家庭菜園特集

季節の移り変わりを楽しもう!秋ならではの素敵な生花をご紹介

金子三保子

金子三保子

公開日 :

あっという間に季節は晩夏から初秋へと移ろうとしています。秋は、季節一瞬出回る素敵な花材が豊富に流通する時期です。季節より一足早く、秋の素敵な花材をご紹介します。

目次

お盆が過ぎると市場は秋へ

ひまわりはお早めに!

秋ならではの花材7選をご紹介!

お盆が過ぎると市場は秋モード

花市場に入荷してくる花は、8月の前半は夏らしさ全開ですが、中旬のお盆を過ぎると、少しずつ秋モードになってきます。市場に行くたびに、日ごとに秋の花材の割合が高くなってくるのです。どの季節にも共通しているのですが、生花の出回りは、洋服などのファッション業界と同じく、季節より早く出回る傾向にあります。

目次に戻る≫

 ひまわりはお早めに

いろんな種類のひまわりを見るのなら8月中に花屋さんへ!9月でも、まだまだひまわりの入荷はありますが、量的にはガクンと減ってきます。

いろんな種類のひまわりを見るのなら8月中に花屋さんへ行きましょう!9月でも、まだひまわりの入荷はありますが、量的にはガクンと減ってきます。

 

秋色にあうシックなひまわり。最近は、こんな大人っぽいひまわりもあります。

秋色にあうシックなひまわり。最近は、こんな大人っぽいひまわりもあります。

目次に戻る≫

秋ならではの花材をご紹介!

ジニア

9月以降は、花市場に入荷してくる花は、一気に秋モードになります。ちょっと先取りで秋の花材をご紹介します!

もともとは、草花苗の苗ものとしての出回りの方が多かったジニア(百日草)。初夏から11月までと長い期間咲く1年草で、苗ものとしてもおすすめですが、最近、生花としても、年々出回り量が増えてきました。そして、生花として出回っているジニアの色合いのバリエーションには、目を見張るものがあります。複色系のものが多いので、アレンジを作る上で、奥深い色合わせができることもあって、とても人気があります。

もともとは、草花苗の苗ものとしての出回りの方が多かったジニア(百日草)。初夏から11月までと長い期間咲く1年草で、苗ものとしてもおすすめですが、最近は生花の出回り量も増えてきました。

生花のジニアの色合いのバリエーションには、目を見張るものがあります。複色系のものが多いので、アレンジを作る上で、奥深い色合わせができるので、とても人気があります。

 

シックな色のジニアは、秋色の色合わせにぴったり。

シックな色のジニアは、秋色の色合わせにぴったり!

 

ジニアは初夏から秋まで長く花が咲く一年草です。ガーデニングに取り入れて見てはいかがでしょう。

マム(

大輪の花は、マム(菊)です。こちらはアナスタシアシリーズ。通年出回っているマムですが、最近はこんな大人っぽい色のマムもあります。

マムの上のグレープ色の花は、トルコキキョウ。トルコキキョウは、とても日持ちがよいので、夏におすすめの花材です。最近は、色のバリエーションが豊富で、茶系や紫系など、大人っぽい色、秋の色合わせに似合うトルコキキョウもたくさんでてきました。

大輪の花は、マム(菊)です。こちらは品種名はアナスタシア・ブロンズ。通年出回っているマムですが、最近はこんな大人っぽい色のマムもあります。

マムの上のグレープ色の花は、トルコキキョウトルコキキョウは通年出回っている生花ですが、とても日持ちがよいので、夏にもおすすめの花材です。色のバリエーションが豊富で、茶系や紫系など、大人っぽい色、秋の色合わせに似合うトルコキキョウもたくさんあります。

秋色アジサイ

何色とも言い難い素敵な色合いの秋色アジサイ。秋色アジサイ(紫陽花)とは、もともとは品種名ではなく、通常のアジサイの開花時期である初夏に咲いた花が、気温の変化などによって、時間をかけてアンティークカラーの色あいに変化した状態のことを「秋色アジサイ」と言います。生花の秋色アジサイやアンティークカラー系のアジサイは、輸入物も入れると、ほぼ通年出回る花材になりつつありますが、秋は国産の秋色アジサイが豊富に出回る季節です。時期としては、10月ごろ。(その年の気候によって、入荷の時期には若干差があります。)通常より買いやすい価格の秋色アジサイが出回ります。

 

▼秋色アジサイが実際にどんな風に色が変化していくのか、その過程をご紹介しています。

実もの(みもの)

グリーンの実は、コニカル。観賞用の唐辛子です。最近、観賞用の唐辛子は、とても種類が多くなってきました。コニカルの色は、赤、黒、グリーン、オレンジ、黄色など色々。花市場には、葉っぱが取られて、実だけの状態で入荷してきます。

コニカル(グリーンの実)

観賞用の唐辛子です。最近、観賞用の唐辛子は、とても種類が多くなってきました。コニカルの色は、赤、黒、グリーン、オレンジ、黄色などなど。花市場には、葉っぱが取られて実だけの状態で入荷してきます。とても日持ちのよい花材です。

 

姫リンゴと野ばらの実。

姫りんごと野ばらの実

りんごは、夏は青りんご、秋からクリスマスくらいまで赤い姫りんごが出回ります。

野ばらの実は、もともとはツル性の植物なので、丈の長い枝ものから短めのものまで、色々な丈で出回っています。ドライフラワーにもなりやすい花材です。丈の長い野ばらの実の枝ものは、そのまま丸めてリースにもできます。ただし、トゲがあるので、手を切らないように注意してください。

 

野ブドウの実

ツル性の植物です。ちょっとミステリアスな色合いの紫色~ブルー系の実ものです。

 

紅葉カラーの葉もの

アレンジに使われている葉は、キイチゴの葉です。初夏から夏場は、グリーンの青々とした葉っぱで出まわりますが、秋は紅葉したキイチゴの葉が出回ります。縁だけ色づいたものから、真っ赤なものまで、色合いがとても美しい葉ものです。キイチゴだけでなく、秋は美しく色づいた紅葉枝がたくさん出回ります。 

目次に戻る≫

通年出回る花も多くなってきましたが、秋は季節ならではの花材がたくさんある季節です。頻繁に花屋さんをチェックして、お気に入りの秋色素材を見つけてみてはいかがでしょうか。

 

関連記事

関連ワード

「季節の移り変わりを楽しもう!秋ならではの素敵な生花をご紹介」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

金子三保子
金子三保子

フラワーコーディネーター、フォトグラファー。1997年よりフラワースクールにてスタッフを経験後、2001年に花屋・レコルトを設立。 花のギフトや装花・コーディネート、自身でスタイリングした花の撮影など、幅広く活動中。受け手が心地よい気分になれるような、ナチュラルでさりげない花や写真を提案している。 好きな植物は、草花、ハーブ、原種のクレマチスなど。ビオラは交配して自分の好みの色あいを作ったりもしている。色合わせがとにかく好き。

おすすめ