ナスの育て方 〜摘花・摘果編〜

古幡真恵

古幡真恵

このライターの記事一覧

公開日 :

ナスの仕立て方で目安となった、ナスの一番花はその後どうなりましたか?

花が終わり、小さな実を付け始めた頃ではないでしょうか?

しかし、苗が小さいうちに、このまま実が大きくなってしまっては、実ばかりに栄養が取られて、苗に栄養がいかなくなってしまいます。

今回は苗を大きく生長させるために必要なひと手間、ナスの「摘花・摘果」をご紹介します。

目次

ナスの花から生育状態を見極める

ナスの摘花・摘果

ナスの花から生育状態を見極める

紫の濃い色合いが美しいナスの花が綺麗に咲きました。このナスの花をよくご覧ください。雌しべが雄しべより長くなっているのが分かりますか?  これは、草勢があり肥料のバランスも整ったとてもいい状態で、かつ雄しべより雌しべが長いことで受粉が上手くいく良い状態です。

紫の濃い色合いが美しいナスの花が綺麗に咲きました。このナスの花をよくご覧ください。雌しべが雄しべより長くなっているのが分かりますか?

これは、草勢があり肥料のバランスも整ったとてもいい状態で、かつ雄しべより雌しべが長いことで受粉が上手くいく良い状態です。

 

こちらのナスの花は、雄しべが雌しべより長くなったり、同じ長さになったりしてます。この状態では、受粉がスムーズにいかなくなり、実にならず花が落ちてしまうか、受粉ができたとしても石ナスといって実が硬くなります。  まずは、育てているナスの状態を見極めるために、ナスの花の状態を観察しましょう。  皆さんの育てているナスの花の状態が悪いときは、まずは追肥と水をしっかり与え、草勢を回復させましょう。

こちらのナスの花は、雄しべが雌しべより長くなったり、同じ長さになったりしてます。この状態では、受粉がスムーズにいかなくなり、実にならず花が落ちてしまうか、受粉ができたとしても石ナスといって実が硬くなります。

まずは、育てているナスの状態を見極めるために、ナスの花の状態を観察しましょう。

皆さんの育てているナスの花の状態が悪いときは、まずは追肥と水をしっかり与え、草勢を回復させましょう。

目次に戻る≫

ナスの摘花・摘果

せっかく綺麗に咲いたナスの花ですが、小さい苗の状態でナスの実をつけてしまうと、苗が体力を消費してしまい生長に遅れが出てしまいます。  この一番最初になった実を一番果といい、大きくしないうちに取り除くことを摘果といいます。  通常は一番果を取り除く方法をとりますが、あまりにも苗が弱っている場合、実になるまで待たずに花の状態で摘花し、苗の体力を温存したほうが良いでしょう。

せっかく綺麗に咲いたナスの花ですが、小さい苗の状態でナスの実をつけてしまうと、苗が体力を消費してしまい生長に遅れが出てしまいます。

この一番最初になった実を一番果といい、大きくしないうちに取り除くことを摘果といいます。

通常は一番果を取り除く方法をとりますが、あまりにも苗が弱っている場合、実になるまで待たずにの状態で摘花し、苗の体力を温存したほうが良いでしょう。

▼編集部のおすすめ

 

目次に戻る≫ 

 
庭リノベの無料相談、お見積はMIDOLAS

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「ナスの育て方 〜摘花・摘果編〜」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

古幡真恵
古幡真恵

結婚・出産そして育児をしながら、学童保育所で食育を2年間指導後、農業研究センターで大豆と稲の研究作物栽培及び実験業務に従事。屋上ガーデン・屋上菜園の管理業務、エディブルフラワー店勤務を経て、現在はLOVEGREEN編集部とBotapii編集部のアシスタントとして、初心者からでも手を出しやすい家庭菜園やエディブルフラワーの記事、sanagardenコンテンツを配信。

このライターの記事一覧

おすすめ