モンステラを美しく育てる。知っておきたい3つの管理ポイント

熊木健二

熊木健二

このライターの記事一覧

公開日 :

人気の観葉植物「モンステラ」。モンステラを育ててると、だらーんとしてしまったり、葉が汚れてきてしまったり…。モンステラを美しく育てるために知っておきたい3つの管理ポイントをご紹介します。

目次

モンステラってどんな観葉植物?

モンステラを美しく育てる3つのポイント

 

モンステラってどんな観葉植物?

熱帯アメリカに生息するサトイモ科の植物モンステラ。観葉植物としても人気のあるモンステラは、耐陰性もあるので明るい室内でも育ちます。

熱帯アメリカに生息するサトイモ科の植物モンステラ。観葉植物としても人気のあるモンステラは、耐陰性もあるので明るい室内でも育ちます。

モンステラ

  • 大人気の観葉植物モンステラ。こんな風に生えている自生地へ行ってみたいと思うほど、迫力があります。モンステラは熱帯アメリカに分布するつる性(または半つる性)の植物で、20~40種類あると言われています。葉は生長するにつれ、縁から切れ込みが入ったり穴があき、独特な面白い姿になります。
    モンステラは水が好きな植物ですが、大きな株になれば乾燥にも比較的強くなる強健な観葉植物です。モンステラは葉の縁に水孔(すいこう)と呼ばれる排水器官があり、朝方モンステラを見てみると葉の縁に水滴が付いていることがあると思います。全ての植物に水孔がついている訳ではないので、初めはビックリしてしまうかもしれませんが、モンステラの状態が悪くなっている訳では無くむしろ健康な証拠なので気にしなくて大丈夫です。

 

モンステラを美しく育てる3つのポイント

その1.日当たりや置き場のこと モンステラの生息する地域を知ろう  モンステラは、熱帯アメリカに生息するつる性(または半つる性)の植物です。葉は成長するにつれ、縁から切れ込みが入ったり穴があき、独特な面白い姿になることが特徴的。モンステラの原産地は熱帯雨林(ジャングル)なので、半日陰を好み、直射日光を嫌います。そのため、比較的薄暗い環境でも耐えてくれます。なので直射日光に当てると葉が焼けてしまいます。その植物の自生地を知ることで、置き場所や温度など考えるとベストだと思います。

その1.日当たりや置き場のこと

モンステラの生息する地域を知ろう

モンステラは、熱帯アメリカに生息するつる性(または半つる性)の植物です。葉は成長するにつれ、縁から切れ込みが入ったり穴があき、独特な面白い姿になることが特徴的。モンステラの原産地は熱帯雨林(ジャングル)なので、半日陰を好み、直射日光を嫌います。そのため、比較的薄暗い環境でも耐えてくれます。なので直射日光に当てると葉が焼けてしまいます。その植物の自生地を知ることで、置き場所や温度など考えるとベストだと思います。

 

その2.水やりのこと モンステラの水やりは、どうしたらいいの?  モンステラの住んでいる地域は湿度が高いのでお水が好きです。かといってお水のあげすぎや土が湿った状態が続くと根が腐って枯れる原因となってしまうので注意です。

その2.水やりのこと

モンステラの水やりは、どうしたらいいの?

モンステラの住んでいる地域は湿度が高いのでお水が好きです。かといってお水のあげすぎや土が湿った状態が続くと根が腐って枯れる原因となってしまうので注意です。

 

お水をあげたら、風通しの良いところを置いてあげましょう。根元にあげるだけでなく、葉っぱにも霧吹きでかけてあげましょう。葉っぱにお水をあげる(葉水)ことで、病害虫予防にもなります。葉の裏にも霧吹きをしてあげるのもポイントです。また室内に置いておくと、葉っぱにホコリが被りやすいです。なので、霧吹きでお水をシュッとかけてティッシュや柔らかい布などで拭き取りましょう。ホコリが被っていると、光合成の妨げになります。しっかり拭き取りましょう。

お水をあげたら、風通しの良いところを置いてあげましょう。根元にあげるだけでなく、葉っぱにも霧吹きでかけてあげましょう。葉っぱにお水をあげる(葉水)ことで、病害虫予防にもなります。葉の裏にも霧吹きをしてあげるのもポイントです。また室内に置いておくと、葉っぱにホコリが被りやすいです。なので、霧吹きでお水をシュッとかけてティッシュや柔らかい布などで拭き取りましょう。ホコリが被っていると、光合成の妨げになります。しっかり拭き取りましょう。

 

続きを読む

Pages: 1 2
庭リノベの無料相談、お見積はMIDOLAS

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「モンステラを美しく育てる。知っておきたい3つの管理ポイント」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

熊木健二
熊木健二

幼少期から瓦屋根の家の庭や野山で昆虫を探す少年でした。高校は農業高校へと進み、野菜の栽培や植物バイオテクノロジー、ビオトープや植栽管理等を学べる生物生産科に入る。大学進学は土木を専攻。公共空間の設計演習や農業・農村、まちづくりについて取り組む。大学卒業後は小田急ランドフローラへ入社し小田急フローリストで2年半店舗勤務。週末はたまに知り合いの花屋を手伝う。趣味は珈琲・写真・イラスト、植物を育てること。

このライターの記事一覧

おすすめ