのものから銅葉のもの、白斑入りや三色の斑が入るトリカラーなども種類も多様です。日本ではあまり見られませんが、その個性的な花も印象的です。

ニューサイラン(マオラン)の詳細情報

園芸分類 芝・グラス
草丈・樹高 100cm~200cm
耐寒性 弱い
耐暑性 強い
耐陰性 弱い
花色 赤やオレンジなど品種に準ずる
開花時期

育て方を見る >>

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る

人気の植物ランキング