幸運を呼び込む「育てるリース」を作ろう

戸松敦子

戸松敦子

このライターの記事一覧

公開日 :

リースといえば、作って飾るもの。ですが、今回は根のついた植物を使ってリースを作ってみました。その名も「育てるリース」。植えたときから少しずつ成長していく姿も楽しめる、育てるリースの作り方をご紹介します。

 

目次

リースの意味

育てるリースとは

用意するもの

植える手順

管理方法

 

リースの意味

リースのまるい形は、欧米では古くからドアなどに飾る風習があり、永遠、幸運、幸福を呼び込むお守りとされていたとのこと。

家にリースを飾って、家族の「行ってきます」「お帰り」の幸せのルーティンを永遠に祈り、幸運を呼び込みたいですね。

 

育てるリースとは

リースは、生花、プリザーブドフラワー、アーティフィシャルフラワー、ドライフラワー、木の実など、どんな素材でも作ることができますが、育てるリースは、根付きの植物を使って作るリースです。

作成後に水やりや追肥などの簡単な管理をすることで、すくすくとふんわり成長し、日々、のびやかな姿を楽しむことができます。

スタンドに立てかけて玄関やベランダに飾ることもおすすめです。

 

用意するもの

・リース型 不織布
・肥料入り培養土
・水苔
・土入れ
・はさみ
・9cmポット苗4ポット(シラネユニフローラ3/ラミウム1/アイビー1)

 

植える手順

リース型に、リースの幅の2倍くらいの太さにカットした不織布を敷きます。

 

薄めに培養土を入れます。

 

苗の配置を考えます。

 

ポットから苗をはずします。

 

苗の首元に生えている苔や枯葉などを取り除き、少し根をくずして土を落とします。

 

リース型に植えていきます。

 

この時、リースに苗がうまりすぎず、リースの深さより高く植えてぐらぐらすることの無いように、リースの深さと、苗の土の高さを合わせるようにします。

 

苗と苗の間に、外側からと内側から1周ずつ土を入れて苗がぐらつかないようにします。

 

あまっている不織布を、幅1cm~1.5cmくらい残してはさみでカットします。

 

水に漬けてふやかしておいた水苔を少し水をしぼりながらリースの縁にひっかけるように、リースの外側と内側から1周ずつのせます。

 

最後に下から流れ出るくらい何回かに分けてお水をあげます。

 

管理方法

外の風通しの良い日向に置きます。

水やりは1日1回、たっぷりあげましょう。水やり時は平置きにしてあげるとあげやすいです。

リースの形がわからなくなるほど成長した場合は、リースの形がわかる程度に美しくカットしてあげてもいいですね。

切り戻しに合わせて液肥を施すと、新芽の成長が良くなります。

ぜひ、育てるリースをつくって日々の生活に癒しと幸運と呼び込んでくださいね。

▼関連記事

 

庭リノベの無料相談、お見積はMIDOLAS

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「幸運を呼び込む「育てるリース」を作ろう」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

戸松敦子
戸松敦子

グリーンアドバイザー、ハンギングバスケットマスター、野菜ソムリエ、家庭菜園検定2級。園芸業界で植物全般を幅広く学び経験してきました。LOVEGREEN編集部では主に寄せ植えやリース作り、ボタニカルピープルなどの取材を担当。人が植物と心地良く暮らし、その幸せの連鎖が世界中に広がっていくことを願います。趣味はママさんサッカー。都大会優勝を目指して日々練習しています。

このライターの記事一覧

おすすめ