【秋が深まるにつれて大きく美しく咲く花】フォーチュンベゴニア

戸松敦子

戸松敦子

このライターの記事一覧

公開日 :

フォーチュンベゴニア

トゥデイズプランツ、今回ご紹介するのは「フォーチュンベゴニア」。9月~12月頃に美しく咲く、シュウカイドウ科の半耐寒性球根です。

フォーチュンベゴニア 秋の花 半耐寒性球根

フォーチュンベゴニアは、まるでバラのような華やかで大輪の花が魅力の球根ベゴニア。1ポットの中に八重咲きの雄花と一重咲きの雌花が咲き、1ポットで2種類の花形が楽しめることも魅力です。花色は赤、白、ピンク、オレンジ、黄色などがあります。

 

フォーチュンベゴニア 秋の花 半耐寒性球根 ハンギングバスケット

フォーチュンベゴニアは春にも流通があるのですが、温暖地では秋に植える方がおすすめ。なぜかと言うと、夏の高温多湿が苦手で秋の方が花も葉もだんぜん美しく育つからです。フォーチュンベゴニアは秋から気温が下がるにつれて花が大きくなり、花色も花もちも良くなってこんもりと生長し、秋から冬までたっぷりその美しさを満喫できます。

 

フォーチュンベゴニア 秋の花 半耐寒性球根 ハンギングバスケット

冬越しについては、軽い霜程度には耐えるものの、株が凍ると枯れてしまいます。球根が凍らないように管理すると、春に再び芽が出て初夏に花が咲きます。

 

フォーチュンベゴニア寄せ植え 秋の寄せ植え

フォーチュンベゴニアはどんな花とも相性が良く、寄せ植えやハンギングバスケットのメインになります。花色のバリエーションも咲き方も豊富なので様々なイメージを楽しむことができます。白色のフォーチュンベゴニアを使うと、爽やかで上品なイメージがプラスされます。

 

フォーチュンベゴニア 秋の花 半耐寒性球根

間室みどりさんに教わる3ポットで作る寄せ植え!「秋から春まで楽しめる組み合わせ」

寄せ植えを作るときにたくさんの苗を使うと、組み合わせを考えるのが難しかったり、少し時間がかかりますよね。さっと寄せ植えしたいときは、3ポットでできる簡単寄せ植えがおすすめです。

写真は、ピンク色のフォーチュンベゴニアをメインに、葉の形が異なるカラーリーフを2ポット組み合わせています。アースカラーの可愛い組み合わせです。

 

フォーチュンベゴニア 半耐寒性球根 秋の花 3ポットで作る寄せ植え

初心者でも簡単!「球根ベゴニアを使った3ポットで作る秋の寄せ植え」おすすめの組み合わせ

これは、ピンク色のフォーチュンベゴニアに実ものとカラーリーフを合わせた、優しい色合いの組み合わせ。合わせるものによって全く違う雰囲気が作れるので不思議ですよね。

▼3ポットで作る寄せ植えについてはこちら

 

フォーチュンベゴニア 秋の花 半耐寒性球根 ハンギングバスケット

ピンク色のフォーチュンベゴニアとシロタエギクなどのシルバーリーフを合わせると、甘く優しい雰囲気に。たくさんの種類の花を使わなくても、色は同じでも咲き方が違うフォーチュンベゴニアを合わせることで、単調にならずにすっきりと美しいハンギングバスケットができます。

 

フォーチュンベゴニア寄せ植え 秋の寄せ植え

寄せ植え初心者のボタピーズが挑戦!フォーチュンベゴニアの秋の寄せ植え

オレンジ色のフォーチュンベゴニアに、ヒペリカムなどの秋の実ものや数種類の秋色カラーリーフを合わせると、秋のムードたっぷりな寄せ植えができます。ハロウィンのイメージにもぴったりですね。

▼渋谷園芸の樺澤智江さんに教わったフォーチュンベゴニアの寄せ植えの作り方はこちら

 

フォーチュンベゴニア 秋の花 半耐寒性球根 ハンギングバスケット

秋が深まるにつれて美しく咲くフォーチュンベゴニア。苗売り場に並んでいる姿も華やかでよく目立ちます。色や咲き方も様々あるのでぜひ、お気に入りをみつけて秋の穏やかな日差しの中で育ててみてくださいね。

▼編集部のおすすめ

フォーチュンベゴニア

  • フォーチュンベゴニアは、華やかでつやがある大輪の花が魅力の球根ベゴニアです。春にも出回りますが、夏の高温多湿を嫌うので、温暖地では秋に植えるのがおすすめです。秋の低温・短日期にも花が咲きやすい特徴があり、気温が下がり始める秋から育てることで、秋から冬まで存分にその美しさを楽しむことができます。 フォーチュンベゴニアの花は、気温が高い時期は少し小さく咲き、開花期間も短めなのですが、気温が下がる秋に花は大きくなり、花色もより美しく、花持ちも良くなります。秋が深まるにつれてこんもりと生長し、どんどん花芽をつけてたくさんの花を咲かせます。温暖地で9月に植え付けた株は12月には3倍程度に生長します。 フォーチュンベゴニアは、1ポットの中に八重咲きの雄花と一重咲きの雌花が咲き、1ポットで2種類の花形が楽しめることが魅力です。シンプルで可愛い一重のピコティ(縁取り)咲きの虹色フォーチュンベゴニアは、雄花は大輪で花びらの縁取りが美しい一重咲きで、雌花も一重咲きです。 フォーチュンベゴニアはどのような花とも相性が良く、寄せ植えのメインとなります。花色のバリエーションも咲き方も豊富なので様々なイメージを楽しむことができます。 軽い霜程度には耐えますが株が凍ると枯れてしまいます。球根を凍らないように管理をすると、春には芽が出て初夏に花が咲きます。

 

LOVEGREEN(ラブグリーン)メールマガジン会員募集中!

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「【秋が深まるにつれて大きく美しく咲く花】フォーチュンベゴニア」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

戸松敦子
戸松敦子

グリーンアドバイザー、ハンギングバスケットマスター、野菜ソムリエ、家庭菜園検定2級。園芸業界で植物全般を幅広く学び経験してきました。LOVEGREEN編集部では主に寄せ植えやリース作り、ボタニカルピープルなどの取材を担当。人が植物と心地良く暮らし、その幸せの連鎖が世界中に広がっていくことを願います。趣味はママさんサッカー。都大会優勝を目指して日々練習しています。

このライターの記事一覧

おすすめ商品

【数量限定・送料無料】"世界で1つだけの苔玉” みんなで作ろう!ストアオリジナル・初めての苔玉DIYキット(ポトス・グローバルグリーン)【10/29発送】

販売価格:3,850円(税込)

【事前予約・11月上旬発送】チューリップ 球根 スラワ 5球入り

販売価格:660円(税込)

【限定販売・10/27〆切】寒さに強く・長く咲く!フリル咲きビオラ「ミルフル 3苗」栽培セット(鉢・土・鉢底石付き)

販売価格:1,980円(税込)

LOVEGREEN 公式アカウントをフォロー!

  • Instagram
  • Facebook
  • LINE
  • Twitter

SPECIAL

おすすめ

LOVEGREEN(ラブグリーン)メールマガジン会員募集中!

植物の悩みならLOVEGREEN(ラブグリーン)のQ&A