レモンタイム(シトラスタイム)の育て方・栽培|植物図鑑

植物名
レモンタイム(シトラスタイム)
学名

Thymus citriodorus

英名
citrusthyme
科名
シソ科
属名
イブキジャコウソウ属
原産地
南ヨーロッパ

レモンタイム(シトラスタイム)の特徴

タイムは、シソ科のハーブです。種類が多く、立ち上がり上に伸びる立性のもの(コモンタイム)と這うように生育する匍匐性のもの(クリーピングタイム)に分かれます。レモンタイムは、ほんのりレモンの香りがする立性のタイムで、ハーブティーやハーバルバスなど香りづけに使われます。

レモンタイム(シトラスタイム)の詳細情報

園芸分類 ハーブ
草丈・樹高 20~30cm
耐寒性 やや強い
耐暑性 やや強い
花色 ピンクがかった白
開花時期 4月~6月

レモンタイム(シトラスタイム)の栽培環境

日当たり・置き場所

日当りと風通しのよい場所へ置きましょう。

温度

寒さには強いほうなので、関東以南の地域では防寒対策はほとんど必要ありません。あたたかい地方の寒さなら、特に防寒せず越冬できます。降雪する地域では地上部が枯れますが、根は生きていて春になるとまた芽を出します。寒い地方は、霜や寒風対策として、軒下や室内など風を防げる場所に置くほうがよいでしょう。

用土

ハーブ用の培養土があれば、それを利用しましょう。多湿を嫌うので水はけのよい土がよいです。また、酸性の土壌が苦手なので、地植えの場合は苦土石灰をまくなどして土壌の調整をしたほうがよいでしょう。

レモンタイム(シトラスタイム)の育て方のポイント

水やり

土が乾いたらお水をたっぷりと 土が乾いたらお水をたっぷりと 湿気が苦手気味なのでやや乾燥気味に育てます。土の表面が乾いてきたら水をたっぷりと与えましょう。冬場はお水の回数を減らします。土の表面が乾いてから2、3日置いてから与えるくらいがよいです。

肥料

植え付けをするタイミングで、土にゆっくりと効く粒状の肥料を入れましょう。追肥は必要であれば4月~6月、9月~11月に液体肥料や土の上に置くタイプの固形肥料を与えましょう。肥料が多すぎると香りが薄れることもあるので注意しましょう。

病害虫

タイムは害虫はほとんど心配はありませんが、蒸れで株が弱る場合があります。

レモンタイム(シトラスタイム)の詳しい育て方

選び方

主に苗での購入になると思います。蒸れて下葉が痛んでいるものは避けましょう。適度に日の当たる売り場で管理されているものを購入しましょう。

種まき

細かい種なので、土はあまりかぶせず、押さえるようにして種をまきます。

植え付け

植え付けをする場合は植え替えの時と同様ですが、根を痛めてしまわないように注意しましょう。

剪定・切り戻し

花の後に、株元でバッサリと切り戻します。また、株元が蒸れて株の様子が汚くなったら思い切って切り戻します。その他、冬前に地際で切り戻し剪定をします。

植え替え・鉢替え

タイムは生育旺盛なので根詰まりしないように植え替えを行いましょう。植え替え時に株分けを同時に行ってもよいでしょう。一回り大きな鉢に植えかえるか、大きさを維持したい場合は、株分けを行います。鉢底に固まった土などを取り除き、根鉢を崩します。枯れた茎や葉っぱも取り除きましょう。根っこを傷つけないように優しく行いましょう。植えつけ後には鉢底から水がでるくらいたっぷりとお水を与えましょう。

品種によって異なりますが、春~初夏頃に小さなピンクがかった白い色の花を咲かせます。

収穫

葉がある間は常に収穫ができます。お花が咲くと葉の香りが弱くなるので、咲く前の収穫がオススメです。

夏越し

特別な対処は必要ありませんが、やや高温多湿に弱いので風通しの良い場所で管理しましょう。

冬越し

寒さには強いほうなので、関東以南の地域では防寒対策はほとんど必要ありません。あたたかい地方の寒さなら、特に防寒せず越冬できます。降雪する地域では地上部が枯れますが、根は生きていて春になるとまた芽を出します。寒い地方は、霜や寒風対策として、軒下や室内など風を防げる場所に置くほうがよいでしょう。

増やし方(株分け、挿し木、葉挿しなど)

株分け・挿し木で増やすことができます。

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る

人気の植物ランキング