ナス(なす・茄子)の育て方・栽培|植物図鑑

植物名
ナス(なす・茄子)
学名

Solanum melongena

英名
Aubergine, Eggplant
和名
茄子
科名
ナス科
属名
ナス属
原産地
インド

ナス(なす・茄子)の特徴

原産はインドです。日本には奈良時代に中国から伝わり、古くから日本人に親しまれた野菜のひとつです。ナスの形は、丸や卵、中長、長形など様々な品種が栽培されています。幅広く料理にも使えるので和洋中問わず、味を楽しむことができます。

みなさんがよくご存じの縁起の良い初夢の順番「一富士、二鷹、三茄子」ですが、江戸時代の初物のナスは1個がなんと1両。そのため庶民が正月に初物のナスを食べることは、夢のまた夢…叶わぬ夢でした。初夢にナスが登場すると縁起が良いとされるのもこのことからうかがえます。
現在のようにハウス栽培がない江戸時代で、冬に高温作物のナスを作るためには、油紙障子でハウスのようなものを作り、馬糞や麻屑(あさくず)などを踏み込んだ発酵材でエコに温度を上げるなどして、手間暇かけて栽培していたそうです。

ナス(なす・茄子)の詳細情報

園芸分類 野菜
草丈・樹高 80~100cm
耐寒性 弱い
耐暑性 やや強い
耐陰性 やや弱い
花色 紫色
開花時期 6~10月

ナスの実は水分が90%以上を占めるといわれていますが、紫色の皮の部分には、抗酸化作用を持つナスニンというアントシアニン系色素(ポリフェノールの一種)が含まれています。このナスニンは、癌の引き金になる活性炭素の働きを制御する働きがあり、癌の予防に効果があるといわれています。
さらにナスニンは血液をきれいにし、高血圧や動脈硬化も予防する効果があるともいわれているため、ますます取り入れたい食物の一つです。

育て方を見る >>

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る

人気の植物ランキング