茎ブロッコリーの育て方・栽培|植物図鑑

植物名
茎ブロッコリー
学名

Brassica oleracea var. italica

科名
アブラナ科
属名
アブラナ属
原産地
地中海沿岸地域

茎ブロッコリーの特徴

茎ブロッコリーは、アブラナ科のケールの仲間です。そのため、ケールやその仲間であるカリフラワーなどと、幼苗の形がとても良く似ています。このケールから、突然変異や品種改良を経て、花の蕾を食用に改良したのがブロッコリーや茎ブロッコリー、カリフラワーになります。

茎ブロッコリーは、ブロッコリー同様、野菜でもありますが、花蕾を食べるため「エディブルフラワー」という表現をすることもできます。

ブロッコリーは直径15cmほどの頂花蕾を収穫しますが、茎ブロッコリーは500円玉ほどの大きさになった頂花蕾を収穫した後、次々と伸びる側花蕾を収穫します。

その後、20cmくらいの長さまで生長した側花蕾を収穫します。

ブロッコリーは字のごとく、「花蕾」花のつぼみを食します。茎ブロッコリーの収穫が遅れ、そのまま花を咲かせると、アブラナ科特有の黄色い菜の花を咲かせます。

茎ブロッコリーの詳細情報

園芸分類 野菜
草丈・樹高 80cm
耐寒性 やや強い
耐暑性 やや弱い
耐陰性 やや強い
花色 黄色

茎ブロッコリーの栄養

花茎が長く伸び、先端に小型の花蕾を着けるタイプのブロッコリー。茎はやわらかく甘味があり、ブロッコリーとはひと味違う風味です。

ビタミンCやβカロチンを豊富に含みます。ビタミンCは水溶性の栄養分のため、茹でるときは短時間に茹でましょう。

新鮮な状態で食べたほうが、栄養もあり、美味しく食べられます。蕾(つぼみ)が開いてしまうと、品質も悪くなるので、収穫したら早めに食べましょう。

茎ブロッコリーの調理方法

さっと茹でてサラダに入れたり、炒め物の仕上げ段階で彩に入れるときれいです。スープやシチューなどに使う時は火を入れる時間を短めにして、やわらかくなりすぎないようにしましょう。

育て方を見る >>

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る

人気の植物ランキング