LOVEGREEN 植物と暮らしを豊かに。

目黒・赤坂・六本木の花屋・園芸店・植物園1-10件 / 全167件

ショップ・施設を検索

Flower Kitchen JIYUGAOKA

Botapii設置店 東京 花屋
  • 最寄駅 : 東急東横線 中目黒駅
  • アクセス : 東急東横線 中目黒駅から徒歩7分
  • 住所 : 東京都目黒区上目黒1-11-13岡田ビル1階

Flower kitchen JIYUGAOKAは東京・自由が丘に本店のあるネット販売を中心したお花屋さんです。
生花のフラワーアレンジメントやプリザーブトフラワーのギフト商品をはじめ、観葉植物、生活雑貨など、生活を豊かにしてくれるナチュラルでセンスの良い商品を豊富に取り揃えています。

TRANSHIP

  • 最寄駅 : 東急目黒線「武蔵小山駅」
  • アクセス : 東急目黒線「武蔵小山駅」から徒歩3分
  • 住所 : 東京都品川区小山3-11-2-1F

トランシップは鉢と植物を組み合わせ、空間をデザインするインテリアグリーンショップです。週末の店頭営業では毎週変わる品揃えに注目です。大小様々な植物を取り揃え、時にはレイアウトもガラリと変え新鮮な空間づくりを行なっています。お好みの樹形を探しにぜひご来店ください。

BOTANIZE Shirokane

  • 最寄駅 : 東京メトロ日比谷線「広尾駅」、東京メトロ南北線・都営地下鉄三田線「白金台駅」
  • アクセス : 広尾駅より徒歩約11分、白金台駅より徒歩約13分
  • 住所 : 東京都港区白金5-13-6 ANEA BLD.3F-4F

恵比寿・広尾・白金台・白金高輪の4駅からアクセスができる好立地のスポット。コーデックス、ユーフォルビア、サボテン、アロエなど代表の横町さんがセレクトした植物が並びます。鉢やオリジナルグッズも販売。1~2階は「anea cafe」。旬の素材を活かしたオリジナルメニューを味わえる。店内全席ワンちゃんの同席OK。一緒に素敵な時間を過ごしては。

  • 最寄駅 : 東京メトロ「麻布十番」
  • アクセス : 東京メトロ「麻布十番」7番出口から徒歩約2分
  • 住所 : 港区麻布十番1-4-8麻布永坂ビル1F ODEONS内

フラワーデザイナーの秋貞 美際さんの花屋。ナチュラルなテイストからインパクトのあるものまで独自のセンスで仕入れた花が並び、来店したお客さんを楽しませています。店内にはカフェも併設(テイクアウトのみ)。手作りのスイーツやコーヒーを楽しむことができます。ブーケ作りのレッスンやワークショップも開催。詳細はInstagramで開催情報を要チェック。

イデーショップ 自由が丘店/イデーボタニーク

  • 最寄駅 : 自由が丘
  • アクセス : 正面口 徒歩3分
  • 住所 : 東京都目黒区自由が丘2-16-29

イデーの世界観をトータルに表現する旗艦店。
「Laugh & Luxe」をテーマに、長く愛着を持って使うことができるデイリーグッズや気持ちが豊かになるクラフトを取り揃えました。また観葉植物や鉢、ガーデンツールを多数揃え、自然との心地よい暮らしをご提案します。

サンフローリスト 白金本店

  • 最寄駅 : 都営地下鉄三田線、東京メトロ南北線 白金高輪駅
  • アクセス : 都営地下鉄三田線、東京メトロ南北線 白金高輪駅4番出口を出てすぐ
  • 住所 : 東京都港区白金1-17-2

気持ちがいっぱい詰まった、季節の色や香りがいっぱいのフラワーギフトが多数!
サンフローリスト白金本店では、小さなお子さまでも楽しめるイベント「こどもひろば」を開催!バレンタイン、イースター、父の日、敬老の日、ハロウィンのイベントとして、こどもひろばでアレンジメントが作れます。家族で遊びに行けるお花屋さんです♪詳しくはサンフローリストのホームページやブログ、Facebookをご覧ください。

浜離宮恩賜庭園

  • 最寄駅 : 汐留駅、築地市場駅、新橋駅、浜松町駅
  • アクセス : 【大手門】都営大江戸線「汐留」「築地市場」・ゆりかもめ「汐留」徒歩7分。JR線山手線・京浜東北線、東京メトロ銀座線・都営浅草線「新橋」徒歩12分。【中の御門口】 都営大江戸線・ゆりかもめ「汐留」徒歩5分。JR山手線・京浜東北線「浜松町」徒歩15分。
  • 住所 : 東京都中央区浜離宮庭園1-1

海水を引き入れた「潮入の池」と2つの「鴨場」をもつ江戸時代の代表的な池泉回遊式の大名庭園です。もともとこの地は、将軍家の鷹狩場で一面の芦原でしたが、承応3(1654)年に四代将軍家綱の弟・松平家重が別邸を建てました。その後、将軍家の別邸「浜御殿」となり、幾度かの造園と改修工事が行われ、十一代将軍徳川家斉の時に、ほぼ現在の姿の庭園が完成しました。
 明治維新後は皇室の離宮となり「浜離宮」と名称を変えました。関東大震災や戦災を経て、昭和20(1945)年に東京都に下賜され、整備された後、昭和21(1946)年に一般に公開されました。その後、昭和27(1952)年に「旧浜離宮庭園」(文化財指定名称)として国の特別名勝及び特別史跡に指定されました。

旧芝離宮恩賜庭園

  • 最寄駅 : JR山手線・京浜東北線「浜松町」
  • アクセス : JR山手線・京浜東北線「浜松町」下車、北口より徒歩1分。都営地下鉄大江戸線「大門」(E20)下車、徒歩3分。都営地下鉄浅草線「大門」(A09)下車、徒歩3分。ゆりかもめ「竹芝」下車、徒歩10分。
  • 住所 : 東京都港区海岸1-4-1

小石川後楽園と共に、今東京に残る江戸初期の大名庭園の一つです。回遊式泉水庭園の特徴をよくあらわした庭園で、池を中心とした庭園の区画や石の配置は、非常に優れています。
明暦(1655~1658年)の頃に海面を埋め立てた土地を、延宝6年(1678年)に老中・大久保忠朝が4代将軍家綱から拝領しました。
忠朝は屋敷を建てるにあたり、藩地の小田原から庭師を呼び庭園を造ったと言われています。庭園は「楽壽園」と呼ばれていました。
庭園は、幾人かの所有者を経たのち、幕末頃は紀州徳川家の芝御屋敷となりました。明治4年には有栖川宮家の所有となり、同8年に宮内省が買上げ、翌9年に芝離宮となりました。離宮は、大正12年の関東大震災の際に建物や樹木に大変な被害を受けました。
翌年の大正13年1月には、皇太子(昭和天皇)のご成婚記念として東京市に下賜され、園地の復旧と整備を施し、同年4月に一般公開しました。また、昭和54年6月には、文化財保護法による国の「名勝」に指定されました。
【入園料】
一般:150円
65歳以上:70円
(小学生以下及び都内在住・在学の中学生は無料)

les mille feuilles de liberte 紀尾井町店

  • 最寄駅 : 永田町駅/赤坂見附駅
  • 住所 : 東京都千代田区紀尾井町1-3 東京ガーデンテラス紀尾井町1F

les mille feuilles de liberte 虎ノ門ヒルズ店

  • 最寄駅 : 虎ノ門駅
  • 住所 : 東京都港区虎ノ門1-23-3 虎ノ門ヒルズ森タワー3階
123...10...»

おすすめ

LOVEGREENとは?

LOVEGREEN(ラブグリーン)は、暮らしに花や植物を取り入れたボタニカルライフを支援するメディア。花や植物の育て方はもちろん、インテリアとしての活用術など、ボタニカルライフ領域全般の情報を配信しています。

  • twitter
  • instagram
  • line