多肉植物の寄せ植え|おしゃれなアイデアや作り方・管理

LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN編集部

36395views
更新日 :
このエントリーをはてなブックマークに追加

人気の多肉植物。多肉植物は北アフリカや、南アフリカ、その付近の島々など世界の様々な場所に分布しています。日本へやってきたのが1760年代と歴史もとっても深く、種類も豊富!色、かたち、サイズも様々あり、アレンジも楽しめます。素敵なアレンジアイデアから、基本的な寄せ植えの作り方までご紹介。

目次

多肉植物の寄せ植えアイデア

多肉植物の寄せ植えの作り方

多肉植物の寄せ植えの管理

形が崩れてしまった寄せ植えの対処法

 

多肉植物の寄せ植えアイデア

寄せ植えも、植えるものや植え方、サイズなどでがらりと雰囲気が変わります。ある程度の深さがあればいろいろチャレンジできそう。

お皿に寄せ植え

ケーキの焼き型を使用。穴が開いていない場合は、寄せ植えをする前に釘などを使って底部分に穴を数カ所開けておくと水やりが楽にります。
植物と相性バツグン!無印良品の穴あきプレートが使えるよ

ペイントした鉢に

好きな色や模様などを素焼鉢にアクリル絵具や塗料でペイントして寄せ植えすれば世界にひとつだけの寄せ植えが出来上がり!
img_9912-2

 

同じ品種で寄せ植え

育てる上で、管理のことを考えると、多肉植物の成長期を合わせたり、同じ属で植えることもよいです。

リトープスの寄せ植え

まるで宝石箱のような寄せ植え!多肉植物には、夏の時期に成長する「夏型種」と、冬の時期に成長する「冬型種」があります。リトープスは冬型の多肉植物。休眠・脱皮・分頭を繰りかえす植物です。暑い季節は休眠します。そのため、他の多肉植物との寄せ植えは避けたほうがよいでしょう。
img_4734

 

リメ缶に寄せ植え

空き缶は好きな色でペイントして、あらかじめ穴を開けておくと水やりが楽になります。
img_3129

使った多肉植物はこちら。

左からセダム・パリダム、エケベリア・レズリー、グリーンネックレス、セダム・乙女心、セダム・新玉綴り、セダム・グリーンペット。
img_3126

 

ぎゅっと缶に寄せ植え。最後にグリーンネックレスを挿して完成。

succlent

 

寄せ植えをしてみよう

ここからは簡単な寄せ植えの方法をご紹介します。

多肉植物の寄せ植えに必要なもの

・鉢
初めての方や管理が楽なほうがよい方は穴の開いている鉢をおすすめ

マグカップや穴の開いていないものに植えることも可能ですが、水やりが楽なのは穴の開いた鉢です。
初めての方や管理が楽なほうがよい方は穴の開いている鉢をおすすめします。

・多肉植物用の土
水はけのよいものを使いましょう。市販の多肉植物用の土でOKです。

・鉢底石
鉢底石にも大きさがあります。鉢のサイズに合わせて変えてもよいです。ない場合は砂利や、炭などでも代用は可能です。
鉢底石

・鉢底ネット
鉢底から土が流れ出ないように使います。

・筒型スコップ
ない場合はペットボトルをカットしてつくることができます。

・ピンセット
細かい作業をするときや、葉の間に土が入ってしまった時などにも使えるので、あると便利です。

・割りばしなどの棒
土を入れる際に使います。整えたりするときにもあると便利です。

・多肉植物・サボテン
お好みの植物を選びましょう。今回はちょっとアクセントにミニサボテンを入れてみます。色合いも濃い色や赤っぽいものなどいろいろあるとポイントになりそう。育てていて徒長してしまった苗をカットして使うのもよいです。カット苗だけでもホームセンターや園芸店で取り扱いがあるところもあります。また、100円ショップにも小さい苗があることも。
多肉とサボテン 道具 ピンセット 素焼き鉢

 

寄せ植え前は水やりをひかえよう!

【POINT】土の状態をチェック!

土が湿った状態での作業は避けたほうがよいので、その場合は土が乾くまで数日間置いてから寄せ植えしましょう。ポットに入っている状態より、抜いておくほうが乾きやすいです。これは寄せ植えだけの時だけではなく、植え替えの時も同じです。土が湿ったままだと、苗を鉢やポットから抜いたときに土がほぐれにくこともあります。

 

①鉢に鉢底ネットをいれて、軽石をいれます。

鉢底石

 

②次に鉢の1/3くらい土を入れます。

土と鉢

③メインの多肉植物を決めよう

寄せ植えもただ寄せて植えるのではなく、メインの苗を決めて植えるとスムーズにまとまりやすくなると思います。植えつける前にいろいろ配置をしてみるとよいです。メインになる苗を持って、土を流し入れます。高低差をつけたほうがまとまりが良くなりますので、ちょっと高さのあるものを先に植えても。
多肉植物の寄せ植え

割りばしなどを使って隙間を埋めて、土を馴染ませます。
多肉植物の寄せ植えの作り方

ここから、細かい多肉植物を植えていきます。

小さい多肉植物をメインの隙間に入れていきます。
多肉植物の寄せ植えの作り方

④ピンセットを使って空いている部分に寄せていきます。
多肉植物の寄せ植えの作り方

 

【POINT!】

セダムなど葉が取れやすいものは慎重に扱いましょう。ちょっと力を入れるとぽろっと取れてしまうこともあります。土に挿す前に、ピンセットで軽く穴を作ってから優しく挿すとやりやすいです。葉が取れて落ちてしまったら、ピンセットで拾いましょう。
多肉植物の寄せ植え

完成!完成後はすぐにお水を与えずに、1週間後くらいにお水をたっぷりと与えましょう。
多肉植物の寄せ植え

 

取れてしまった葉は葉挿しをしてみよう

葉が取れて落ちてしまったら、ピンセットで拾いましょう。捨てずに葉挿ししてみませんか。ひとつ葉挿し用のトレーなどを作っておけば、取れた葉っぱを並べておけます。

葉挿しの葉を土に置きます。土は大粒ではなく小粒のもののほうが向いてます。写真上くらいに葉挿しする葉を付け根が軽く土に埋まるように置きます

写真下は埋めすぎの場合の例。すぐにはお水は与えないで、根がでるまではこのままで。いつ出るのか気になるとは思いますが、気長に待つのが一番。様子を見て、お水を与えます。葉には水分があるのでたっぷり与えなくても大丈夫です。
多肉植物の葉挿し

 

関連記事

葉挿しで増える多肉植物の種類

葉挿しができる多肉植物の種類をいくつかご紹介します。

エケベリア

ラセモサ/ルンヨニー/ローラ /桃太郎 など

エケベリア・花うらら
エケベリア 花うらら

育て方はこちら

 

セダム

パープルヘイズ・虹の玉・銘月など
meigetsu

カランコエ

葉挿しできるのは

月兎耳・ロンボピロサ・福兎耳・ミロッティーなど。

月兎耳(つきとじ)
月兎耳

ロンボピロサ
lonbo

クラッスラ

金のなる木・ゴーラム・火祭りなど。星乙女・南十字星などは葉挿しではなく、挿し芽で増やしましょう。
goramu

育て方はこちら

パキフィツム

星美人・月美人・フーケリーなど
星美人

目次に戻る≫

 

寄せ植えの管理

置き場所

直射日光を避けた日当りのよい風通しのよい場所で管理しましょう。素敵に作った寄せ植え。お部屋で楽しみたい場合は一日の数時間でもいいので軽く日に当てたほうがひょろひょろ対策にもなります。日が足りな過ぎても間延びして徒長してしまい形がくずれる原因に。午前中の柔らかい日に当てるなどの工夫をしてもよいですね。株が密接しているので、高温多湿は避けた場所で管理しましょう。

水やり

土が乾いたら鉢底穴からお水が流たっぷりと

土が乾いたら鉢底穴からお水が流たっぷりと与えましょうれ出るくらい。お水のやりすぎは根腐れやひょろひょろになる原因になります。ぎゅっと寄せているから土があまり見えない場合は、重さで確認することもできます。お水を与えた後の重さを覚えておいて、それよりも軽くなっていたら土の水分が乾いていますので目安にしてもよいでしょう。

【鉢底に穴がない器の場合】

鉢底に穴がないものでも植えることは可能ですが、水やりに気をつけましょう。お水を与えた後、底に余分な水分を残さないように、すぐ傾けてしっかり水を切ります

水を溜まったままにしておくと、根腐れの原因にもなりますのでしっかりと水は切りましょう。

関連記事

目次に戻る≫

あちこちに伸びてしまった・・・

気が付いたら・・・あちらこちらにに伸びてしまったことなんてありませんか。成長はしますので、いつかは綺麗だった姿もくずれます。

形が崩れてしまった寄せ植えの対処法

①植え替えをしよう
成長はうれしいこと。ひとつひとつの鉢に植えて楽しむことも。

②切り戻して新しく寄せ植えを作る
伸びた部分をカットして、また寄せ植えをしても。カットして3、4日切り口を乾かします。植えなおしてから、1週間後くらいにお水を与えたほうがよいです。または挿し穂として、増やすこともできます。
多肉植物 セダム

 

花・植物を、もっと楽しみたい!!

室内で楽しもう!

屋外で楽しもう!

花・植物を楽しむアウトドア編では、庭やガーデニング、玄関・ポーチのアレンジやベランダなど主に屋外で楽しめる情報をまとめました。

こんな素敵なガーデンにしたい!といったアイデア、アレンジから害虫が出てて困っている、庭木の剪定はどうしたらいいの?といった悩みなど盛りだくさん。

コチラから
ボタン

 

 

「多肉植物の寄せ植え|おしゃれなアイデアや作り方・管理」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN(ラブグリーン)の編集部アカウントです。育て方の記事や、編集部としての取材記事やオフィシャル情報などを配信。