ビカクシダ(コウモリラン)の育て方|植物図鑑

植物名
ビカクシダ(コウモリラン)
学名

Platycerium

英名
Common staghom fern
和名
鹿角羊歯
科名
ウラボシ科
属名
ビカクシダ属
原産地
アフリカ、アジア、オーストラリアなどの熱帯地域

ビカクシダ(コウモリラン)の特徴

樹木に着生しているシダの仲間で、「コウモリラン」とも呼ばれています。

「コウモリラン」と呼ばれる由来は、垂れ下がる葉を「羽ばたくコウモリ」に例えたものだと言われています。

独特な容姿が特徴ですが、葉の一つは株元に張りつくように出た「貯水葉(ちょすいよう)」または「外套葉(がいとうよう)」、もう一つは、鹿の角のような形をしている「胞子葉(ほうしよう)」になります。

貯水葉は水を蓄えておくことだけでなく、木などに絡みつく役割もあります。また、品種によってはこの貯水葉の凹凸が非常に美しく、観賞ポイントになります。

ハンギングバスケットやヘゴ板づけでお部屋に飾るととてもカッコイイです。

ビカクシダは変種や交配種などが多く存在し、ビカクシダの愛好家も多いです。1株だけでもカッコいいのですが、丸く群生にしたビカクシダはとても迫力があります。

自生地では樹木に着生しており、大きな群生株が1つの木に複数ついていたり、枝がビカクシダで覆われていることもあるそうです。

数十年生きた大型種のビカクシダは人の背丈を超える事もあり、まさにモンスター級のシダ植物です。

ビカクシダ(コウモリラン)の詳細情報

園芸分類 観葉植物
耐寒性 弱い
耐暑性 やや弱い
花色 なし
開花時期 なし

育て方を見る >>

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る

人気の植物ランキング