プチヴェールの育て方・栽培|植物図鑑

植物名
プチヴェール
学名

Brassica oleracea cultivar

英名
brussels sprouts
科名
アブラナ科
属名
アブラナ属

プチヴェールの特徴

プチヴェールは、1990年に静岡県磐田市で誕生した芽キャベツとケールを交配させて作られた日本生まれの新品種です。このプチヴェールは結球しない芽キャベツのようで、葉の形がフリルになった特徴のある姿をしています。

プチヴェールは、本葉から花芽まで食べることができ、半年という長期間の間、収穫できます。青汁に用いられるケールと芽キャベツを掛け合わせているため、その栄養価はとても高く、しかもケールの苦みはかなり抑えられており、茹でて食べると甘くておいしい、これから注目の野菜です。

プチヴェールの詳細情報

園芸分類 野菜
草丈・樹高 80cm
耐寒性 やや強い
耐暑性 やや弱い
耐陰性 弱い

プチヴェールの種類

プチヴェールは、ポピュラーなタイプ緑色の他、プチヴェールルージュ、プチヴェールホワイトなどの種類があります。

プチヴェールの食べ方

生食も可能ですが、火を通すことによって甘みがまします。大きなサイズのものは半分でカットして利用しましょう。

プチヴェールは、本葉から花芽まで食べることができる野菜です。ケールと芽キャベツを掛け合わせていますが、ケール特有の苦みはかなり抑えられています。

食べ方は、軽く水洗いした後、1~2分茹でて、ドレッシングやマヨネーズなどのお好みの調味料をつけて食べるのが一番簡単です。その他、刻みニンニクを入れたオリーブオイルで短時間ソテーして、塩コショウで味付けするのもおすすめです。お好みでトウガラシやパルメザンチーズなどを味のアクセントとしても利用するのもよいでしょう。

 

プチヴェールの育て方カレンダー

時期 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
植え付け
収穫

プチヴェールの栽培環境

日当たり・置き場所

プチヴェールは日当たりを好みます。風通しの良い場所で育てましょう。鉢植えでも栽培可能ですが、大きくなるので10号以上の鉢に植え付けましょう。

温度

プチヴェールの生育適温は15~23℃位です。

用土

プランター栽培のプチヴェールは、野菜用の培養土で育てましょう。

畑栽培のプチヴェールは、植え付け前に準備が必要です。まず堆肥や元肥を入れる2週間前位には苦土石灰を入れ耕しましょう。その後堆肥と元肥を入れ土になじませます。

プチヴェールの育て方のポイント

水やり

植え付け後は十分に水をやります。排水を良くし、土が乾いたらしっかりと水を与えましょう。

肥料

プチヴェールは、長い間収穫できる野菜です。肥料切れには注意しましょう。本葉が6~8枚、草丈が20~30cm位の時期に追肥をします。それ以降は、収穫が始まってから月に1度の目安で与えましょう。

病害虫

アブラナ科の野菜が好物のコナガやアオムシ、苗の植え付け後に注意したいヨトウムシ、シンクイムシ、アザミウマに注意しましょう。
降雨が続き、温度も15~20℃の状態の時にはべと病、菌核病、黒腐れ病などに注意し、下葉かきの際にはハサミを消毒するなどして軟腐病の感染に注意しましょう。

プチヴェールの詳しい育て方

選び方

本葉4~5枚くらいで徒長しておらず、茎の太いしっかりした苗を選びます。葉が黄色くなっているものは避けましょう。

植え付け

株間70~80cmの間隔で苗を植え付けます。排水が悪い場所は畝を高くしましょう。植え付け後は乾燥を予防する為に、株元をわらや刈り草などでマルチングするとよいでしょう。同時に支柱を立てて風で倒れないようにします。

プチヴェールは初期の生育が悪いと樹高が伸びません。初期にしっかり生育させましょう。

収穫

植え付けてから3ヶ月ほど経過すると収穫時期になります。わき芽が3~5cmほどになったら下から順々に親指と人差し指でプチヴェールをつまみながら折り取って収穫します。

下葉かき

わき芽が結球してきたら、日当たりと風通しを良くしてプチヴェールの生育を促すために下葉を徐々に取り除きます。

最初はプチヴェールの草丈の1/4のところまで下から清潔なハサミで切除します。わき芽部分のプチヴェールを傷つけないように、1cmほど離れた部分をハサミで取り除きましょう。切り取った部分は数日間から数週間もすると乾燥し、ポロリと落ちます。

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る
植物の悩みならLOVEGREEN(ラブグリーン)のQ&A

人気の植物ランキング