ハーブのフェンネルの育て方。ディルとの違いや食べ方、楽しみ方まで

山田智美

山田智美

このライターの記事一覧

公開日 :

ハーブやスパイスとして有名なフェンネルの魅力を紹介します。フェンネルの栽培方法から、食べ方、使い方、フェンネルを使ったレシピ、ディルとの見分け方やフェンネルシードの正体まで。フェンネルについて詳しく紹介しています。

目次

フェンネルとは?基本情報

植物名:フェンネル 学名:Foeniculum vulgare 科名:セリ科 属名:ウイキョウ属 英名:fennel 和名:ウイキョウ 分類:多年草

  • 植物名:フェンネル
  • 学名:Foeniculum vulgare
  • 科名:セリ科
  • 属名:ウイキョウ属
  • 英名:fennel
  • 和名:ウイキョウ
  • 分類:多年草

フェンネルの特徴

フェンネルは糸状に細かく裂けた明るいグリーンの葉を持ち、全体に甘い独特な香りを持つハーブです。フェンネルの開花期は初夏、黄色の小花を放射状に散らすように咲かせます。草丈は1~2mほどで、茎は真っ直ぐに伸びて枝分かれします。  フェンネルの果実は0.7~1㎝程度と小さく、この果実を乾燥させたものが生薬の茴香(ウイキョウ)です。フェンネルはウイキョウという和名でも流通しています。

フェンネルは糸状に細かく裂けた明るいグリーンの葉を持ち、全体に甘い独特な香りを持つハーブです。フェンネルの開花期は初夏、黄色の小花を放射状に散らすように咲かせます。草丈は1~2mほどで、茎は真っ直ぐに伸びて枝分かれします。

フェンネルの果実は0.7~1㎝程度と小さく、この果実を乾燥させたものが生薬の茴香(ウイキョウ)です。フェンネルはウイキョウという和名でも流通しています。

フェンネル

  • フェンネルは、草丈が1m以上になる大型の多年草で別名をウイキョウといいます。葉、花、茎、種をハーブとして古くから世界各地で栽培・利用されてきました。

    日本には平安時代に中国から伝わったといわれています。葉は糸状でアスパラガスの葉のように細かく分かれ、折ると香りが立ち、魚料理などに利用されます。茎は直立して分枝し、頂部にはせり科独特の傘を開いたような小さな黄色い花を初夏に多数咲かせます。

    長さ8mmほどの長い楕円形の果実を完熟手前で収穫したものは料理だけでなく消化促進のための生薬にも使われます。フェンネルシード(種)は実際は果実で、種はさらに中に入っています。

 

目次に戻る≫

ハーブのフェンネルの魅力

フェンネルは地中海料理には欠かせないハーブです。

フェンネルは地中海料理には欠かせないハーブです。

フェンネルの葉や茎は、生のままサラダやマリネ、スープに使用されます。他にも魚料理や肉料理、リキュールなどに使われます。

フェンネルの果実には整腸効果があると言われ、海外では食事の後に数粒噛んだり、お茶にして飲む習慣もあるそうです。

フローレンスフェンネル

フェンネルのなかでも株元が肥大したフローレンスフェンネルという種類があります。フェンネルは多年草ですが、フローレンスフェンネルは一年草で、草丈が低いのが特徴です。

生長過程で株元に土を寄せて軟白肥大化させます。香りはフェンネルと同じ甘い香りです。肥大化した柔らかい茎を煮込んでシチューにしたり、葉をサラダやマリネに使用します。

目次に戻る≫

フェンネルの育て方

フェンネルはとても育てやすいハーブです。自宅でフェンネルを育てて、楽しんでみませんか。フェンネルの育て方を紹介します。

フェンネルはとても育てやすいハーブです。自宅でフェンネルを育てて、楽しんでみませんか。フェンネルの育て方を紹介します。

フェンネルの植え付け、用土

日当たり、水はけ、風通しの良い場所を好みます。鉢植えのフェンネルは市販のハーブ用培養土で問題なく育ちます。庭植えのフェンネルは事前に赤玉土をすき込むなどして、水はけの良い土にしておきましょう。

フェンネルの種まき

フェンネルの種まきの適期は春か秋です。フェンネルは移植を嫌う直根性のハーブです。植え替えの必要がないように、鉢や庭に直まきします。植え付け後は種が流れないように注意しながら水やりを行います。

フェンネルを苗から育てる

フェンネルは移植を嫌う直根性のハーブです。庭植えにするなら植え替えの必要がないように場所を決めてから植え付けましょう。

複数株を植え付ける場合は大きくなることを想定して、株の間を50㎝以上は離すようにしましょう。植え付け後はたっぷりと水やりを行います。

フェンネルの水やり

フェンネルは加湿を嫌います。植え付け後はたっぷりと水やりを行いますが、根付いて株がしっかりしてきたら乾燥気味に管理しましょう。

フェンネルの植え替え

鉢植えのフェンネルは鉢が小さいと生長が止まってしまいます。最初から大きめの鉢に植え付けるようしましょう。株が大きくなり植え替えの必要ができたら、鉢から出し根鉢を崩さないように植え替えます。フェンネルは移植を嫌う直根性なので、くれぐれも根を傷めないように注意して作業してください。

フェンネルが被害にあいやすい病害虫と対処法

フェンネルは病気の少ないハーブですが、害虫の被害にあうことがあります。こまめに葉裏や茎を観察してください。

アブラムシや青虫がつくことがあります。見つけ次第捕殺しましょう。ナメクジの食害にあうこともあります。株元を確認し、見つけ次第捕殺します。

フェンネルの育て方のコツ

  • 移植を嫌うので、植え替えの必要がないように場所に植え付けましょう
  • フェンネルは乾燥気味を好みます。加湿にならないように注意しましょう
  • 花や種を収穫する際に少し切り戻すと、また柔らかい葉や茎が伸びてきて楽しめます

▼移植を嫌う直根性のについて詳しくはこちら

 

目次に戻る≫

フェンネルシードって何?

フェンネルシードとは、フェンネルの果実を乾燥させたハーブのことです。フェンネルのタネだからフェンネルシード(Fennel seed)と呼ばれています。

正確にはタネではなく、その周囲の果皮ごと乾燥させているので、フェンネルの果実です。生薬の茴香もフェンネルシードです。

フェンネルシードはフェンネルの花が終わった後にできる果実で、0.7~1㎝の楕円形をしています。フェンネルシードには甘い香りがあり、パンやクッキーなどのお菓子作りに使用されます。

フェンネルシードには整腸効果があると言われています。海外では口臭消しや整腸のために、食後に数粒噛む習慣もあるそうです。

目次に戻る≫

フェンネルとディルの違い

フェンネルによく似たハーブにディルがあります。フェンネルとディルは同じセリ科のハーブで、見た目もよく似ています。

さらにフェンネルとディルは近くに植えておくと交雑してしまうというややこしさもあります。フェンネルとディルの違いをまとめたので、見分け方の参考にしてください。

フェンネル

  • 学名:Foeniculum vulgare
  • 科名:セリ科
  • 属名:ウイキョウ属
  • 分類:多年草
  • 草丈:1.5~2m

ディル

  • 学名:Anethum graveolens
  • 科名:セリ科
  • 属名:イノンド(アネツム)属
  • 分類:一年草
  • 草丈:30~50㎝

フェンネルは多年草ですが、ディルは一年草です。フェンネルの草丈は1.5~2mと大きくなりますが、ディルは30~50㎝程度と小ぶりです。

ディルもフェンネルと同じように甘い香りがあり、魚料理やサラダ、マリネなどに使用されます。間違えて料理に使っても問題はありません。

自宅で栽培する際には交雑を避けるためにも、フェンネルとディルを近くに植えないように気を付けましょう。

ディル

  • ディルは独特の風味で、魚料理やハーブビネガーなどに使われているハーブです。細かく刻んで、ドレッシングやマヨネーズなどの調味料にも使えます。ディルは葉以外に、種もピクルスなどに利用されています。

    ディルは種からでも苗からでも育てることができますが、一回の料理で大量に使うハーブではないので、自宅で料理に使う用途であれば、1株でも十分に楽しめることから苗での購入の方が一般的です。

 

目次に戻る≫

フェンネルの使い方、利用法

フェンネルは地中海料理には欠かせないスパイスとして有名です。特に甘い香りは肉や魚の臭み消しに重宝されてきました。

フェンネルは地中海料理には欠かせないスパイスとして有名です。特に甘い香りは肉や魚の臭み消しに重宝されてきました。

若い葉や茎は摘み取ってそのままサラダやマリネに使用します。ピクルスの香り付けにも使われます。フェンネルシードはパンやお菓子に利用されます。

フェンネルは葉も茎もシードも余すところなく料理に利用できるハーブです。

目次に戻る≫

フェンネルの食べ方を紹介

甘い香りが特徴のハーブ、フェンネルフェンネルを日々の料理に取り入れてみませんか。フェンネルを使った簡単レシピを紹介します。

フェンネルのドレッシングのレシピ

材料

作り方

  1. レモンを粗いみじん切りにして塩を振ってボウルに入れ、ざっくりと混ぜ合わせておく
  2. フェンネル、黒オリーブは粗いみじん切りにする
  3. レモンの入ったボウルにフェンネルと黒オリーブを入れ、白ワインビネガーを軽く振りかける
  4. オリーブオイルを垂らして混ぜ合わせたら出来上がり

サラダの他に、サバやアジなどの焼き魚にかけても楽しめます。ちょっと変わったアレンジで、水気を切った木綿豆腐にかけてもおいしく食べられます。

目次に戻る≫

ハーブのフェンネルをもっと身近に

ちょっと馴染みが薄いハーブのフェンネル。使い方や楽しみ方がわからないという方も多いのではないでしょうか。

ちょっと馴染みが薄いハーブのフェンネル。使い方や楽しみ方がわからないという方も多いのではないでしょうか。

フェンネルはその甘い香りが特徴のハーブです。フェンネルは葉も茎もシードも余すところなく料理に利用できるハーブです。フェンネルの魅力を知って、もっとフェンネルを楽しみましょう。

目次に戻る≫

 

 

▼編集部のおすすめ

 

庭リノベの無料相談、お見積はMIDOLAS

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「ハーブのフェンネルの育て方。ディルとの違いや食べ方、楽しみ方まで」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

山田智美
山田智美

植物が好きで好きで、植栽設計、ガーデナー、生花店勤務を経て現在は、フリーランスの花屋「花や蜜」として活動中。「てのひらに森を」がテーマの花屋です。森の中にいるような、見ているだけで力が抜けていくようなお花を作り続けたいと思ってます。街中で突然お花を配る、「花ゲリラ棘」というゲリラ的花配り活動も不定期決行しています。

このライターの記事一覧

おすすめ商品

【送料無料】ベゴニア 原種 マクラータワイティ

販売価格:5,280円(税込)

【送料無料】底面給水機能付き フィカス・ベンガレンシス6号鉢

販売価格:8,800円(税込)

ベーシックエプロン VOIRY STORE

販売価格:4,950円(税込)

SPECIAL

おすすめ