【半日陰で美しく育つ常緑のカラーリーフ】ラミウム

戸松敦子

戸松敦子

このライターの記事一覧

公開日 :

ラミウム

寄せ植えを素敵に仕上げる名脇役プランツ、今回ご紹介するのは「ラミウム」。一年中葉が美しいシソ科の耐寒性多年草です。

ラミウムは、丸みのある三角形のシルバー色の葉が美しいカラーリーフ。草丈は15~40㎝ほどで、ふんわりと横に広がって茎が蔓状に伸びるように生長します。日本に自生するホトケノザやオドリコソウの仲間です。ラミウム・マクラツムや、ラミウム・ガレオブドロンの園芸品種が流通しています。  ラミウムは乾燥に強いですが、高温多湿に弱く、真夏の直射日光では葉焼けをおこすことがあります。真夏は半日陰くらいの場所で、秋から春にかけては日当たり~半日陰で管理すると葉色が美しくなります。寒さに強く常緑性なので、周年、寄せ植えやハンギングバスケットによく用いられます。  ラミウムのシルバー色は、春夏は爽やかで涼し気な印象、秋はその葉のふわふわ感から長袖が恋しくなった季節にぴったりな雰囲気、冬は雪やホワイトクリスマスなどのイメージを演出できます。つくづく、どんな季節に使っても違和感を感じない優れものだなと思います。

ラミウムは、丸みのある三角形のシルバー色の葉が美しいカラーリーフ。草丈は15~40㎝ほどで、ふんわりと横に広がって茎が蔓状に伸びるように生長します。日本に自生するホトケノザやオドリコソウの仲間です。ラミウム・マクラツムや、ラミウム・ガレオブドロンの園芸品種が流通しています。

ラミウムは乾燥に強いですが、高温多湿に弱く、真夏の直射日光では葉焼けをおこすことがあります。真夏は半日陰くらいの場所で、秋から春にかけては日当たり~半日陰で管理すると葉色が美しくなります。寒さに強く常緑性なので、周年、寄せ植えやハンギングバスケットによく用いられます。

ラミウムのシルバー色は、春夏は爽やかで涼し気な印象、秋はその葉のふわふわ感から長袖が恋しくなった季節にぴったりな雰囲気、冬は雪やホワイトクリスマスなどのイメージを演出できます。つくづく、どんな季節に使っても違和感を感じない優れものだなと思います。

 

ラミウムはシルバー色の他、この写真のような明るいグリーンと白の斑入りなどの品種もあります。シルバー色・斑入り品種ともに、半日陰の暗くなりがちなシェードガーデンをぱっと明るい雰囲気に変えることができます。グランドカバーとしても人気があります。  ラミウムは、初夏にサルビアに似た花穂を伸ばして小さな花を咲かせます。花色は白、ピンク、黄色、紫など様々で、花の咲いた様子も清楚でとても可愛いです。

ラミウムはシルバー色の他、この写真のような明るいグリーンと白の斑入りなどの品種もあります。シルバー色・斑入り品種ともに、半日陰の暗くなりがちなシェードガーデンをぱっと明るい雰囲気に変えることができます。グランドカバーとしても人気があります。

ラミウムは、初夏にサルビアに似た花穂を伸ばして小さな花を咲かせます。花色は白、ピンク、黄色、紫など様々で、花の咲いた様子も清楚でとても可愛いです。

 

シルバー色のラミウムに、写真のようなカラーリーフを合わせると、手間がかからず長く楽しめる寄せ植えやリースができます。同系色で斑が入っていたり、葉の形が少し違うものを組み合わせるときれいにまとまります。

シルバー色のラミウムに、写真のようなカラーリーフを合わせると、手間がかからず長く楽しめる寄せ植えやリースができます。同系色で斑が入っていたり、葉の形が少し違うものを組み合わせるときれいにまとまります。

 

写真のヤマアジサイの寄せ植えにも、一番手前にラミウムが使われています。ラミウムの横に広がって伸びる性質を使って、手前に垂れ下がるようにさらに美しく育つことを予想してその場所に植えています。ふんわりと生長し、どんな色にも合わせやすいラミウムは、この上なく寄せ植えやハンギングバスケットに使いやすいので初心者の方にもおすすめです。

写真のヤマアジサイの寄せ植えにも、一番手前にラミウムが使われています。ラミウムの横に広がって伸びる性質を使って、手前に垂れ下がるようにさらに美しく育つことを予想してその場所に植えています。ふんわりと生長し、どんな色にも合わせやすいラミウムは、この上なく寄せ植えやハンギングバスケットに使いやすいので初心者の方にもおすすめです。

 

▼ラミウムの詳しい育て方はこちら

ラミウム

  • ラミウムは耐寒性多年草。丸みのある三角形の銀灰色の葉が美しいカラーリーフです。草丈は15~40㎝ほどで、ふんわりと横に広がって茎が蔓状に伸びて繁殖します。 ラミウムは、初夏にサルビアに似た花穂を伸ばして小さな花を咲かせます。花色は、白、ピンク、黄色、紫などがあります。乾燥には強いですが、高温多湿に弱く、真夏の直射日光では葉焼けをおこすことがあります。秋から春にかけては日当たりが良い場所で育てると草姿も葉色も美しく育ちます。寒さに強く常緑性なので、半日陰のグランドカバーや寄せ植え、ハンギングバスケットなどに重宝されます。 ラミウムは日本に自生するホトケノザやオドリコソウの仲間です。ラミウム・マクラツムや、ラミウム・ガレオブドロンの園芸品種が流通しています。

 

▼ラミウムを使った育てるリースの作り方はこちら

 

▼河野自然園の井上まゆ美さんに教わったラミウムを使った寄せ植えはこちら

 

▼ラミウムのようなシルバーリーフはこちら

 

植物の悩みならLOVEGREEN(ラブグリーン)のQ&A

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「【半日陰で美しく育つ常緑のカラーリーフ】ラミウム」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

戸松敦子
戸松敦子

グリーンアドバイザー、ハンギングバスケットマスター、野菜ソムリエ、家庭菜園検定2級。園芸業界で植物全般を幅広く学び経験してきました。LOVEGREEN編集部では主に寄せ植えやリース作り、ボタニカルピープルなどの取材を担当。人が植物と心地良く暮らし、その幸せの連鎖が世界中に広がっていくことを願います。趣味はママさんサッカー。都大会優勝を目指して日々練習しています。

このライターの記事一覧

おすすめ商品

【送料無料・10/5まで】味が濃く香り高い本気野菜「スイートバジル 2苗」栽培セット(鉢・土付き)

販売価格:3,520円(税込)

【事前予約・10月発送】チューリップ 球根 春満開 定番人気4種20球入り (一重咲き藤色・一重咲きピンク・フリンジ咲きピンク×白・八重咲き白)

販売価格:2,530円(税込)

【事前予約・10月発送】チューリップ 球根 マスコット 5球入り

販売価格:770円(税込)

SPECIAL

おすすめ

植物の悩みならLOVEGREEN(ラブグリーン)のQ&A