ナスの育て方 〜仕立て方編〜

古幡真恵

古幡真恵

このライターの記事一覧

公開日 :

ナスを植え付けてから、苗の先端の葉の紫色が一段と濃くなりましたか?

それはナスが新しく植え付けられた環境に順応し、土に活着したしるしです(品種にもよります)。これからグングン大きくなっていきますね。

次は上手に植え付けたナスの苗を仕立ていきましょう。

目次

ナスのわき芽とは

ナスの仕立て方

ナスの支柱の仕方

ナスのわき芽とは

まずは、仕立て方をご紹介するうえでナスの「わき芽」からご説明します。

わき芽とは、上の画像のように葉や茎の付け根から出てくる芽の部分をいいます。

このわき芽を放置してしまうと、いろんな部分から枝が伸び主枝の栄養分も奪ってしまい、充実した実が収穫できません。そのため、不要なわき芽を取り除きナスの苗を3本に仕立てにしていきましょう。

目次に戻る≫

ナスの仕立て方

「秋茄子は嫁に食わすな」ということわざにもあるように、ナスは上手に育てると、秋まで長く収穫できます。長く元気に育てるために、しっかり仕立てていきましょう。

ナスの苗を植えて1週間以上たちました。上の画像のようにナスの一番花を起点にナスを3本に仕立てにしていきます。

3本仕立て

illustration:小野寺 葉月

一番花の下のわき芽を2本伸ばし、それより下のわき芽はカットします。

ナスの一番花の下に生えるわき芽は、比較的旺盛に生育する特徴があるため、この部分を生かして育てていきます。

目次に戻る≫

ナスの支柱の仕方

ナスは主茎1本と側枝2本合わせて3本に仕立てにしますので、支柱も3本使用します。

スペースが狭い場合は、主茎とわき芽を1本だけ伸ばす「2本仕立て」にすると少しコンパクトにまとまります。

誘引

苗を支柱に誘引するときは、節の下に麻ひもを固定します。交差させることでズレずに固定することができます。

また、苗を痛めつけないように緩く結び、支柱の方で結びましょう。


ナス(なす・茄子)

  • 原産はインドです。日本には奈良時代に中国から伝わり、古くから日本人に親しまれた野菜のひとつです。ナスの形は、丸や卵、中長、長形など様々な品種が栽培されています。幅広く料理にも使えるので和洋中問わず、味を楽しむことができます。

    みなさんがよくご存じの縁起の良い初夢の順番「一富士、二鷹、三茄子」ですが、江戸時代の初物のナスは1個がなんと1両。そのため庶民が正月に初物のナスを食べることは、夢のまた夢…叶わぬ夢でした。初夢にナスが登場すると縁起が良いとされるのもこのことからうかがえます。
    現在のようにハウス栽培がない江戸時代で、冬に高温作物のナスを作るためには、油紙障子でハウスのようなものを作り、馬糞や麻屑(あさくず)などを踏み込んだ発酵材でエコに温度を上げるなどして、手間暇かけて栽培していたそうです。

 

目次に戻る≫

 

庭リノベの無料相談、お見積はMIDOLAS

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「ナスの育て方 〜仕立て方編〜」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

古幡真恵
古幡真恵

結婚・出産そして育児をしながら、学童保育所で食育を2年間指導後、農業研究センターで大豆と稲の研究作物栽培及び実験業務に従事。屋上ガーデン・屋上菜園の管理業務、エディブルフラワー店勤務を経て、現在はLOVEGREEN編集部とBotapii編集部のアシスタントとして、初心者からでも手を出しやすい家庭菜園やエディブルフラワーの記事、sanagardenコンテンツを配信。

このライターの記事一覧

おすすめ