フェンネルの育て方・栽培|植物図鑑

植物名
フェンネル
学名

Foeniculum vulgare

英名
Fennel
科名
セリ科
属名
ウイキョウ属
原産地
地中海沿岸

フェンネルの特徴

草丈が1m以上になる大型の多年草で別名をウイキョウといいます。葉、花、茎、種をハーブとして古くから世界各地で栽培・利用されてきました。日本には平安時代に中国から伝わったといわれています。葉は糸状でアスパラガスの葉のように細かく分かれ、折ると香りが立ち、魚料理などに利用されます。茎は直立して分枝し、頂部にはせり科独特の傘を開いたような小さな黄色い花を初夏に多数咲かせます。長さ8ミリほどの長い楕円形の果実を完熟手前で収穫したものは料理だけでなく消化促進のための生薬にも使われます。フェンネルシード(種)と呼びますが、実際は果実で、種はさらに中に入っています。

フェンネルの詳細情報

園芸分類 ハーブ
草丈・樹高 1m~2m程度
耐寒性 強い
耐暑性 強い
花色 黄色
開花時期 5月~7月頃

育て方を見る >>

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る

人気の植物ランキング